« 「こらんしょ便り」 ターミナル状態にある方で、身内がおらず、家に帰りたいが家も借家で帰れない。 何とかしたいのですが・・・ | トップページ | 「こらんしょ便り」   こんにちは、1ケ月ぶりの“ここさ こらんしょ”の様子です・・・その1 »

2012年6月 8日 (金)

アンケートの中に、「看護に疲れて、看護師をやめようと思っていたが、看護のこのような動きを知り、看護師を辞めることを辞めました。」とコメントがあったそうです。

6月2日、岡山のメッセンジャーナース赤瀬さんの「在宅医療連携支援センター 結」の立ち上げのための講演会に応援に行ってきました。

赤瀬さんを全面的にバックアップしている、かとう内科並木通り診療所の加藤院長のお話しからは看護への強い期待が感じられました。P6020891 Photo_7

そしてメッセンジャーナースの創始者である村松からは医療の受け手の心の揺れとそこに関わるメッセンジャーナースの役割が語られ、赤瀬さんから「結」の今後の活動に向けての事例を中心としたお話しに、改めて看護の可能性と広がりを感じることができました。それは、その人にとって必要な様々な職種を結んでいくことによって、患者・家族の心に寄り添い、思いを自ら実現できるような環境を整えていくことで、医療を自分の生き方に取り込んでいける道筋ができていくものと思います。

同じメッセンジャーナースとして、岡山の動きを応援しつつ、自分自身も患者・家族の心の葛藤や揺れに寄り添い、相談者自らの解決方法が見つけられるような支援ができるよう研鑽を積まなければいけないと改めて気を引き締めました。

また、定員以上の参加者の真剣な眼差しに、岡山の皆さんの医療や看護に寄せる期待の大きさを感じました。そして、準備進行役のスタッフ皆さんの一体感は素晴らしい!と感じました。 Photo_8  

 

メッセンジャーナースが兼ね備えているものとして

・フットワークがいい

・受け手サイドに立っていて中立の立場にある

・自立していて自ら何をすべきかを自覚している

・研鑽を積んでいる

・創造力・交渉力を磨いている

・「心」に軸がある

・今そして先を見据えて変化に対応して行こうという意識を持っている

これは大事な心構えだと思いました。

アンケートをとらせていただいた中に、「看護に疲れて、看護師をやめようと思っていたが、看護のこのような動きを知り、看護師を辞めることを辞めました。」とコメントがあったそうです。よりよい在宅療養を支える地域作りを応援できるのはとても嬉しいことだと思っています。

|

« 「こらんしょ便り」 ターミナル状態にある方で、身内がおらず、家に帰りたいが家も借家で帰れない。 何とかしたいのですが・・・ | トップページ | 「こらんしょ便り」   こんにちは、1ケ月ぶりの“ここさ こらんしょ”の様子です・・・その1 »

8)ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンケートの中に、「看護に疲れて、看護師をやめようと思っていたが、看護のこのような動きを知り、看護師を辞めることを辞めました。」とコメントがあったそうです。:

« 「こらんしょ便り」 ターミナル状態にある方で、身内がおらず、家に帰りたいが家も借家で帰れない。 何とかしたいのですが・・・ | トップページ | 「こらんしょ便り」   こんにちは、1ケ月ぶりの“ここさ こらんしょ”の様子です・・・その1 »