« セカンドハウス「よりどころ」の運営と存在価値の追究~いのちと心の再生をめざして~  | トップページ | この1年間、国内各地からボランティアで集まってきた同志の結集がありました。 »

2012年4月14日 (土)

16日からの日経新聞社の夕刊紙、とても楽しみです。

「花の命は短くて・・・」 今朝の雨で、そろそろ終わりをむかえている東京の桜も、静かに濡れております。 そして、バトンタッチ?

色彩鮮やかな八重桜、ここ浅草観音裏通りの『一葉桜』満開です。

昨夜の日経新聞『人間発見』、壱番屋創業者「宗次徳二さん」連載最後の掲載記事が終了しました。 大変素晴らしい内容の5日間でした。

そして、次回は・・・・・・・・記事の終わりの末尾に、「次回は在宅看護研究センターLLP代表の村松静子さん」と記されていました。 これを目にしただけで、なにか心弾んだのです。

16日からの日経新聞社の夕刊紙、とても楽しみです。

|

« セカンドハウス「よりどころ」の運営と存在価値の追究~いのちと心の再生をめざして~  | トップページ | この1年間、国内各地からボランティアで集まってきた同志の結集がありました。 »

3)みんなの声 私の声」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 16日からの日経新聞社の夕刊紙、とても楽しみです。:

« セカンドハウス「よりどころ」の運営と存在価値の追究~いのちと心の再生をめざして~  | トップページ | この1年間、国内各地からボランティアで集まってきた同志の結集がありました。 »