« 「ゆびさき | トップページ | アメリカの »

2009年5月 7日 (木)

呼吸療法士と同行訪問できたなら・・

新型インフルエンザの騒動のなか,アメリカはカリフォルニアへ行ってきました。彼の地では至って平和,インフルエンザはどこ吹く風でしたので,成田到着時の物々しい検疫に,あらためてびっくり…というか,滅多に遭遇しないことなので,この際だから,としっかり見せてもらいました。
今回の旅行では,友人の勤める病院の見学をさせて貰いました。南カリフォルニア・ボーマント市にある私立病院。ベッド数はNICUを含む340床。日本の「何何科」というふうにベッドは別れてはおらず,「急性期」から「回復期」まで,何段階に分かれて病棟がありました。また,そこの病院では,特に「呼吸器・循環器科」に力を入れているそうで,90人もの「呼吸療法士」という職種の人が働いているそうです。呼吸療法士とは,気管内挿管・レスピレータの設定・管理など呼吸に関する事を一手に行う職種だそうです。 
この「呼吸療法士」が日本で在宅で人工呼吸器をつけているかたたちに,ナースとともに訪問できたら,療養されているかたはどんなに大きな安心感を持つだろう…と,熱心にレクチャーしてくれた知性のかおるハンサムな呼吸療法士のディレクターの顔を見つめながら,思わずにはいられませんでした。

|

« 「ゆびさき | トップページ | アメリカの »

5)たより」カテゴリの記事

コメント

アメリカのナースプラティクショナーのことを聞いてくるのを忘れた〜!と,いう事を思い出し,友人にメールで聞いてみました。彼女の病院にも,二人のナースプラティクショナーがいて,呼吸器科・循環器科の専門だそうです。ナースプラティクショナーの仕事は,診察(凄い!)薬の処方,検査のオーダーなどを出来る,とのこと。日本でもナースプラティクショナーの養成が始まりましたが,ここまでの権限を与えられるようになるでしょうか?…今後,日本のナースプラティクショナーがどのような活躍をしていってくれるか,希望と期待を込めて見守って行きたいですね。

投稿: 根本美貴 | 2009年5月14日 (木) 16時47分

こぼれ話… 病院視察の際,患者さんとは直接触れ合うことはできませんでしたが,NICUでは,保育器に入っている赤ちゃんを間近にみることができました。正常分娩でも,数時間は赤ちゃんをNICUで観察するとのことで,伺ったときには「ちょうど1時間半前に産まれた」という赤ちゃんが,オムツと帽子だけの姿で寝てました(すっごく可愛い)保育器のなかには,とても小さい赤ちゃんが…。私の小指くらいの腕やふくらはぎを動かし,体中にチューブを付けたその姿に釘づけになり,黒人の看護師長が説明してくれているのも耳に入らないくらいでした。一生懸命生きようとしている,その小さな体が健気で愛おしくてなりませんでした。(どうか,大きくなって無事に育ちますように…)ガラス越しに心のなかで話しかけました。

投稿: 根本美貴 | 2009年5月10日 (日) 11時30分

看護師の働きかたも,いろいろあるようです。 まずは,その病院で常勤として…。これは日本と同じですね。次に,常勤としてどこかの病院に勤務していても,人材派遣のアソシエイツに登録しておけば,休みの日に他の病院から要請があれば,そこに一日勤務するというもの。何処の病院から要請があるかわからないし,何科に行くかも解らないことが多いらしい…です。広い知識が必要になりますね。最後は「トラベラー」という形態で,期間限定(一年とか半年とか)で,遠い所の病院に勤める,というもの。引越しやアパート代,もしくはホテル滞在費は全て病院が持つことになるそうです。友人は「出来ることなら,私もトラベラーになって,リゾート地の病院に勤めたいよ〜」…おいおい,ダンナ様とペットたちはどうするの〜?でも,独身でアクティブな人なら,こんな仕事の仕方も楽しいかも知れませんね。

投稿: 根本美貴 | 2009年5月 9日 (土) 10時37分

呼吸療法士のことを書きましたが,次はアメリカの看護師の事を書きたいと思います。アメリカでも「正看護師」と「准看護師」がいます。正看護師は,静脈内への薬剤注入・内服薬の確認・看護計画を立てることを主な役割としています。准看護師は,保清ケア・採血・筋肉注射などを行います。一見して,誰がなんのポジションなのか解らない(ユニフォームは自分で気にいった物を自分で購入するシステムらしいです)ので,首から下げたIDカードをみて,識別するしかないようです。また,日本であれば病棟全体のスタッフが「日勤・夜勤」をローテーションすると思いますが,アメリカでは日勤ナースはずっと日勤,夜勤ナースはずっと夜勤を,としているようです(ちなみに友人は夜勤を週3〜4回しています)。勤務時間はおおよそ12時間30分。うち,30分は食事・休憩らしいですが,忙しいのでその時間も取れないことが多いらしく,お腹が空いたら何かをポイッと口に入れ,仕事を続けるらしい…です。

投稿: 根本美貴 | 2009年5月 8日 (金) 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 呼吸療法士と同行訪問できたなら・・:

« 「ゆびさき | トップページ | アメリカの »