« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月29日 (日)

『暮らしの映像社』の新しいホームページ上に、「わたしはメッセンジャーナース」

暮らしの映像社 といえば、あの社長の心が浮かびます。出会って繋がって紡がれるって、お互いの心が引き合わなければ・・・。出会いって、不思議なものです。

<17.7  トピックスで紹介しました>

「ビデオのメッセンジャーになりたい」暮らしの映像社の鈴木浩社長の心が嬉しくて・・メッセンジャーナースたちの素敵な姿がDVD「わたしはメッセンジャーナース」に。その裏話が少しずつ明らかに その①~⑤

詳細は⇒ こちら

|

看護ネット・ラーニング、5月1日から始まります。 今回は、4月28日、締め切られました

*メッセンジャーナースとしての認定をご希望の方へ

こころガーデニングⅠに続いてⅡを受けることで、メッセンジャーナース研鑽セミナーの3回分を受講したこととします。認定はAES認定の3種、さらにSAAS認定に分かれています。通常はA認定を取得することになりますので、希望される方は、東京・岡山で開催のⅠ~Ⅵのいずれかのセミナーを、受講時期・期間を問わず、さらに36コマ受講する必要があります。S認定を希望の方は、推薦者2人以上がいることに加え、認定取得前後いずれかに12コマ受講すること。E認定を希望の方は、12コマ以上受講後、または看護ネット・ラーニングのⅠ・Ⅱを受講後、メッセンジャーナース認定協会指定の場(東京都)で、医師を含む3人以上の審査面接を受けことが条件となります。

5月開講の要綱は⇒ 「41.pdf」をダウンロード

参加申し込み:お名前、連絡先を明記の上、看護ネット・ラーニング研究会( 幹事;瀬川護、med_miwa@nifty.com )までメールをお送りください。お問い合わせもこちらです。お気軽にご連絡ください。

|

2018年4月17日 (火)

少人数制のメッセンジャーナース研鑽セミナー、Ⅲ「受けたい医療 心の葛藤はなぜ起こる?」は5月12・13日(東京)。Ⅰ~Ⅵ、どの回からでも参加可能。 Ⅴ「医療の現場 メッセンジャーナースの出番です」 は5月26・27日(岡山)で開催

|

2018年4月13日 (金)

在宅看護研究センターLLPは、動き出したメッセンジャーナース・34都道府県115名の連携プロジェクトをサポート。『日経メディカル』オンライン版内・リレーコラム「患者と医療者のギャップ考」。『心と絆といのち-私の看護実践論』(看護の科学社) の朗読バトンリレーはメッセンジャーナース認定協会Facebook。研鑽セミナーは、東京と岡山で開催中。看護ネット・ラーニング、5月1日より再開

在宅看護研究センターの歩み 在宅看護研究センターLLPの全体像「llp.pdf」をダウンロード 訪問看護ステーション・出生秘話 

   <看護ネット・ラーニング、5月1日より再開~メッセンジャーナースをめざす人のために>  ↓クリック

_000001_2
5月開講の看護ネット・ラーニングの要綱は☞ 「4-1youkou.pdf」をダウンロード
参加申し込み:お名前、連絡先を明記の上、看護ネット・ラーニング研究会(幹事;瀬川護、med_miwa@nifty.com)までメールをお送りください。お問い合わせもこちらです。お気軽にご連絡ください。
2016年6月10日より、『日経メディカル』オンライン版で、メッセンジャーナースによるリレーコラム「患者と医療者のギャップ考」が始まりました。

2018年1月より、『心と絆といのち-私の看護実践論』(看護の科学社) の朗読バトンリレーが、メッセンジャーナースたちによって開始されました。メッセンジャーナース認定協会Facebookで聴くことができます。

在宅看護研究センターは、198326から3年1ヶ月、日赤医療センター看護師有志11人で始めた訪問看護のボランティアチーム「在宅ケア保障会」が残した「心」と十数万円を引き継いで発展してきました。140920_121638_3今は亡き作家・遠藤周作氏「ボランティアでは無理。これからはもっと必要になる」の後押しを受け、訪問看護制度がない時代の1986324、赤十字出身の看護師2.5人で創設。1992には研究事業部門を任意組織とし、収益事業部門として「日本在宅看護システム社」を設立。1995年には「看護コンサルタント社」を設立。 1999年、民間でも可能になった制度枠の訪問看護を担うべく、それまで実施してきた自費の在宅看護事業に加えて、「在宅看護研究センター付属訪問看護ステーション」を設置。20069には新会社法を導入、「在宅看護研究センターLLP」を設立。 

丸30年を迎えた在宅看護研究センターは、改めてその出会いに感謝し、遠藤ボランティアの顧問として、未だ、熱いメッセージを送り続けている原山建郎さんのご許可を頂き、原山建郎のコラム欄を設けて、遠藤ボランティア『語り部通信「からだ」番記者レポートを連載。Photo_6

 

【お知らせ】

メッセンジャーナース不在の県は、青森、宮城、石川、福井、山梨、滋賀、三重、和歌山、香川、徳島です。あなたもメッセンジャーナースに! 2名の方の推薦で、S認定も全国連携プロジェクトを構築中 

第18回メッセンジャーナース研鑽セミナーのご案内「18.doc」をダウンロード

Mn_a4_tth1_010528

「看護実践の科学 9月号」(看護の科学社) [特集]メッセンジャーナースが伝える看護師の主体性

中央公論9月号(8月10日発売) 特集:対談「父・永六輔は家族に囲まれて旅立ちました」

_20171228_5
43回フローレンス・ナイチンゲール記章受章を機に出版された村松静子の『心と絆といのち-私の看護実践論』(看護の科学社) メッセンジャーナース認定協会Facebookで朗読バトンリレーを聴くことができます。

「家族を家で看取る本」(主婦の友社) :村松静子の監修です。

「自分の家で死にたい 死に逝く人、看取る人の幸せな終末期の考え方」(海竜社) 

<関連記事>人でも多くの人が自宅で最善のケアを受けるために    http://www.csr-magazine.com/archives/repo_d/rep08_03.html

が在宅看護を阻むのか・・看護は何のためにあるのか」特集「今求められるコミュニケーションスキル」(看護の科学社 9月号 VOL39 NO.10)  婦人公論平成27年1月22日号「ルポルタージュ 時代を創る女たち 村松静子 ~開業ナースは心を聴く」 → 「20150122.pdf」をダウンロード  『開業ナースのエッセンス「暮らし」に伴走する看護のすすめ』(こころの科学:日本評論社)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »