在宅看護研究センターLLPは、昭和61年3月24日設立・丸33年を迎えました。平成から令和へ。メッセンジャーナース・34都道府県125名の連携プロジェクト、メンタルヘルス向上をめざす試行センターの設置もサポート。第3回看護ネット・ラーニングは、2か月目に入っています。

在宅看護研究センターの歩み 在宅看護研究センターLLPの全体像「llp.pdf」をダウンロード 訪問看護ステーション・出生秘話 

Photo

村松静子・50年間の看護道、集大成の1冊 『「自主逝」のすすめ ―あなたの最期はあなたが決める』(海竜社) 予約受付中。

詳細は☞ こちら  

<第3回看護ネット・ラーニング> 受講者募集開始です。看護ネット・ラーニングの要綱は☞ 「31.pdf」をダウンロード  

2018年1月より、『心と絆といのち-私の看護実践論』(看護の科学社) の朗読バトンリレーが、メッセンジャーナースたちによって始まっています。メッセンジャーナース認定協会Facebookで聴くことができます。次々にアップされています。

2016年6月10日始まった『日経メディカル』オンライン版で、メッセンジャーナースによるリレーコラム「患者と医療者のギャップ考」は、この7月で終わりました。

在宅看護研究センターは、198326から3年1ヶ月、日赤医療センター看護師有志11人で始めた訪問看護のボランティアチーム「在宅ケア保障会」が残した「心」と十数万円を引き継いで発展してきました。140920_121638_3今は亡き作家・遠藤周作氏「ボランティアでは無理。これからはもっと必要になる」の後押しを受け、訪問看護制度がない時代の1986324、赤十字出身の看護師2.5人で創設。1992には研究事業部門を任意組織とし、収益事業部門として「日本在宅看護システム社」を設立。1995年には「看護コンサルタント社」を設立。 1999年、民間でも可能になった制度枠の訪問看護を担うべく、それまで実施してきた自費の在宅看護事業に加えて、「在宅看護研究センター付属訪問看護ステーション」を設置。20069には新会社法を導入、「在宅看護研究センターLLP」を設立。 

丸30年を迎えた在宅看護研究センターは、改めてその出会いに感謝し、遠藤ボランティアの顧問として、未だ、熱いメッセージを送り続けている原山建郎さんのご許可を頂き、原山建郎のコラム欄を設けて、遠藤ボランティア『語り部通信「からだ」番記者レポートを連載。Photo_6

 

【お知らせ】

メッセンジャーナース不在の県は、青森、石川、福井、山梨、滋賀、三重、和歌山、香川、徳島です。あなたもメッセンジャーナースに! 2名の方の推薦で、S認定も全国連携プロジェクトを構築中 

第20回メッセンジャーナース研鑽セミナー(岡山)のご案内「20.pdf」をダウンロード

第21回メッセンジャーナース研鑽セミナー(東京)のご案内「3121.pdf」をダウンロード

Mn_a4_tth1_010528

「看護実践の科学 9月号」(看護の科学社) [特集]メッセンジャーナースが伝える看護師の主体性

中央公論9月号(8月10日発売) 特集:対談「父・永六輔は家族に囲まれて旅立ちました」

 

_20171228_5
43回フローレンス・ナイチンゲール記章受章を機に出版された村松静子の『心と絆といのち-私の看護実践論』(看護の科学社) メッセンジャーナース認定協会Facebookで朗読バトンリレーを聴くことができます。

「家族を家で看取る本」(主婦の友社)、「おだやかに逝くヒント」 :村松静子の監修です。

「自分の家で死にたい 死に逝く人、看取る人の幸せな終末期の考え方」(海竜社) 

<関連記事>人でも多くの人が自宅で最善のケアを受けるために    http://www.csr-magazine.com/archives/repo_d/rep08_03.html

