« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月29日 (日)

コラム「医師として、武士として」  Vol.88 「デジタル」と「アナログ」     安藤 武士 Andou takeshi

1941年、新潟県生まれ。1967年、新潟大学医学部卒業後、医師登録と同時に外科研修を開始。72年、呼吸器・心臓血管外科を専攻後、80年より、心臓血管外科部長として日本赤十字社医療センターに勤務。87年より職域病院部長、2001年より職域診療所所長、2010年より佐野市民病院健康管理センター所長、そして 現在は、医療法人社団東華会・介護老人保健施設たかつ施設長として活躍。労働衛生コンサルタント・スポーツドクター(日体協)・健康スポーツドクター(日医)・認定産業医(日医)の資格を持ち、これらの5つの顔を絶妙な味で使いわける医学博士である。身体の大きさと、豪快な笑い・笑顔には、その人柄と存在感をより強くアピールする何ものかが潜んでいる。やはり'武士'にして"武士"ここにあり。

Vol.88 2017.10.29  「デジタル」と「アナログ」                   

「健康診断」を受けたことがない人は極めて少ないのではないか。「結果報告書」を手にした人は、まず自分が一番気にしている検査項目に目をやる。検査項目の判定が、「A:正常」、「B:正常範囲」を目にすれば、ホッとする。「C:経過観察」であれば、“まあまあ“と安心するが、何に注意すれば良いのか知りたくなる。「D:要精査」、「E:要治療」が表記されていると、”やっぱり”、“どうしよう“とふさぎ込む。そんなはずないと深刻に考えないようにするが、気持ちに引っ掛かりをもった日々を送る。

 血圧の評価である。日本高血圧学会では、至適血圧、正常血圧、正常高血圧、I度高血圧、II度高血圧、III度高血圧と血圧を細かく「区分」し、区分に応じた評価している。「正常高血圧」は判定「C」と表示される。正常高血圧とは何ぞやという事になるが今回はそれに触れない。I度高血圧:140/95mmHg以上になると、「高血圧症」と病名がつく。更に高くなると降圧剤服用が必要になる。連続的な値を区分し評価される。通知を受けた受診者は140/95と139/94とどこが違うのだろうかと思うはずである。

ヒトは生物に属する。生物の生理学的、代謝の変化は全て連続性が保たれている。生体活動を「区分」し、右・左に分けることは現実的にはやもうえないが、個人としては釈然としない思いがある。

学校の試験も同様である。70点以上を合格、未満は追試。70点と69点の差は、学問上どこがどのくらい違うのであろうかと69点の学生は嘆く。

数字で値や量が「離散的」(とびとび)なって表示されることを「デジタル」という。一方、重量・長さ・回転数・電流、時間など連続的に変化するで示すことを「アナログ」という、と辞書に記されている。人を含めた自然界では、全て「アナログ」で動いている。時に、ある限界点に達するとそれ以前と全く様相がことなる現象を見せることがあるので、自然界にも「デジタル」という現象もないではないと書物に記されている。比喩的に、物事を割り切らず、曖昧さを残しつつ理解する人のことを「アナログ人間」と呼ぶこととがある。今日ではあらゆることが「デジタル」で表示されている。「デジタル」という文言知らなくても「デジタル」生活を、疑問に思う人はいない。従って、「アナログ人間」を「古くさい人間」と揶揄することもある。

「芸術」はデジタルで評価されない。表現されていることが人の感動を与えるかどうかという、芸術性で評価される。レオナルド・ダビンチの「モナ・リザ」とエドバルト・ムンクの「叫び」で理解できる。芸術性の有無に優劣の区分は付けられない。

医療の場合である。現代の医療は「アナログ」を許さない。全て、得られた検査値を「区分」しそれに見合った対応をしないと、“やぶ医者”といわれる。“やぶ”で済めば良いが、訴訟問題が起きた時には法的にペナルティーがかかる。

「健康診断」の「判定」は「デジタル」で処理するのもやもうえないが、老練な医師になると「デジタル」よりも「アナログ」医療になる。経験的に人はそれぞれが違うということを肌で知っているから「アナログ」で判断する。経験豊かな医師は意識せずとも「アナログ」人間となる。

「認知症」の診断である。入り口検査として医療関係者はご存知の長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)が用いられることが多い。長谷川式で通用する。

