« 平成20年度の診療報酬改定、訪問看護の実情は? | トップページ | 絵、一言を募集 »

2008年3月16日 (日)

山口のドン。山口の原田組 組長 殿

寒かった山口も雪が消え、そろそろ春が?

平成19年度の稼動もそろそろ結果が見えてきたのではないですか。先日、某大学教授が、組長の元気な様子を伝えてくれました。でも、訪問看護の事業では、殆どのところが苦しんでいるとも言っていましたよ。

あなたの元気の源は何ですか。

これからの訪問看護がしっかり位置づくためには何が必要か・・発破をかけてください。このままでは、訪問の現場はいろいろな意味で厳しい。

さあ、あなたの投げかけを待っていま~す。

|

« 平成20年度の診療報酬改定、訪問看護の実情は? | トップページ | 絵、一言を募集 »

5)たより」カテゴリの記事

コメント

原田組長のの元気の源は‘志事’?
いやあ、恐れ入りました。そんなあなただからこそ、皆が付いて行くというわけですね。在宅ならではの醍醐味は「専門職としてのケア」と言い切るあたりもお見事。
利用者様が増えてくる秘訣・・口コミが多いのでしょうね?
辛いときも嬉しいときも事業所全員で共有、見習わなければ・・看護への熱い思い、蘇ってきました。

投稿: スプリング | 2008年3月18日 (火) 20時16分

訪問看護が事業として成り立つ秘訣のアドバイス
仕事にしないで志事にしましょう。こんなにやり甲斐がある看護の現場はありませんよね。就業条件もいろいろでしょうが貴方の志事に切り替えてこつこつ、こつこつする事でいつの間にか貴方はすばらしい人間として生まれ変わります。いつも目の前にいる方々と人として付き合う中で専門職としてケアをしていく事が在宅ならではの醍醐味ですよね。人生の幅を目の前の方々が大きく広げてくださいます。そんな関わりが自然とご利用者様が増えてくる秘訣です。関係のサービス機関の方々ともおなじです。みなさんすばらしいですよ。辛いときも嬉しいときも事業所全員で共有しましょう。がんばれ、訪問看護師・熱い思いを持ち続けようではありませんか。

投稿: 原田組 組長 | 2008年3月18日 (火) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山口のドン。山口の原田組 組長 殿:

« 平成20年度の診療報酬改定、訪問看護の実情は? | トップページ | 絵、一言を募集 »