« 在宅看護研究センターLLPは、35年前出会った作家・遠藤周作氏の一言「ボランティアでは無理。これからはもっと必要になる」この後押しがあったから・・。今年、遠藤ボランティアグループが結成35周年を迎えられました。遠藤周作氏の提唱『心あたたかな医療(病院)』運動の一端を継承した病院ボランティアの活動は、今も続けられています。 | トップページ | いよいよ明日が総会、 委任状も次々と集まり、過半数を大きく越えました。24時間の付添い依頼が飛び込み、残り少ない時間を我が家で過ごせるよう、スタッフ総出で支えたいと、急遽、参加を諦めたり、終了後、夜勤に入るナースもいます。・・・メッセンジャー力が問われています。皆さん、応援を! »

2017年10月20日 (金)

「医療メディエーター」の研修ではロールプレイもあり、具体的な場面のビデオ視聴もありましたが、医療訴訟に持ち込まれないために患者側の感情を害さないような対応方法を考えるやり方は、私が目指しているものではない違和感を感じました。

本当にご無沙汰いたしております。東京は60年ぶりの寒さとニュースで言っていましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。秋田も寒いとはいえ例年のこと、と白鳥の飛来に近づく冬を感じつつ冬支度を始めております。

 

前回の添付ファイルが開けなかったのですが、ホームページで総会の内容をチェックできたので、委任状が必要と気付かず、遅れてしまってすみませんでした。準備をしておられる方にはご迷惑をおかけしてしまい、大変恐縮致しております。

研修セミナーに出席するチャンスを伺いつつ、今の仕事は意外と土日に仕事が入ることや、家族の事情で計画できずにおります。現職でも様々な場面で「懸け橋」になるべく努力を続けつつ、この地にひとりでは「メッセンジャーナース」の名称を広めようにも力が足りないことを実感しています。

「医療メディエーター」についての研修が複数回あり、多くの方が受講されて、知名度の高さを感じました。患者側と医療者側の中立的な立場で対話を促進し…という役割の部分や、患者の主張の深層にある思いを傾聴によって共有するというスキルなど、メッセンジャーナースの役割に共通する部分があることを学びました。一方、

医療メディエーターは対立する紛争が発生している場面ではたらくという動機付けの部分が決定的に異なることもわかりました。医療の受け手である患者が主体的に生活する日常の場面で懸け橋としての役割を担うのは、やはりメッセンジャーナースであり、もっともっと認知度を上げたいと思いました。医療メディエーターは、院内に配置されると加算がつくそうで、そういったことも普及が促進される理由になっているのでしょう。

研修ではロールプレイもあり、具体的な場面のビデオ視聴もありましたが、医療訴訟に持ち込まれないために患者側の感情を害さないような対応方法を考えるやり方は、私が目指しているものではない違和感を感じました。

 

受け手が納得するような医療を提供するためには、メッセンジャーナースの役割は必須であり、施設ごとに配置され普及されていくためには、もっと大きな組織を動かしていく必要があるのかもしれません…と、総会で発言できればよかったのですが〜〜総会の盛況を祈念しつつ、その様子がホームページに載るのを楽しみにお待ちしております。(N 

|

« 在宅看護研究センターLLPは、35年前出会った作家・遠藤周作氏の一言「ボランティアでは無理。これからはもっと必要になる」この後押しがあったから・・。今年、遠藤ボランティアグループが結成35周年を迎えられました。遠藤周作氏の提唱『心あたたかな医療(病院)』運動の一端を継承した病院ボランティアの活動は、今も続けられています。 | トップページ | いよいよ明日が総会、 委任状も次々と集まり、過半数を大きく越えました。24時間の付添い依頼が飛び込み、残り少ない時間を我が家で過ごせるよう、スタッフ総出で支えたいと、急遽、参加を諦めたり、終了後、夜勤に入るナースもいます。・・・メッセンジャー力が問われています。皆さん、応援を! »

3)みんなの声 私の声」カテゴリの記事