が在宅看護を阻むのか・・看護は何のためにあるの 特集「今求められるコミュニケーションスキル」(看護の科学社 9月号 VOL39 NO.10)  婦人公論平成27年1月22日号「ルポルタージュ 時代を創る女たち 村松静子 ~開業ナースは心を聴く」 → 「20150122.pdf」をダウンロード  『開業ナースのエッセンス「暮らし」に伴走する看護のすすめ』(こころの科学:日本評論社)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2019年5月 9日 (木)

第84回 円覚寺夏期講座(6月1日ー6月4日)のお知らせが届きました。このたびは、在宅看護研究センター代表の村松静子も語らせていただきます。・・「自主逝」の心~自分の最期は自分が決める

  Photo Photo_1  

詳細は☞ こちら

|

2019年4月19日 (金)

【ラジオ第二放送:初回放送:2018年2月25日】宗教の時間・アンコール「最期のときの思いをつなぐ」再放送1回目:4月21日(日)午前8:30~9:00、再放送2回目:4月28日(日)午後6:30~7:00です。

NHKホームページより☞「村松静子さんは、訪問看護制度がまだなかった昭和61年、勤めていた病院を辞め、自宅で最期を迎えたい人のために在宅看護研究センターを設立。訪問看護師のパイオニアとして活動を続けてきた。これまでに最期を看取った人は3000人以上にのぼる。幸せな死とはどんな死なのか。半世紀にわたる経験からさまざまなケースをご紹介いただき、その人らしく最期を迎える知恵についてお聞きする。」 在宅看護研究センター代表…村松静子

|

2019年4月12日 (金)

【健康ジャーナリスト・原山建郎のコラム】ブックセラピーno.72 プロアクティブ、主体性から 「菫尊」へ。 遠藤ボランティアの顧問として、未だ、熱いメッセージを送り続けている原山建郎さんのご許可を頂き、原山建郎のコラム欄を設けております。

 72_000001

|

2019年3月 7日 (木)

メッセンジャーナースのメッセンジャー力と「フット・プラネタリウム」のコラボレーション、メンタルヘルス向上をめざす試行センターの設置構想が本格的に。疲労を和らげ、介護離職や介護の悩みにも対応。各地域に1か所はほしい。そんな思いを、在宅看護研究センターLLPは、研修プランを作成して後押ししていきます。

いよいよ始まるメッセンジャーナースのメッセンジャー力と「フット・プラネタリウム」のコラボレーションで、介護離職や介護者の悩み、健康維持に役立ちたい。そんな思いが住野勇財団の後押しにより、メンタルヘルス向上を目指す試行センターの設置構想が本格的になります。 
メンタルヘルスケアの一環として、その日の気分に合わせて、会話・言語に頼らない伝達法を用いてストレスを和らげるだけでなく、人の手によるヒーリングタッチを重視。メッセンジャーナースの連携プロジェクトによってその場を広げることで、その有効性を測る可能性がみえてきます。
Fp_double_operate_2 ___2_2 ___3_2 Photo_2 2_2

 看護の“心とわざ”を駆使し、非言語系コミュニケーションツールを融合することで自然治癒力の喚起向上につながり、疲労を和らげ、介護離職や介護の悩み等にも対応できると期待しています。 

各地域に1か所はほしい。年1~2か所ずつジワリと実現していきます。

|

2019年2月 9日 (土)

コラム「医師として、武士として」  Vol.108 「お風呂」    安藤 武士 Andou takeshi

Vol.108 2019. 2.9  お風呂

  一般大衆新聞の一面に「コラム」が必ずある。朝日新聞は「天声人語」、毎日新聞は「余禄」、産経新聞は「産経抄」、読売新聞は「編集手帳」が代表的である、他の新聞にもある。

 小生は、朝日新聞の「天声人語」に朝食の時に目を通す。それから一日が始まる。休日は、家の近くに新聞販売店があり「毎日」、「産経」が手に入るので両紙にも目を通す。無論、「コラム」を楽しむ為である。各紙には特徴がある。詳細は省く。

