« 岡山のメッセンジャーナースが所属しております在宅医療連携支援チーム結の活動がスタートして1年、活動報告会は7月13日です。 | トップページ | 意識障害の家族を抱える身としては「なるべく最後の日まで苦しみのない一日を送れる」緩和医療はガン以外にも絶対必要と感じております。 »

2013年5月22日 (水)

尾道の片山壽先生からメールが飛んできました。『最期の迎え方』・・・「がんで認知症さまよい」 受け入れ 医療との連携鍵(2013年5月19日付 中国新聞)

お許しを頂いたので、その一部を紹介させていただきます。

医療強化型の小規模多機能居宅介護での在宅緩和ケア+認知症治療での看取りが記事になりました。

今年35日に集計された「中四国人口10万人以上の20都市の高齢化率」(平成22年国勢調査結果から)で、尾道市が第一位で30.4%でした。現在は31.4%、2025年推計は37.8%です。

超高齢社会に必要な地域包括ケアシステムは高齢癌患者の在宅緩和ケア+認知症治療ケアにend of life careで対応することが求められ、その一形態がこの記事の内容です。

最期の迎え方」(2013519日付 中国新聞) ⇒ 「shinbun.jpg」をダウンロード

|

« 岡山のメッセンジャーナースが所属しております在宅医療連携支援チーム結の活動がスタートして1年、活動報告会は7月13日です。 | トップページ | 意識障害の家族を抱える身としては「なるべく最後の日まで苦しみのない一日を送れる」緩和医療はガン以外にも絶対必要と感じております。 »

5)たより」カテゴリの記事