« LLP主催の研修企画会議が開かれました。 | トップページ | 病理医・堤寛先生のお父様の戦争体験記「父たちの大東亜戦争 ~戦地シンガポール・スマトラの意外な日々」 »

2010年7月 1日 (木)

「アイ・ラブ・グランパ100の理由」「アイ・ラブ・グランマ100の理由」、いろいろな形で、人の心を慰めたり、励ましたり、癒し続けてくれているようです。

昨夕、20歳だった息子さんを突然亡くした80歳代のご夫婦からこんなお電話をいただきました。「この2冊の本、いい本ですねえ。本当にいい。息子がどこかで生きていて、送ってくれたような気がして・・」と。初めはご主人が、そして代わって奥さんが、「一言言いたくて・・心が安らいだものだから」と。「アイ・ラブ・グランパ100の理由」「アイ・ラブ・グランマ100の理由」、いろいろな形で、人の心を慰めたり、励ましたり、癒し続けてくれているようです。

|

« LLP主催の研修企画会議が開かれました。 | トップページ | 病理医・堤寛先生のお父様の戦争体験記「父たちの大東亜戦争 ~戦地シンガポール・スマトラの意外な日々」 »

a)おじいちゃん大好き おばあちゃん大好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「アイ・ラブ・グランパ100の理由」「アイ・ラブ・グランマ100の理由」、いろいろな形で、人の心を慰めたり、励ましたり、癒し続けてくれているようです。:

« LLP主催の研修企画会議が開かれました。 | トップページ | 病理医・堤寛先生のお父様の戦争体験記「父たちの大東亜戦争 ~戦地シンガポール・スマトラの意外な日々」 »