 「天声人語」は、1960年ごろ、菊池鑑賞受賞の荒垣秀雄氏の「コラム」が、超有名大学の入試問題に出題されてから、高校生の必読の「コラム」となった。「天声人語」は、明治37年1月5日、大阪朝日新聞に掲載されてから今日まで続いている。歴史がある。その執筆者も当代一流の人物で、西村典天因、内藤湖南、鳥居素川、長谷川如是閑、大山郁夫、永井釈瓢斎が担当した。その記事のコピーを、過年、知人より頂いた。第1回の「コラム」は、日露戦争前であったため、きわめて好戦的な文章である。

 本題にはいる。1月30日の「天声人語」で、親と子の関係を記した内容のものである。

一部を紹介する。▼「親子で話そう」をテーマに文部科学省が募った3行詩から始まっている。中学2年生の詩である。<風呂の時、僕と父は友達になる。怒られた時、上司と部下になる。ご飯のとき、僕と父は家族になる>。小学1年生の詩。<おふろだと、いっぱいはなせる はだかんぼなきのち>▼幼いときは、おもちゃを浮かべて遊ぶところ。少し大きくなると、いろいろと話ができる空間にもなる。それがお風呂。決して親からせっかんされたり・・・・・・、と続き、現在報道されている痛ましい事件について語っている。

 事件は極めて悲しむべきものであるが、冒頭の文章が、小生の子供たちを入浴させている風景を思いださせた。記憶に残っているのは、家の近くに海があり、プールもあったので季節になると海で泳ぎ,遊び、プールでは競泳を学ばせた。スタートはお風呂で水に慣れさせることから始めた。

子供は顔を水につけるのを嫌がるし怖がる。それを慣れさせるとこから始めた。湯船の底におもちゃを沈めて、2人の子供たちにそれを拾い上げる競争をさせた。拾いあげるには、潜らなければならいので水に対する恐怖がなくなった。プールで本格的に泳げるようになった。お風呂に入ると、”ひねると、ジャー”、”おすとあんでる、食うとうまい”と、なぞなぞを楽しんみながら、宝さがしをさせた(回答は水道と饅頭)。このことが現在、どのよう子供の人生に影響しているか知る由もない。「天声人語」を目にし、その光景を思い出し懐かしんでいる。

無論、「コラム」に掲載されている事件はやるせない気持ちでいるが。

 小生の知人に、娘さんが高校生になっても一緒にお風呂に入っているという父親がいた。娘さんたちは嫌がらない?、どおしてと質問したら、娘はいずれ結婚して家をでる。実家のことを忘れないように肌で教育しているとの返事が返ってきた。先日、久しぶりに、その知人にお会いした。お嬢さんたちはどうていると尋ねたら、”矢張りうちが良い”と二人とも帰ってきた。孫の世話で一日が終える。忙しい毎日を送っているとのことであった。

 どんな家庭でも、家庭生活の初めは雑駁にいえば同じ風景である。20年、30年もたつと家族の誰もが予想だにしなかった状況になる。人生は、予想もしなかったことが起こるから、面白のである。

 人生の終末期を迎え、いろいろなことを思い出している。(完)

|

2019年2月 1日 (金)

コラム「医師として、武士として」  Vol.107 「か ぜ」    安藤 武士 Andou takeshi

Vol.107 2019. 2.1    

 日本人は、年に5、6回は「かぜ」に罹ると言われている。患者さんが、「”かぜ”です。薬をください。」と受診に来た場合、医師は「そうですね。どんな症状ですか?」ときいて、薬をだす場合が多い。今では少なくなったというが、「抗生物質」が処方しないとないと“ダメ医者”と言われる事がある。医学的には、細菌感染が無い場合は耐性菌を作らないため抗生物質(抗菌剤)は処方しない事になっているが、そこは医療も商売の要素を含んでいるため患者さんの要望に応え抗生物質を処方する。「むやみに抗生物質を処方すると、耐性菌ができるので・・・・。」というクリニックは評判が落ちる。「保険医療」の為、患者もクリニックも少々の費用は気にならない。大抵の場合、数日で治る。 

