« コラム「医師として、武士として」  Vol.91 「“呑んべい”の言い訳」(完)    安藤 武士 Andou takeshi | トップページ | 2月25日(日) 第35回日本東方医学会~健康寿命を楽しく生きる東方医学の知恵 前日24日(土)市民講座~健康寿命を楽しく生きる東方医学のヘルスケア 会長は、遠藤周作ボランティアを率いる原山達郎さん、多くの方のご参加を!  »

2018年1月15日 (月)

コラム「医師として、武士として」  Vol.92 「幼少時教育」    安藤 武士 Andou takeshi

Vol.92 2018.1.15 幼少時教育

小生と音楽? 無縁のことと思っている方が多いと思う。違うのである。終戦直後、両親は進駐軍のご婦人より家でソーシャルダンスを習っていた。まだ、蓄音機の針が「タケ」の時代である。小生は、両親の練習姿を覚えている。常に音楽が周囲に有る環境で育った。

耳に記憶に残っているのは、「マリネラ」というシャンソンである。3,4歳の頃であろう。無論、その時は、題名は分かるはずはない。長じて題名を知った。過年、有名な”銀パリ“で活躍した往年のシャンソン歌手にリクエストしたがそんなシャンソンは知らないという。「コラム」を書くにあったって調べてみた。

マリネラは、「1936年のPierre Caronが制作し、ティノ・ロッシが主演した映画『マリネラ』の主題歌。」と解説してある。1936年では小生は生まれていない。しかし、確かにあったのである。“調べ”は、体に染みこんでいる。

その頃、父親が月一度、家でレコードコンサートを催していた。近所のクラシック愛好家が集まって「通人」の解説を拝聴した後、コンサートが始まるのである。小生は、部屋の端で両膝を抱え聴いていた。バッハ、ブラームス、べート―ベン、モーツアルト、シューベルト,ショパン、良さもわからず聞いていた。しかし、シューベルトの歌曲「魔王」だけは恐怖に慄いて聞いた。これも、後で曲名を知った。このような生活が数年続いた。

 

幼稚園に通っていたころの話である。中心街に楽器専門店があった。シーウインドウに可愛いバイオリンが飾ってあった。それが欲しくてたまらなかった。誕生日に好きなものをあげると言われたので、そのバイオリンをねだった。小生はおもちゃの積りでいたが、両親は早速バイオリン教室を見つけ通わせた。冬、自分で引くバイオリンの“ギーギー音”で寒くなり炬燵で引いていた。10歳で親の仕事の都合で上京したが、それをきっかけにバイオリンはやめた。

 上京してからは、家が繁華街にも近かったため「流行歌」が常にあった。何時も、「何か」の音につつまれていた。

中学から大学を卒業するまでは、運動漬けで当時の音楽は知らない。医師になってからも病院と密着して生活をしていたので世間知らずであったが、会費要員として「カラオケ」に頻回に連れていかれ、それなりの歌手と流行歌を知る機会はあった。

1980年、米国胸部外科学会に参加するためアメリカに行ったが、ボストンで若き日の小沢征爾氏のドヴォルザークの「新世界」を聴く機会があった。現在、老成した征爾氏の指揮から生まれる音楽は別人が指揮を執っているようである。柔らかい。

そんな環境の中、ある音楽大学の教師と知り合い、以後、月に一度、クラシック音楽の切符を頂くようになった。ストビンスキーのような現代音楽は落ち着かなく聞いていたが、クラシック音楽になると心穏やかにひと時を過ごせた。何年続いただろうか。

勤務先の研究室にもラジカセを置き、何時もクラシック音楽を流していた。小生が好きなのはピアノ協奏曲である。ラフマニノフ、グリーク、ショパン、ベートーベン、サンサーンス、シューマン等々、何時も流していた。心が安らぐ。これは、幼少時の影響と思った。その後、音楽を聴く環境もなくなったので音楽とは疎遠になった。

 

幼少時の体験は体が覚えているので、幼児教育は将来を決めると言われいる。

 今、小生が口ずさむのは「美空ひばり」の歌でばかりである。(完) 

|

« コラム「医師として、武士として」  Vol.91 「“呑んべい”の言い訳」(完)    安藤 武士 Andou takeshi | トップページ | 2月25日(日) 第35回日本東方医学会~健康寿命を楽しく生きる東方医学の知恵 前日24日(土)市民講座~健康寿命を楽しく生きる東方医学のヘルスケア 会長は、遠藤周作ボランティアを率いる原山達郎さん、多くの方のご参加を!  »

e)コラム」カテゴリの記事