« 嬉しいメールが届きました | トップページ | 福島県出身のおばあさんとその娘さんに「ここさこらんしょ」のお話を・・・娘さんは涙を流されていました。 »

2011年5月30日 (月)

いよいよ福島へ  「ここさ こらんしょ」は、看護ならではの役割がきっとあるはず

いよいよ福島へお邪魔します。

台風2号が心配ですが、熊本は去りました。

東北の沈下している地盤への影響等心配です。

お布団ありがとうございました。

チラシは添付した保さん作・江南編集のコラボで仕上がりましたので100枚届けます。

ここさこらんしょの義援金(支援金)も、皆が心から協力してくれましたので届けます。

生活支援の取り組みが様々な形で指導しているようですね!「ここさ こらんしょ」は、看護(臨床心理士ではありませんが)ならではの役割がきっとあるはずと思い出かけます。

黒子の看護で、出会う方々の生きる勇気をご自身がご自分の想い、考えで力を取り戻されるようひたすら真剣に向き合う・・・そこからきっと

|

« 嬉しいメールが届きました | トップページ | 福島県出身のおばあさんとその娘さんに「ここさこらんしょ」のお話を・・・娘さんは涙を流されていました。 »

b)セカンドハウス「よりどころ」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ福島へ  「ここさ こらんしょ」は、看護ならではの役割がきっとあるはず:

« 嬉しいメールが届きました | トップページ | 福島県出身のおばあさんとその娘さんに「ここさこらんしょ」のお話を・・・娘さんは涙を流されていました。 »