本題から外れる。インフルエンザは、以前は「かぜ症候群」に含まれていたが、今は違う。2000年、死亡率が70%に達する東南アジヤで流行した「高病原性A型鳥インフルエンザ(H5N1)」が、「新型インフルエンザ」と命名され、危機管理の観点から世界を騒がせ伝染性疾患のスターになった。幸い今では、この「鳥インフルエンザ」は現在まで「ヒト-ヒト」感染が無いため、今日では話題になることはない。一時は、「危機管理対策」が国家レベルでとられ、「新型インフルエンザ」とIT検索すると危機管理指導を生業とする会社名が、三桁の数字で表示されていたのを記憶している。 

2009年春から2010年3月にかけて、メキシコ発のインエンザが世界的に流行した。先に示した「A型鳥インフルエンザ(H5H1)」かーと騒がれたが、結局、「A型豚インフルエンザ(H1N1)」と判明し、「ホット」したことを覚えておられる方も多いと思う。現在では、メキシコ発のインフルエンザは季節性インフルエンザとされている。 

日本では「豚インフルエンザ」と判明するまで大騒ぎをした。南米からの乗客は、成田空港に入国する際、厳しいケックを受け有熱者は成田空港近くのホテルに隔離された。過剰な対策と誹られたが、結果として我々の流行性疾患に対する予防意識が飛躍的に高まり、それと同時に「インフルエンザ」という病気の「格」があがった。 

2009年春のメキシコ発「豚インフルエンザ」流行の際、日本では1400万人が罹患したと言われているが、通常の罹患者数は、年間、約1000万人と言われている。  

本題に戻る。「かぜ」である。以前はインフルエンザも「かぜ」の仲間であったが、現在は「格上げ」され、「かぜ」は「かぜ」として残された。「かぜ」は、我々に最も身近な疾患であるにも関わらず、医学的にも本格的に取り扱われていない。 

今日まで、「かぜ」或いは「かぜ症候群」につて「講義」を受けたことはない。また、高質な「成書」にもなかった。先日、書店で「『風邪』の診かた」という医学書を手にし、斜め読みをしたところ、感心する内容であったので求めた。やはり、「かぜ」について学生時代から体系的に 

”だーれも”教えてくれていないと筆者は書いている。”だーれも”というのは筆者1)の言葉である。筆者の「かぜ」の定義は、「自然寛解する”ウイルス性感染症”で、多くは咳、鼻汁、咽頭痛といった症状を呈するウイルス性上気道感染」としている。 

筆者は、病原性微生物を明確に「ウイルス」としており、「細菌」による感染症を除いている。「かぜ」の診療で最も重要なことは、「細菌感染vsウイルス感染」の違いを明確にすることであるという。「ウイルス感染」は多臓器に及び、「細菌感染」は原則として単一臓器に一種類の細菌感染としている。細菌感染は「抗生物質(抗菌剤)」を必要とするので治療の違いが明確になる。 

咳、鼻汁、咽頭痛(嚥下痛)の3つの症状がそろった場合、「かぜ」と診断するーとしているが、①3つの症状が同等、②咳、③鼻汁、④咽頭痛が主体の場合など、「かぜ」を症状により4分類している。 

②咳のみの場合は「上気道感染症」、②鼻汁のみの場合は「鼻・副鼻腔炎」、③咽頭痛(嚥下痛)のみ場合は「咽・喉頭炎」と診断し、それぞれの治療をすべきであるという。「かぜ”」とは診断しない。 

筆者が強調していることは、それぞれの症状のみの場合、背景に重篤な疾患が潜んでいる場合が多いということである。例えば、「咳」のみの場合、1)気管支炎後咳症候群、2)後鼻漏、3)結核、4)咳喘息、5)GERD(逆流性食道炎),6)百日咳、7)ACE阻害剤、8)肺がんなどの疾患を考えなくてはならないという。 

3症状がそろった場合、「かぜ」と診断し対症療法のみで問題はないことを強調している。 

”かぜ”の民間療法には、ネギ、ショウガ湯、ニラ、葛湯、卵酒、・・・・など色々な療法がある。卵酒は有名であるが、アルコールは実際には病状を悪化させるようであり、推奨はされないようであるが、小生は”ぞく”とすると、アルコール消毒を十分してお風呂に入り床に就くようにしている。何事も、個人差があるので心配はしていない。「家庭の医学」を終える。(完)

 

1)岸田直樹:誰も教えてくらなかった「風邪」の診かた、医学書院、2012.

|

2019年1月25日 (金)

コラム「医師として、武士として」  Vol.106 「老化:フレイル(2)」    安藤 武士 Andou takeshi

Vol.106 2019. 1.25  老化:フレイル(2

昨今、「加齢現象」を「フレイル」と同義語として用いるようになってきているが、ここでは、なじみのある「老化」という言葉を用いることにする。「老化」の定義は、「加齢に伴う生理機能の低下」とされているが、決して「加齢に比例」するものではなく、「加齢に伴って起きる現象」と言われている。

 「老化に伴う生理機能の低下」は、ゴムバンドに喩えるなら、古くなると弾力がなくなり切れやすくなる現象を想定するとわかり易い。

 個体(ヒト)はいろいろな臓器から形成されているが、その臓器を構成している細胞の「老化」とはどのような現象であるかを知る必要がある。「細胞の老化」が「臓器の老化」に繋がり、ひいては「個体(ヒト)」が老化する。「細胞」には、遺伝子(DNA)の集合体である23対の「染色体」がある。その末端に「テロメア」という物質があり、末端を保護している。「テロメア」は、細胞分裂をコントロールしており、細胞が分裂するたびに短くなりある程度の長さに短縮すると「細胞分裂」は起きなくなる。「たびに」という事は、「時を経る」と理解されるので「細胞の加齢」に伴う現象を「細胞の老化」といっても良い。 

 本論から外れる。我々は人類学的にはホモサピエンスに属するが、その中で我々のご先祖様であるクロマニヨン人から今日の「ヒト」の細胞の「分裂予備能」はまったく変わらないといわれている。クロマニアン人の平均寿命が30歳~50歳程度と短かったのは「細胞が分裂」をまっとうする前に、病気や災害などの環境因子により寿命が短くなったという。古代から「ヒト」の「細胞の分裂能」は変わらず、本来の寿命は決まっているが、病気や災害が寿命をちじめる。今日の我々と同じである。 

 話をもとにもどす。「テロメア」が短くなると不可逆的に細胞分裂、増殖を止め、「細胞老化」という状態になる。「テロメア」をコントロールしている「テロメラ―ゼ」という酵素がある。「テロメラ―ゼ」が活性化すると「テロメア」の短縮(細胞の老化)を食い止めることができるが、活性化しすぎると細胞の無限の増殖を引き起こす。細胞の「がん化」である。従って、「テロメラ―ゼ」は、「細胞の老化」や「細部のがん化」を制御しており、「もろ刃」の刃の機能を持つ。

 さらに、P53という遺伝子が「がん細胞」の発生を食い止めることが知られており、「がん治療」に用いられようとしているが、逆に「細胞の分裂能」を抑制することになり、「細胞の老化」が進み、引いては「個体」の老化を惹起する。

結局、外的要因(病気)がない限り、「人の寿命」は120歳と遺伝子により決められているが、遺伝子が変化しない限り「ヒトの命」は質、量とも変わらないのである。どうして、120歳なのかわからない。

遺伝子は「突然変異」と「自然選択」と「遺伝的浮動」によって変わると言われている。雑駁にいえば、“成り行きまかせ”に変わるということになる。

その様に考えると、「老化」を止めようなどと考えることは無駄なことになる。「寿命」の遺伝子操作は、「命のトリアージ」に繋がるのでしないほうが良いと思っている。「病気」は「ヒト」の寿命を変えることになるので、「病気」に対しては、遺伝子操作をも含め何らかの対策を立てなければならないが、「ヒト」の「老化」を食い止める努力はしてもしなくともどうでもよいことになる。「老化」という現象を知って、今更,じたばたしても“詮無い”ことが理解できた。 

自然体で気楽に日々を送ろう。さあ、美味しい酒肴で一杯やろう。(完)

|

2019年1月23日 (水)

アルバム付きの1冊の本【脚本家 市川森一の世界】の中に1枚のカード「・・市川のことを書いて頂いたこと、嬉しく感謝申し上げます。・・市川美保子」 海竜社の編集者・中野さんを介して私の手に。感動!

_310123_4_310123_2_4




正に、市川森一氏の世界が目に飛び込んでくる1冊、第5章 刊行委員の座談会「風船を持って飛び歩く少年のようだった」の小見出し、“死を覚悟し、侍のように潔く” 「抗がん剤治療を受けようとしましたが、それも厳しいとわかり、帰宅しました。市川は自分で……「もういいよ」って……決めたんだと思います」と奥様の美保子さん。

あの最期の場面で私に浮かんだ“自主逝”、奥様が電話でおっしゃってくださったように、それはやはり、ピッタリの言葉だったのだと改めて思いました。

|

2019年1月14日 (月)

コラム「医師として、武士として」  Vol.105 「老化:フレイル」    安藤 武士 Andou takeshi

1941年、新潟県生まれ。1967年、新潟大学医学部卒業後、医師登録と同時に外科研修を開始。インターン終了後医師となる。新潟大学付属病院(外科助手医局長)で勤務の後、72年、呼吸器・心臓血管外科を専攻後、80年より、心臓血管外科部長として日本赤十字社医療センターに勤務。その後、山梨医科大学非常勤講師、JR東京総合病院(心臓血管外科部長)、明治安田生命(事務センター診療所所長)、JR東厚生部(水戸支社・高崎支社・新潟支社健康管理センター所長)、佐野市民病院(健康管理センター所長)、介護老人保健施設たかつ施設長を歴任。現在は、(社団法人)労働保健協会の診療所所長として活躍中。労働衛生コンサルタント・スポーツドクター(日体協)・健康スポーツドクター(日医)・認定産業医(日医)の資格を持ち、5つの顔を絶妙な味で使いわける医学博士である。身体の大きさと、豪快な笑い・笑顔には、その人柄と存在感をより強くアピールする何ものかが潜んでいる。今なお、'武士'にして"武士"ここにあり。  

Vol.105 2019. 1.14  老化:フレイル 

 今回もスタバから発信している。数年程前から、立姿、歩き姿を「老人姿」とならぬ様に、近くのトレーニングジムに通っているが、先日、トレーニング中、腰筋を断裂した。現在は、治癒傾向にあるが、以来、甚だしく身体機能が低下し“並みの老人”になってきた。再起を願いトレーニングに励んでいるが、断裂前の身体機能に戻っていない。鍛えれば元に戻ると思っていたので不思議に思い、「老人の身体機能」、「老化」をこわごわと調べてみた。 

 平成29年の日本人の総死亡数は134、400人と発表されている。3大死因は、がん、肺炎、動脈硬化性疾患(心疾患・脳血管障害)であるが、炎症疾患である肺炎が一万余(9.9%)と第3位に食い込んできている。その背景には誤嚥・免疫力の低下など「ヒト」の“老化”が関わってきていると言われている。 

現在の医学では、生きる上限は120歳と決まっており、その間に起こる身体機能の衰え、”老化”は生物にとって避けられないものであるが、“老化”は言葉として理解はできるが、体内で何が起こっているのか理解していな人が多いと思う。無論、小生もその一人である。先人の書物を中心に調べたところを記す1)2)3)4) 

