« 日韓交流セミナー ともに創る幸せ ~今、韓国は・・・~  | トップページ | 今月20日日曜日、金さんと会います。 »

2008年4月10日 (木)

「看護の宅配」からの感動の便り

「看護の宅配」も設立して10周年・・の声のコメントに継続記載されていたImage008ギンギアムが咲きました。感動です!

ギンギアムというランをご存知でしょうか?うちには一鉢だけあります。これは、今から数年前にとある患者さんの御主人が下さったものです。頂いてから初めて、今年は花芽をみることができました。このギンギアムをくださったご夫婦のことが、花の香りを嗅ぐと切なく思い出されます。その患者さんの御主人はドクターで、会社を設立した折挨拶に伺った際「僕はね、医師会の訪問看護ステーションを立ち上げた人間だから、君の所は応援できないんだ」と仰言られたのです。数年後、知人を介し電話を頂きました。「妻が子宮癌の末期で入院している。もう一月ともたないと思う。淋しい思いをさせながら逝かせるのは不憫だ。そちらで有料の訪問看護をしてもらえないだろうか?」との相談でした。病院の中へ訪問看護?いや、ありえない。この話はお断りしなくては…と、病室へ出向きました。 奥様は酸素マスクをつけ、バルーンカテーテルを挿入、点滴を下げた状態で両下肢は浮腫が強くみられてました。「御依頼の件なのですが…」と話し出すと「どうか、断らないでください。」とご夫婦で嘆願され「病院の看護師にも医師にも話は通してます。ここをホスピスの病室にしていいと言ってくれてます」と必死におっしゃってます。私の中では、もう断る気持ちは失くなっていきました。(私の看護を受けたいと、言ってくれている。ならば、場所がどこであろうとも、断ってはいけない)と…。 こうして、病院の中への訪問看護?が開始されました。

「咲け!ギンギアム」 「咲け、ギンギム」その3

|

« 日韓交流セミナー ともに創る幸せ ~今、韓国は・・・~  | トップページ | 今月20日日曜日、金さんと会います。 »

5)たより」カテゴリの記事

コメント

ここのところ、雨風が続き折角咲いている桜が可哀相だな…と思いながら、ふっと目をやるとギンギアムが開花してました!「No.1にならなくてもいい…もともと特別なオンリーワン」SMAPの歌をつい口ずさんでしまいました。「…ひとり一人違う種を持つ、その花を咲かせることだけに一生懸命になればいい」LLPで共に自分達の花を咲かせる事に一生懸命になりましょう、皆様!

投稿: 根本美貴 | 2008年4月10日 (木) 17時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「看護の宅配」からの感動の便り:

« 日韓交流セミナー ともに創る幸せ ~今、韓国は・・・~  | トップページ | 今月20日日曜日、金さんと会います。 »