« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月29日 (火)

メッセンジャーナース“看護の本質に迫る”を読んでいると、父のことが思い起こされ、『そうだった、そうだね、』と、いつの間にか頷いて・・・

メッセンジャーナース“看護の本質に迫る”を読んでいます。

最初の『私のメッセンジャーナース事始め』の甲州さんの言葉に『そうだった、そうだね、』と思いながら。癌末期と診断され、2000mlもの胸水の貯留のため胸腔ドレーンを留置され、何も言わなくなってしまった父。IVHが挿入されたら食事も出されなくなってしまった父に、好きだったモンキーバナナを持っていった時「美味しいな、」とパクリ!。

そんな父を連れて帰りたいと言った時、主治医からも担当看護師からもドレーンを抜いたら1週間ですよ、と。でも笑顔もない父を見ていて何が何でも連れて帰ろうと思ったのを覚えています。

長男である兄は「でも…お父さんが本当に帰りたいのは家のある鳥取だよね、」と。そうだと思う、でも父の笑顔がなくなってしまった病院から出したい!!! 悲鳴に似た私の思いだけで退院の話を出しました。担当医はあきれていました。私の仲間である看護師は担当医の傍に座っていましたが、そうだとも、そうではないともどちらの言葉もありませんでした。でも病棟医長からの「娘さんが看護師さんで、在宅の経験があるならそうしたら良いんじゃないのかな、」と仰って頂いた事で退院が決まりました。

私も勝手な思いから連れて帰ってしまった、と思いながらも私の家に着いた時、父は「頑張るぞ!」と。2週間と言われた在宅での生活は丁度一ヶ月穏やかに過ごす事ができて…。

 

そんなことを思い出しながら読んでいたら、降りる駅を幾つも過ぎていました。慌てて電車を乗り換えながら、もっと色々な人に読んで欲しい、と思いました。(N)

|

2016年3月26日 (土)

「街のイスキア訪問ステーション」を産んだこと(笑)へのお祝いの言葉を頂き、ありがとうございます。熱く看護を語る人が少ない中、目に見えないものをみようとする、聞こえないものを聞こうとする心ある看護を提供していきたいと思います。

お忙しい中、お返事を頂けましたこと、夫共々大変嬉しくありがたく思っております。また、私が訪問ステーションを産んだこと(笑)へのお祝いの言葉を頂き、ありがとうございます。

村松
先生の行動範囲は、多岐に渡り、まさに体一つでは足らない状況なのではないでしょうか?先生の働きぶりには、私も頑張らねばとお力をいただく次第です。先生のご指摘されるように、都内の訪問看護ステーションは、939箇所と、都の介護福祉課が話されていました。まさに急増しているとのことです。


その中で、自分はどのような看護をしていくべきなのかを考えていきたいと思います。熱く看護を語る人が少ないようです。村松先生のやってきたことは、私はとても大事なことと思っております。 なんの為に、私達は仕事をしているのか?を問いかけあえる事業所にしていきたいと思います。

先生の話されていた言葉を思い出しながら、目に見えないものをみようとする、聞こえないものを聞こうとする心ある看護を提供していきたいと思います。

街のイスキア訪問ナースステーション:石川麗子)

|

2016年3月25日 (金)

24日は在宅看護研究センターの創立記念日【メッセンジャーナース通信 2016.3.25 No.114】を配信されました

325日、メールマガジン「メッセンジャーナース通信」の114号を発行されました。皆の力を結集した1冊『メッセンジャーナース 看護の本質に迫る』(看護の科学社)がついに完成。1月、岡山で始動した研鑽セミナーも進んでいます。セミナーⅢ「受けたい医療 心の葛藤はなぜ起こる?」は2627日。立ち上がったばかりの“かごしまメッセンジャーナースの会”は、424日に「第1回在宅医療と市民の集い」を開催。セカンドハウスよりどころ「ここさこらんしょ」を2年間限定で設置した福島でも第2回市民講座が49日に開催。「真の看護にこだわるナース、対話重視の懸け橋・メッセンジャーナースの輪は、着実に拡大しています。