「老人」の生物学的現象の定義はない。「老人」は社会的定義で成り立っている。高齢、高齢化社会も同様である。「老人」の社会的定義は65歳以上となっているが、65歳以上を老人と呼ぶのは、WHO(世界保健機関)でそう決めているからであるという。 

本邦では、それに適合させた社会制度にとなっている。定年は多くの職場では60歳であるが、現実として60歳~65歳までは働く職場を提供している。60歳で基礎年金が、65歳で共済年金、厚生年金の支給が開始される。社会保障制度から「老人」と定義されるのである。元気な高齢者でも65歳を過ぎると、「老人」と呼ばれ社会制度上、「現役」と明瞭に区別される。 

 「老化」である。「ヒト」は「年を取るとなぜ身体の機能が衰えるのか」、すなわち「老化」の精緻なメカニズムは解明されていない。「老人」という言葉は社会的定義に基づく用語で、「老化」は生物学的定義による。「老人」は65歳というデジタル的に決められた確固とした名称で、「老化」はアナログ的現象で何歳から「老化」が始まるとは言えない。従って、「老人」、「老化」は同―語ではない。 

動物の生涯(寿命)は、三つの期間から成立しているという。第一期は、生まれてから「性成熟」にいたる期間でこれを「成長期」、第二期は子孫を盛んに作り、育て上げる(子が一本立ちする)までの期間でこれを「生殖期」、第三期は生殖期を終わった後の余生とも言うべき期間で、これを「後生殖期」と呼ぶ。生物の寿命の三期間は、全て「遺伝子」で決まっている。 

ツバイ、ヤセザル、アカゲザル、テナガザル、ヒヒ、ゴリラ、チンパジーなどの霊長類の個々の最大寿命(Y軸)と性成熟年齢(X軸)を対比させグラフに描くと一直線上にあり、「最大寿命」と「性成熟年齢」とは、深い関係にあることが分かる。多くの霊長類は、「生殖期」が終わるとわずかな期間の「後生殖期」を経て「死」を迎える。他の野生動物は大変厳しい環境の中で生きてかなければならないので、「後生殖期」を迎えないで「死」を迎えるようであるので詳細は明らかになっていない。 

一方、「ヒト」だけは例外で、「後生殖期」の方が長いのである。生物学的観点からは、「生殖期」まではホメオスターシスというメカニズムが働いて身体機能の恒常性を保ってくれるが、「後生殖期」では遺伝子は必ずしも保証してくれない仕組みになっている。 

「年を取ると身体の機能が衰える現象」を「老化」と呼ぶならば、「老化」は、「後生殖期」から始まることになる。

 

今日の医学では、「年を取ると身体機能が衰える現象」を「老化」ではなく「フレイル:Frailty」と呼ぶようになってきている(2014年、日本老年医学会命名)。「フレイル」は、「身体的フレイル」、「精神心理的フレイル」、「認知的フレイル」、「社会的フレイル」を包括しているが、「老化」も「フレイル」も、高齢者の身体機能の低下という現象を表現するもので、学問的にまだ「フレイル」の生物学的現象及びその本質は解明されていない。(続) 

1) 今堀和人:老化とはなにか:岩波新書 1993 

2) 田沼精一:ヒトはどうして死ぬのか:幻冬舎新書 2010 

3) 南野 徹:老化からみた生活習慣病診療の展望:新潟医学会誌:2018 

4) 佐竹昭介:フレイルの概念・診断:日本サルコペニア・フィレイル学会誌:2018

|

«新たな年の幕開けに、ワクワクしています(吉田和子)【メッセンジャーナース通信 2019.01.08 No.133】 今、医療者と患者の懸け橋になるメッセンジャーナースが求められています。支援の一環として、メールマガジン「メッセンジャーナース通信」を発行しています.