30点満点で21点以上は正常、20点以下は認知症の疑いあり、と診断される。1点差で,あの人、「認知なの」と陰で囁かれる。実生活で21点と20点とに違いはどこにあるのだろうかと思う人はいるはずである。 受けなければ「認知」と言われないで済む。

小生は「アナログ人間」を好む。自身、「アナログ思考」で物事を処理することが多い。従って、好い加減な「ヒト」と評価されている。

殊に最近、「デジタル思考」を避けている。小生は、長谷川式と聞いただけで話題を他に移す。数年前、「自動車免許証」は返納し「自動車経歴証明書」を携帯している。更新に際し、何かあらたな試験を受けなければ制度になっていると聞いている。(続)

|

2017年10月27日 (金)

いよいよ明日が総会、 委任状も次々と集まり、過半数を大きく越えました。24時間の付添い依頼が飛び込み、残り少ない時間を我が家で過ごせるよう、スタッフ総出で支えたいと、急遽、参加を諦めたり、終了後、夜勤に入るナースもいます。・・・メッセンジャー力が問われています。皆さん、応援を!

いよいよ明日が総会となります。台風21号が過ぎ去り天候も回復すると思っていましたが、今度は22号が直撃しそうです。丁度土日あたりが怪しい雲行きです。参加される方は、無理のないように台風情報に注意してください。沖縄から参加予定の鶴田さん、決して無理はしないでくださいね。飛行機を使われる方、特にお気をつけください。
おかげさまで委任状も次々と集まり、過半数を大きく越えました。ありがとうこざいました。
 

一昨日病院から24時間の付添い依頼が飛び込んだ在宅看護研究センターLLP/日本在宅看護システムでは、長い入院となっている本人の思いを汲みとったご主人の自宅で最期をとの強い願いを受け、本日の退院から付き添うことにしました。

急遽の依頼ですが、残り少ない時間を我が家で過ごせるよう、スタッフ総出で支えようとしています。総会を諦めて夜勤に入る人、休日を返上して12時間の付添いに入る人、みんな管理者からの声掛けに手を上げてくれました。
痛みが強く薬の調整も必要で、ご家族それぞれの思いも微妙に異なり、メッセンジャー力が正に求められるケースです。総会に参加する人も翌日にはその方の付添いに入ります。24時間を途切れなく繋いで、本人を中心とした家族の時間を紡ぐことができるよう、皆さんも応援してください。(メッセンジャーナース事務局)

|

2017年10月20日 (金)

「医療メディエーター」の研修ではロールプレイもあり、具体的な場面のビデオ視聴もありましたが、医療訴訟に持ち込まれないために患者側の感情を害さないような対応方法を考えるやり方は、私が目指しているものではない違和感を感じました。

本当にご無沙汰いたしております。東京は60年ぶりの寒さとニュースで言っていましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。秋田も寒いとはいえ例年のこと、と白鳥の飛来に近づく冬を感じつつ冬支度を始めております。

 

前回の添付ファイルが開けなかったのですが、ホームページで総会の内容をチェックできたので、委任状が必要と気付かず、遅れてしまってすみませんでした。準備をしておられる方にはご迷惑をおかけしてしまい、大変恐縮致しております。

研修セミナーに出席するチャンスを伺いつつ、今の仕事は意外と土日に仕事が入ることや、家族の事情で計画できずにおります。現職でも様々な場面で「懸け橋」になるべく努力を続けつつ、この地にひとりでは「メッセンジャーナース」の名称を広めようにも力が足りないことを実感しています。

「医療メディエーター」についての研修が複数回あり、多くの方が受講されて、知名度の高さを感じました。患者側と医療者側の中立的な立場で対話を促進し…という役割の部分や、患者の主張の深層にある思いを傾聴によって共有するというスキルなど、メッセンジャーナースの役割に共通する部分があることを学びました。一方、

医療メディエーターは対立する紛争が発生している場面ではたらくという動機付けの部分が決定的に異なることもわかりました。医療の受け手である患者が主体的に生活する日常の場面で懸け橋としての役割を担うのは、やはりメッセンジャーナースであり、もっともっと認知度を上げたいと思いました。医療メディエーターは、院内に配置されると加算がつくそうで、そういったことも普及が促進される理由になっているのでしょう。