5回メッセンジャーナースの会総会は、1022日、熊本での開催が決定しました。

購読登録が未だの方はこちらからできます。
 ⇒ http://www.mag2.com/m/0001196132.html

 メッセンジャーナース認定協会へのお問い合わせは、messenger.ns@e-nurse.ne.jp までお願いします。

 

|

2016年3月24日 (木)

今日は在宅看護研究センターの創立記念日。あれから30年、ついに、『メッセンジャーナース 看護の本質に迫る』(看護の科学社)が私の手に・・・強い社会的要請があることを念頭に、メッセンジャーナースの実用化をめざします。

昨夜、看護の科学社の編集者・濱崎さんが持参して下さった1冊の本、それは、2010年に誕生したメッセンジャーナースの5年間の取り組みをまとめた『メッセンジャーナース 看護の本質に迫る』でした。Photo_4
<目次>

1章 私のメッセンジャーナース事始め

2章 <研究報告>メッセンジャーナースの活動について 研究的立場から

3章 全国各地のメッセンジャーナース ―本来の看護の力を発揮したい

4章 患者・家族の「こころの風景」―その心に向き合って

5章 被災地におけるメッセンジャーナース ―「ここさこらんしょ」で心の復興を

6章 メッセンジャーナース研鑽セミナーとそこでの学び

7章 メッセンジャーナース認定協会の設立と関連事業について

                                      第8章 これからのメッセンジャーナースの挑戦

この1冊を手にして、これまでとは違う何かを感じ、心が奮い立ちました。

全国の皆さんより一足先に、本日、日本在宅看護システム社に所属する若手主催の内輪の「懇親会」で配ろうと準備しているところです。

希望された皆さんには、これからまもなく届けられるようになっていますので、あと少しお待ち下さいね。(村松)

|

2016年3月16日 (水)

【お知らせ】福島は今梅が満開、念願の2回目の市民講座を今回も看取りを経験された3家族をお招きして開催することになりました。 4月9日(土曜日)、コラッセ福島・・「在宅医療」知っていますか?家で最期まで療養したい人に」 

福島は今梅が満開となりました。

ご無沙汰しております。

 

やっと念願の2回目の市民講座を開催することになりました。

今回も看取りを経験された3家族をお招きして開催します。

In_01

 

参加申し込みは⇒ 「in_hukushima.pdf」をダウンロード

少し仲間も増えて、スタッフの協力ももらいながら開催します。

 

メッセンジャーナースのご活躍はいつも励まされています。寒かったり、暖かかったり、今日は暖かくなりそうです(保)。

|

2016年3月15日 (火)

念願の「かごしまメッセンジャーナースの会」を立ち上げました【メッセンジャーナース通信 2016.3.15 No.113】が配信されました

315日、メールマガジン「メッセンジャーナース通信」の113号を発行しました。今号は盛りだくさんの内容です。2月に発足した「かごしまメッセンジャーナースの会」は、424日「第1回在宅医療と市民の集い」を開催。引き続き「くまもとメッセンジャーナースの会」も?第5回総会日程が決まりました。1月から始まった岡山での第11回研鑽セミナーも2回を終え、いよいよ自己対峙が始まったと。第12回セミナーも東京で始まり、活動報告も次々に入ってきて・・・「真の看護にこだわるナース、対話重視の懸け橋・メッセンジャーナースの輪は、着実に拡大しています。

5回メッセンジャーナースの会総会は、1022日、熊本での開催が決定しました。

購読登録が未だの方はこちらからできます。  ⇒ http://www.mag2.com/m/0001196132.html

   メッセンジャーナース認定協会へのお問い合わせは、messenger.ns@e-nurse.ne.jp までお願いします。

|

2016年3月 9日 (水)

コラム「医師として、武士として」 Vol.77 チラシと健康     安藤 武士 Andou takeshi

1941年、新潟県生まれ。1967年、新潟大学医学部卒業後、医師登録と同時に外科研修を開始。72年、呼吸器・心臓血管外科を専攻後、80年より、心臓血管外科部長として日本赤十字社医療センターに勤務。87年より職域病院部長、2001年より職域診療所所長、2010年より佐野市民病院健康管理センター所長、そして 現在は、医療法人社団東華会・介護老人保健施設たかつ施設長として活躍。労働衛生コンサルタント・スポーツドクター(日体協)・健康スポーツドクター(日医)・認定産業医(日医)の資格を持ち、これらの5つの顔を絶妙な味で使いわける医学博士である。身体の大きさと、豪快な笑い・笑顔には、その人柄と存在感をより強くアピールする何ものかが潜んでいる。やはり'武士'にして"武士"ここにあり。

Vol.77 2016.3.9チラシと健康

 スーパーマーケットを知らない人は、まず居ない。これにも歴史がある。スーパーマーケットの名称は「伝統的な市場を超えるほどの商店」という意味で作られた造語である。通常、商店は対面販売が伝統的なスタイルであるが客が自分で品物をとるセルフサービス方式が1916年にアメリカで始まった。これを大規模にし色々の商品を揃えたものが、現在のスーパーマーケットである。周知のことである。創始者は特許をとっている。特定の品目を専門的に扱うのでなく、通常、幅広い品目の商品を取り揃えている。初期は食料雑貨の販売が中心であったが、1920年ごろから生鮮食料も販売するようになった。

 日本では、スーパーマーケットという名称が流入したのは、1952年、大阪であるが、実質的にセルフサービスのスーパーマーケット(スーパー)がオープンしたのは、1953年、東京の港区青山にある「紀伊国屋」といわれている。

 わが家の周辺に大型スーパーが2店舗ある。A店は野菜・魚介類、B店は肉類が高品質で廉価との評価が定着している。先日、2店舗の規模を上回るスーパーが開店した。小生宅は、3店舗の中央に位置するため家人は、新聞の折り込み広告(チラシ)をチエックし購入する予定の商品にマジックで記しをつけ、メモ用紙に書き移している。ご近所様と情報を交換しあい買い物に出る。お店に行きチラシに表記してある値段より廉価とわかると、スーパー仲間にすぐ知らせる。また、「朝市」、「マグロの解体ショー」の日取りの情報も飛び交う。ついに小生も新規開店のスーパーに出向くことになった。その規模の大きさと品ぞろえに驚いた。米、野菜、酒、肉は、各県、各国の銘柄がずらりと並んでいるだけでなく、生産地・生産者の名前だけでなく顔写真も表示されているものもある。ワイン、ビール、ウイスキー、コヒー、紅茶等は国別にずらりと並んでおり壮観である。当然、みそ、しょうゆ、香辛料、その他、どのスーパーにもある日常品も同様、整然と並んでいる。

競争に勝ち抜くため店舗も苦労していることは想像に難くないが、消費者も廉価で美味しいものを手に入れるため溢れんまでの情報を頭に入れ歩き回らなければならない。生鮮食料品は午後になると値段が変わることもあるようで、情報交換のためご近所さんとの普段のお付き合いは欠かせないようである。 

家人は、計画していた買い物を忘たり、衝動買いをして後悔しているが、夕刻、万歩計をみて「まだ8,000歩だわ。チヨット出てくる。」と言って外家する。家に戻ってくるときは、必ず「レジ袋」をぶら下げている。10,000歩以上を確保したら当日の外出は終わりとしている。小生の友人にはなしたら、「内はタブレットで新聞をとってないので、チラシがなく家内が困っている。」という。高層マンションに住んでいるのでエレベータで上り下り、歩く機会がないと「こぼしている。」らしい。

奥様属にとって、新聞のチラシは家庭を支える重要な情報源であるが、健康確保にも役立っている。しかし、小生宅はチラシ情報を得るため新聞3紙をとらねばならない。小生のボケ防止に役立っていればこの上ないのだが。(完)

|

2016年3月 7日 (月)

姫路赤十字看護専門学校で3年生37名の「卒業を祝う会」で贈られた言葉、メッセンジャーナースマインドの種が蒔かれたよう ← (姫路のメッセンジャーナース) 夕方の謝恩会では、袴姿や着物姿に変身!

さる3月2日、姫路赤十字看護専門学校で3年生37名の卒業を祝う会が開催されました。

その祝う会に、村松代表・川口奏子さん(メセンジャナース)・片岡美和子さん(代表付き)が駆けつけてくださり、送る言葉を頂きました。(昨年学生自身が村松代表に直接講演をお願いし、それを実現してくださったのです)

Hi1_6Hi2_4川口さんからは、「学生のときに感じた看護への思いはいくつになっても自分の看護の核になっている」と、学生のときの柔軟な感性を大切にすることを教えられ、

片岡さんからは、「看護と介護という対立した関係性ではなく、人と人としてのコミュニケーション力を磨いていくこと」ということを事例から教えていただき、

そして村松代表からは、「学校というかけがえのない場所を大切する。後に続く後輩の為にも一歩ずつ諦めることなく看護の道を進むこと。自分の五感を全部使って人の心と向き合うこと。そして心に余裕をもって」卒業生だけでなく、在校生にも熱いエールを頂きました。

          最高の時間でした。4月には37名の初々しい新人看護師が誕生です。
その看護師の心にもメッセンジャーナースマインドの種が蒔かれたようです。どれだけ芽吹くでしょうか? 楽しみです。

Photo_5

☆..........★

Photo_15Photo_16

34日は夕方に謝恩会がありました。その時は、卒業生は、またがらりと印象がかわり、袴姿や着物姿に変身しています。 卒業してしまったんだな・・と、少し寂しい気持ちもしますが、ほとんどの学生が設置主体病院に就職してくれるので、今後の成長を見守っていきたいと思っています。     

今後ともよろしくお願い致します。(姫路赤十字看護専門学校:柳めぐみ)

|

2016年3月 1日 (火)

CSRマガジンに掲載されました。→ 企業とのNGO/NPO 看護師と技術者。異分野のプロが協働して創る、日本の医療と地域の未来~非言語コミュニケーション・ツール「フット・プラネタリウム」を共同開発   足裏マッサージ店だけではなくケアの現場でも、そのほか、教育に、研究に、いろいろな形で活用されていくはずです。

 “自立的に健康を守る”には、それぞれの専門家とその受け手との対等なコミュニケーションが不可欠です。海外経験が長い当社の国際交流研究企画室担当者が中心となってヘルスケア事業をめざすエーピーアイ(株)の技術者とコラボ開発した「フット・プラネタリウム」がCSRマガジン上で紹介されました。

「フット・プラネタリウム」の“施術される側の気持ちを言葉ではなく視覚的に伝える機器”というコンセプトは、看護の現場でも応用できます。世界初の新しい製品として、国籍やハンディキャップの有無を問わず、できるだけ多くの場でご活用いただきたいと、可能な限りシンプルなユニバーサルデザインを目指しました。

足裏に潜む神秘。画面の映像による癒し。器械だけに頼らず、手の温もりをそのまま活かして、目には見えない「心」へアプローチし、その人の本音、主体性を引き出すのが『フット・プラネタリウム』です。

詳細は ☛ こちら

 

「推奨リンク」に追加しました。CSRマガジン→ こちら 

<関連記事>

自立的に健康を維持するために、在宅看護師が果たす役割

http://www.csr-magazine.com/blog/2014/04/28/zaitakukango/

人でも多くの人が自宅で最善のケアを受けるために

http://www.csr-magazine.com/archives/repo_d/rep08_03.html

|

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »