« 各地のメッセンジャーナースが独自に活動しながら連携プロジェクトとして動く。病院―施設―在宅と看護師同士の連携もよりスムーズに・・・医療の担い手と受け手の懸け橋に留まらず、地域づくりや教育の向上にも繋がっています。(メッセンジャーナース認定協会) | トップページ | 【市民講座のご案内】「あなたは、今日をどう生きますか?」“もしもの時”に、自分はどんな治療を受けたいか?自分が大切にしていることを語れますか? 11月3日(土)13時半~姫路赤十字病院管理棟5階大会議室 参加費無料 ←(メッセンジャーナース兵庫) »

2018年7月22日 (日)

【続報】「下着の替えはありますか?」いろいろな人が視察にくるけど、そんなことは聞いてはくれない。替えがない状態を我慢して過ごしている。必死で周りの人を護っている『NPOそーる』へ支援策の検討のために、様々な団体からの電話・訪問が絶えず、代表者自らも生活破綻しており葛藤・・・。←(岡山のメッセンジャーナース)

皆様から送っていただいた物資は「そーる」の片岡さんにとどけさせていただきました。

昨日は真備入りし、被災した「そーる」の事務所とその近くの熊野神社という自主避難所になっているところ、被災しながらも自宅ですごしている利用者さん宅に一緒に行かせてもらいました。

 

事務所は使用できる状態ではなく、近隣も全て壊滅的状態ながら、暑さの中で皆さん必死に片づけをされていました。皆さん、様々な情報交換をされており、頑張るよ!とお互いを励まし合っており、住民の皆さんとの近さを感じました。

 

また熊野神社では、日中であったこともあり、皆さん神社のある山を下りて自宅を片づけているようで、多くの方はおられませんでしたが、ご高齢の女性と話をさせてもらいました。片岡さんが、「下着の替えはありますか?」と聞くと、「もう~、あんたそんなことに気づいてくれるん」と喜び、色々な人が視察にくるけど、そんなことは聞いてはくれない。替えがない状態を我慢して過ごしていることを話され、現場の声がわかる人が、上に立った方がいいと、多弁に話をされました。少し前よりは、自主避難所にも物資がとどくようにはなったようですが、なかなか公的な避難所とは状況は違う様子がよくわかりました。

 

下着等のデリケートな物資はやはり不足しがちの様です。

 

片岡さんの避難している場所に、様々な人から支援物資が届いているようですが、災害から2週間で疲労も蓄積し、なかなか整理もできない状態になっており、うれしい思いと、せっかく集まったものを避難所等に避難できない家で過ごしている人に届けたいと、本日も奮闘されていました。

その流れで、一緒に利用者さん宅に訪問をさせてもらいました。

高齢のお二人暮らしですが、息子さんも片付けの手伝いにきておられましたが、片づけをしているご家族の方の熱中症症状にも気を配られており、家全体の健康を護る視点で、大きな安心を届けている様子がみてとれました。

 

一方、まだ主要地域と違い、今やっと色々な支援が入りだした地域だと実感するできごともあり、必死で周りの人を護っている彼女のところには支援策の検討のために、様々な団体からの電話・訪問が絶えない状態です。「私はこの地域の人のことを護りたいだけなのに、何でみんな私にあれこれ言うの!この状況を見ればわかるでしょう!生活が破綻しているの!自分たちがしたい支援をするための情報を求めて、私に何かしてほしいなんてことはやめてほしい」と話されました。

地域・住民の心の声に寄り添い、そのことを発信している彼女の心の声に触れ、相手の真に求めていることを支えることができる人でありたいと改めて感じています。

まさに今被災地でメッセンジャーナースの視点は重要だと感じます。

福島のメッセンジャーナース・草野さんからの助言がとても、私の支えにもなっています。(晴・赤瀬佳代)

|

« 各地のメッセンジャーナースが独自に活動しながら連携プロジェクトとして動く。病院―施設―在宅と看護師同士の連携もよりスムーズに・・・医療の担い手と受け手の懸け橋に留まらず、地域づくりや教育の向上にも繋がっています。(メッセンジャーナース認定協会) | トップページ | 【市民講座のご案内】「あなたは、今日をどう生きますか?」“もしもの時”に、自分はどんな治療を受けたいか?自分が大切にしていることを語れますか? 11月3日(土)13時半~姫路赤十字病院管理棟5階大会議室 参加費無料 ←(メッセンジャーナース兵庫) »

8)ニュース」カテゴリの記事