« 「父の遺した戦中戦後―近衛文麿主治医・岡西順二郎の日記」の著者、岡西雅子さんから・・・『メッセンジャーナース――看護の本質に迫る』を読んで ⑧メッセンジャーナースたちの思いを覗くと・・その2 | トップページ | 「父の遺した戦中戦後―近衛文麿主治医・岡西順二郎の日記」の著者、岡西雅子さんから・・・『メッセンジャーナース――看護の本質に迫る』を読んで ⑧メッセンジャーナースたちの思いを覗くと・・その3 »

2016年6月13日 (月)

『出版ニュース』誌6月中旬号が発売されました。連載コラム「ブックセラピー」№54に、「つないで紡ぐ、メッセンジャーナース。」を書きました。素敵な一言・・相手の心に向き合う“目と手”が不可欠(原山建郎)                      

過日は素晴らしい会にお招きいただき、ありがとうございました。

その際、お約束した『出版ニュース』誌の連載コラム「ブックセラピー」№54に、メッセンジャーナースのことを書きました。

本日、『出版ニュース』誌6月中旬号が発売されましたので、早速、誌面のPDFを添付いたします。

 

在宅看護研究センターLLP(有限責任事業組合)が、五月に創設30周年を迎えた。・・・村松さんの素敵な一言。「察して行動、つないで紡ぐ。紡ぐには、察する勘が必要。相手の心に向き合う“目と手”が不可欠。」

PDFは⇒ 「54.pdf」をダウンロード

♪~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~♪

原山さん、交流会での心温まるご挨拶、そしてこのたびのお心、本当にありがとうございます! (村松)

 

|

« 「父の遺した戦中戦後―近衛文麿主治医・岡西順二郎の日記」の著者、岡西雅子さんから・・・『メッセンジャーナース――看護の本質に迫る』を読んで ⑧メッセンジャーナースたちの思いを覗くと・・その2 | トップページ | 「父の遺した戦中戦後―近衛文麿主治医・岡西順二郎の日記」の著者、岡西雅子さんから・・・『メッセンジャーナース――看護の本質に迫る』を読んで ⑧メッセンジャーナースたちの思いを覗くと・・その3 »

6)原山建郎のコラム」カテゴリの記事