研修ではロールプレイもあり、具体的な場面のビデオ視聴もありましたが、医療訴訟に持ち込まれないために患者側の感情を害さないような対応方法を考えるやり方は、私が目指しているものではない違和感を感じました。

 

受け手が納得するような医療を提供するためには、メッセンジャーナースの役割は必須であり、施設ごとに配置され普及されていくためには、もっと大きな組織を動かしていく必要があるのかもしれません…と、総会で発言できればよかったのですが〜〜総会の盛況を祈念しつつ、その様子がホームページに載るのを楽しみにお待ちしております。(N 

|

2017年10月 4日 (水)

在宅看護研究センターLLPは、35年前出会った作家・遠藤周作氏の一言「ボランティアでは無理。これからはもっと必要になる」この後押しがあったから・・。今年、遠藤ボランティアグループが結成35周年を迎えられました。遠藤周作氏の提唱『心あたたかな医療(病院)』運動の一端を継承した病院ボランティアの活動は、今も続けられています。

在宅看護研究センターの歩み 在宅看護研究センターLLPの全体像「llp.pdf」をダウンロード 訪問看護ステーション・出生秘話 

2016年6月10日より、『日経メディカル』オンライン版で、メッセンジャーナースによるリレーコラム「患者と医療者のギャップ考」が始まりました。 

在宅看護研究センターは、198326から3年1ヶ月、日赤医療センター看護師有志11人で始めた訪問看護のボランティアチーム「在宅ケア保障会」が残した「心」と十数万円を引き継いで発展してきました。140920_121638_3今は亡き作家・遠藤周作氏「ボランティアでは無理。これからはもっと必要になる」の後押しを受け、訪問看護制度がない時代の1986324、赤十字出身の看護師2.5人で創設。1992には研究事業部門を任意組織とし、収益事業部門として「日本在宅看護システム社」を設立。1995年には「看護コンサルタント社」を設立。 1999年、民間でも可能になった制度枠の訪問看護を担うべく、それまで実施してきた自費の在宅看護事業に加えて、「在宅看護研究センター付属訪問看護ステーション」を設置。20069には新会社法を導入、「在宅看護研究センターLLP」を設立。 

丸30年を迎えた在宅看護研究センターは、改めてその出会いに感謝し、遠藤ボランティアの顧問として、未だ、熱いメッセージを送り続けている原山建郎さんのご許可を頂き、原山建郎のコラム欄を設けて、遠藤ボランティア『語り部通信「からだ」番記者レポートを連載。Photo_6

 

【お知らせ】

メッセンジャーナース不在の県は、青森、宮城、長野、石川、福井、山梨、滋賀、三重、和歌山、香川、徳島です。あなたもメッセンジャーナースに! 2名の方の推薦で、S認定も全国連携プロジェクトを構築中 

 

「て・あーて東松島の家」では、一緒に活動して下さるボランティアスタッフ募集中です! お問い合わせは、

「て・あーて 東松島の家」:TELFAX:0225-90-4485 または、

「一般社団法人日本て・あーて,TEARTE, 推進協会」TEL03-Mn_a4_tth1_010528

5813-7395 FAX03-5813-7396     

「看護実践の科学 9月号」(看護の科学社) [特集]メッセンジャーナースが伝える看護師の主体性

中央公論9月号(8月10日発売) 特集:対談「父・永六輔は家族に囲まれて旅立ちました」

 43回フローレンス・ナイチンゲール記章受章を機に出版された村松静子の『心と絆といのち-私の看護実践論』(看護の科学社)

 「自分の家で死にたい 死に逝く人、看取る人の幸せな終末期の考え方」(海竜社)

<関連記事>人でも多くの人が自宅で最善のケアを受けるために    http://www.csr-magazine.com/archives/repo_d/rep08_03.html

が在宅看護を阻むのか・・看護は何のためにあるのか」特集「今求められるコミュニケーションスキル」(看護の科学社 9月号 VOL39 NO.10) 婦人公論平成27年1月22日号「ルポルタージュ 時代を創る女たち 村松静子 ~開業ナースは心を聴く」 → 「20150122.pdf」をダウンロード

『開業ナースのエッセンス「暮らし」に伴走する看護のすすめ』(こころの科学:日本評論社)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »