« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月31日 (土)

「今日は福島のセカンドハウスよりどころ『ここさこらんしょ』で1年を振り返る会がありました。人は強くて優しいとここに来ると実感します。本当に来てよかった。

「今日は福島のセカンドハウスよりどころ『ここさこらんしょ』1年を振り返る会がありました。今ここで暮らしておられる双葉町の石田さんご夫妻と息子さんの政幸さんが地元の関係者と全国からかけつけたボランティアのみなさんご近所の方々もこられて30人近い人たちを迎えてくださいました。これほど多くの方が家族のように語らう姿に胸がいっぱいになりました。私は石田さんが入居される前日に最終の準備をお手伝いして今日はお元気なお二人の姿を見ることができてうれしいです。
こんな素晴らしいひと時をともに過ごせること、再び福島で尊敬する皆さんに会えたこと、この幸せをエネルギーに変えてこれから頑張ろうと思います。
「こらんしょ」は、この1年でご近所の集いの場となり、仮設に住む人の息抜きの場になっていました。これは「こらんしょ」の、普通の家であるという建物の力と、ここに住まわれている石田さんのお人柄です。家と人の幸せな組み合わせが人を引き寄せているのです。

人は強くて優しいとここに来ると実感します。本当に来てよかった。
石田さんのおかあさん、ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月30日 (金)

「こらんしょ便り」 「こらんしょ」で語り合う。いよいよ明日です。この1年、これから、胸の内を!

3月31日は、職種を問わず、集まることになっています。お客様ではありません。ご近所さんやあなたも含め、みんなが家族、家族の語らいの日です。

現在ボランティアに入っているナースからこんなメールも届いています。昨日の講演会を聞いたとの事、現在訪問看護をされているお母様からお電話をいただきました。何かお手伝いができればとの事でした。31日は午前中は仕事との事、午後でも是非にとお誘いしました。現在訪問看護をしながら、近所のサロンもお手伝いされているとの事でした。

また、20代の病棟勤務のナースが駆け寄って来て言いました。「私もボランティアで入りたい。病棟では口もきいてくれなかった人が、こらんしょでは元気になって行く・・・そんな気がして。31日は私も参加したいです

福島県内のナースらが、すでに数名参加の意向を伝えています。大勢で、きっと和やかに賑やかになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

梅の花が満開の偕楽園を見上げながら、最後の訪問の為に電車に乗りました。

三年間、短いような…でもいろんな事があったなあ…と、思い出しながら車窓の移ろい行く景色を眺めてました。

外へ出る機会がなかなか持てないALSのかたに、季節の風を届けたい。生活のなかに、楽しみを見出だせ、生きている喜びをご家族とともに感じていただきたい。そんな思いを胸に抱きながら、私にとっても、訪問は楽しみな一時でした。この三年間、ありがとうございました。

この訪問で感じたこと学ばせていただいたことを胸に、これからは私の地元に看護として還元していきます。

 たくさんの心をありがとう! あなたの心を引き継いで、その心を届けて行きます。(スタッフ一同)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土)

そうです。今日は1986年に設立した在宅看護研究センターの設立記念日でした。嬉しいメッセージをありがとう!

在宅看護研究センター設立25周年おめでとうございます。在宅看護研究センター設立記念日は私にとっても、その中の13年間を代表のもとで看護の原点である技と心を教えて頂いた場でもあります。感謝の思いとこれからの発展を込めてお花を贈りました。またお会いできる事を楽しみにしております。今日はセンターの設立記念日、おめでとうございます。26年が過ぎたのですね。センターは私の看護の原点です。辛かった事、嬉しかった事、よく泣いた事も思い出します。実践する意味を学ぶだけてなく、技法を身につけ活用して行く事も学ぶ機会を頂きました。感謝の気持ちを行動にしたいと思います。

今日324日晴れの記念日、今年も代表はじめ全員健康のもと、無事迎えられましたことに、ありがたく、感謝いたします。昨年は、震災・津波という大きな天災人災がおそいました。そしてこらんしょセカンドハウスを興した年になりました。今年は、タケダの研究計画に向かって、みなで力をあわせ、できることへの挑戦の年と思っております。

会社設立25周年おめでとうございます。先生のあとに続きたく、ホップ・ステップ・ジャンプを目指しています。無事、一周忌も終えることができました。震災から1年、今だから考えること、感じることがあります。もうすぐ春ですね。新しい出会いを楽しみに。先生とお会いできる日を心待ちにしております。

いよいよ26年目に入ります。おめでとうございます。

P5300258_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「11月19日の「あなたの声を忘れるわけがありません。絶望なんてさせるものか!」に、コメントがつきました。

「次男が結婚するんだ」笑顔で文字盤でおっしゃる。

わあ!おめでとうございます。お式はいつ?  「わからない。行かない」

え~?なんで行かないの?  「泣くのが嫌なんでしょ~?大丈夫。ティッシュで拭いてあげるから~」と奥さまがおどけて言っている。

「こんな格好で行けない。子どもに迷惑をかける」文字盤でそう指し示すと、一緒に文字盤を見つめていた奥さまが泣き出される。

患者の集まりに積極的に出ていたり、市民講座にも出て下さったり、ポジティブに闘病生活を送っている、と思っていただけに、今日の言葉に胸を衝かれた思いでした。

本当は、仕切り屋さんの彼の事です。式、披露宴で父親としての挨拶や、贈る言葉を伝えたいはず。

しつこいケアマネはこれしきじゃあ諦めませんよ! どんな困難があっても…お二人に絶望なんてさせるものか!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

「こらんしょ便り」 やっぱり体を動かすとさっぱりすんなぁ~。

23日の帰省を終えて今日は東京に戻る日です。いつも思うことですが、あっという間の3日間です。こらんしょ入りした日は、室内に居れば本当に暖かい春の陽射しでしたがさすがに風は冷たく強い!街中の雪もすっかりなくなりましたが、こらんしょを囲む山々はまだ白い帽子をかぶっています。雪うさぎが見られるのはもう少し先のようですが、こらんしょからも見えるそうなので楽しみです。

1日目の父さんは、2回目のデイサービスから戻り車椅子に座っていました。その引き締まった顔つきにびっくり。デイで多くの方々と触れ合い会話を交わすことがいい刺激になっているのでしょう。母さんが、今日風呂さ入ったの?と聞くと「風呂さ入った!」とちゃんと話してくれたそうです。ちゃんと服を着て母さんに「行ってらっしゃい」と声をかけられ家を出て、社会の一員として過ごすことの大切さを感じます。

2日目もいい天気。母さんは、ゴボウや菜っ葉の種を買って3月うちには蒔きてえなぁ」と庭の畑を耕しています。「やっぱり体を動かすとさっぱりすんなぁ」と根っからの土の人です。今日は帰る日、曇天で今にも雨が落ちてきそうです。母さんは食事の用意、私は父さんのケアといつもの通り自然と役割分担して、お互い、「休む間ねえなぁ」と2人して苦笑い。これからリハビリの先生が来て下さるので、それが終わったら私もこらんしょを後にします。今度は31、みんなが集まるので、母さんも今から何を用意したらいいかと楽しみにしています。何もしなくてもいいんだと言っても「私だってしたいわよ~」と自己主張する母さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

「ここさこらんしょ」の温かさに触れることができてとても感動いたしました。

「ここさこらんしょ」の温かさに触れることができてとても感動いたしました。福島県看護連盟さん主催の研修会でのご講演も病院のナースが多かったので在宅のよさが伝わりましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHKの「ワンポイント介護」(毎週土曜日夜8時55分~)に出ています。

大阪の福部さんがNHK「ワンポイント介護」(毎週土曜日夜8時55分~)に出ています。機会がありましたら是非。…知ってるかたがテレビに出ているのは、とーっても不思議な感じがしますね~。

「力のいらない介助術」のコツが詰まっています。福部さんの介助術は、対象者の「動きたい」と言う意識に働きかけ、そのかたの力を最大限に引き出す…ことのようです。体の動かしかただけではなく、私たち看護の場面の中でも「はっ!」と気がつくことがあります。

どうしても過剰に看護・介護してしまい、そのかたの本来持っている力を発揮するチャンスを奪ってしまってはいないか…?チャンスを奪ってしまったことで、そのかたが回復する過程を遅らせてはいないか…?   福部さんのお姿を見つめていながら自問自答しています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

「こらんしょ便り」 一時帰宅。「余震で10㎝も傾いてたぁ。あれだば、もう帰れねぇ・・・」

2泊3日で「こらんしょ」へ行ってきました。

第1日目は関係者会議で10人集まりました。ケアマネさんのリードの下、これまでに経過や今後の方針等々が話され、その後は自己紹介を兼ねた役割についてや思いも含めてを熱く語り合いました。途中でハプニングが・・前日始めてデイケアへ行ってきた兄さんも車椅子で一緒に会議に参加していたのですが、「おい、おしっこ」「おい、小便」。どうもオムツではしたくない様子。だったらトイレへ連れて行ってみようということになり訪問介護の同志二人で誘導。結局は不発に終わりましたが、デイケアの場で仲間に刺激されてきた様子がありありと見え、傍らにいたジャーナリストも笑顔、会議の雰囲気もさらに和やかになりました。夜は、明日に一時帰宅の準備。家具の洗い流しやお墓参りのたくさんのお水をペットボトルにつめたり。

第2日目は5時半起き。良く晴れて暖かい「良かった!」。おにぎりを握ったり、足りないものをチェックしたり。7時過ぎには息子さんのお出迎えで、出掛けました。その後は濡れていたオムツやシーツ、衣類を交換し、諸々・・。経管栄養もある。足にまとわりつく猫ちゃんの世話もある。あまりに良い天気なので、2回も洗濯機を回しました。全室の窓を開けて大掃除。台所を中心に1階も階段も2階も。新聞を読んでコーヒーを飲んでホッと一息。11時半には車椅子へ移動。リビングで外を観てしばしおしゃべり。「今日の吾妻山、美しい。今日は行けないけど、今度散歩に行きたいねえ」大きく頷く兄さん。自分の手でしっかり食べました。お粥さんに、ミキサーにかけたバナナ・リンゴ、キクコさん手作りの煮物をミキサーにかけて一口、それに追加でヨーグルト。一度もむせることなく上手に食べ、そのあとはテレビに見入っていました。しばらくして、そのままの姿勢で経管栄養。またまたしばらくしてリハビリ訪問。私はその間、ご近所さん回り。昨年一度お会いしたご主人が1月に亡くなったと語る奥さん。「一人になったら何にもすることがなくて淋しくて・・」と。「ここさこらんしょへこらんしょ!」「行っても良いの?行きます!♪」。

19時近くにたくさんの物を持ちかえって来たキクコさん「あれだば、もう帰れねぇ。余震で、前行った時より10㎝も傾いてしまったもの。仕方ねべ。んだども売らねよ。・・・・」。2か所にシートを広げて、息子さんが運んでくれた物を次から次に空き部屋に入れました。あとはじっくり時間をかけてボランティアとともに熱いお湯でしっかり拭いていくことに。この日の夜もあっという間に過ぎ去りました。

3日目は、キクコさんと二人で朝食を! そこへ同志が二人、そして取材の方が見えられ、キクコさんにインタビュー。南東北福島病院の総看護師長さんのお出迎えで、「こらんしょ」を後にしました。そして福島県看護連盟の笹原会長率いる皆様へ。→ 生きて行く上に必要なセカンドハウス「よりどころ」というタイトルを頂戴して話させて頂きました。福島のナース・関係者の力はまとまっている。私の実感です。私も加えさせていただき、今年はもっと動きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

「心と絆といのち~私の看護実践論」を読んでの感想が届いています

「心と絆といのち」私の看護実践論を拝読させていただき感銘を受けました。特に、現在の仕事に関係します「看護は死に逝く人とその家族の心情に近づける」「看護の視点から考える脳死・臓器移植について」という章におきましては、大変考えさせられる内容でした。マーカーで線を引き何回も何回も読みなおし考えさせられたと言っている友人もいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

31日は「ここさこらんしょ」で会いましょう!

「こらんしょ」の1年の評価と今後についての語り合う会ですが、31日の午前10時半からに決定いたしました。ボランティアも兼ねて出席、仕事の調整をして参加、あちこちから手が挙がっています。地元のナースたちとの交流や看護大学の先生・大学院生の方も参加予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

2012 年度 第2 弾! 「本音で語る広場へ、ようこそ!」 本当の看護、実感できるかもしれません。

看護師としてもっとやりたいことがある。しなければいけないことがある。でも、今の職場ではなかなか言い出せない。ジレンマは募るばかり・・・本音で日頃の『何だろう?』を語ってください。看護が、見えてくるかもしれません。本当の看護、実感できるかもしれません。

日 時:2012 年4月28 日(土)15 時~17 時   詳細は⇒「2012.2dan.pdf」をダウンロード
募集人数:10 名程度  集合場所:ルノワール大久保(JR 大久保駅から徒歩2~3 分)
参 加 費:500 円  主催:日本在宅看護システム
お問い合わせ:03-5386-2427(担当 仲野・片岡) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

「こらんしょ便り」 あれからもうすぐ1年、双葉で飼っていた猫ちゃんの一匹が見つかった!

今、こらんしよの母さんから嬉しい電話が入りました。双葉で飼っていた猫ちゃんの一匹が見つかったそうです。東京のNPOの方が飼っていてくれたそうです。母さんも大喜びです。

仏壇も仮設から昨日持ってきたそうで、父さんのベッドの位置を変えて場所を決めたそうです。

まだまだですが、少しずつ生活らしさが感じられる様になって来たでしようか? 福島は20cm積雪で、電話の向こうの母さんの声は雪掻きで弾んでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

「心」を大切にしている方の心に響く本、子どもたちが伝える“99”の心が潜んでいます。

「アイ・ラブ・グランパ100の理由」「アイ・ラブ・グランマ100の理由」を読むと、あんなこと、こんなことが浮かんできて心が和むんです。こんな時代だからこそ、読んでもらいたい本です。Photo Photo_2 P9040001_3 私は、祖父母のことを思い、思い出のお気に入り写真を貼って、100番目の理由を書きました。今は亡き、祖父母にプレゼントするために・・・村松静子

「おじいちゃんを愛しています。だって、 何もない時でも身体を動かして工夫をすれば、必ず解決するって教えてくれた。」(せいこ)

「おばあちゃんを愛しています。だって、私がもっとほしいと思っている時、いつだって笑顔で多めにくれた。」(せいこ)

感謝を込めて思い出の写真を貼って、100番目に私の言葉を書いて、本当はプレゼントするようにできているのですが、私はそっとしまってあります。子供たちの発した言葉が、こんなにも意味のあるものだとは・・・

注文書は ⇒こちら (心から「読んでみたい」「自分を振り返ってみたい」「プレゼントしたい」という方には、特別に2冊で2400円送料込でお分けします。)

お問い合わせは03-5386-2427(担当:片岡・仲野)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

「こらんしょ便り」  こちら ここさこらんしょでーす。 昨夕方から帰っています。

こちら ここさこらんしょでーす。私、昨夕方から帰っています。  今日は、これからの介護スケジュールについて、訪問介護を担当のことでお二人がみえまして、お父さんも一緒に打ち合わせできました。33日のお誕生日を前に、皆さんと共に温かーくお祝いし、なんとお父さんは72歳!」と大きな声で答えて、すごいでしょう!ケーキにマグロをぺろりたいらげてしまいました。

会話の反応も早く、一段と目がキラキラ、キラキラし、お肌がツヤツヤ、お尻とお腹もずっしりです。お母さんも 笑い声が絶えず和やかな日々を過ごされている様子を感じ、とてーも嬉しかったです。お母さんは、「お父さんは元気ですよぉ()と、お伝えくださいと言っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »