« 【続報】メッセンジャーナースからの義援金問い合わせについて 「そーる訪問看護ステーション」のホームページで寄付に関する案内「いぐすべ南三陸」の寄付口座があります。物資は、岡山近郊の方、訪問看護活動を再開できるような物なんでもOK。←(岡山のメッセンジャーナース) | トップページ | 【続報】「下着の替えはありますか?」いろいろな人が視察にくるけど、そんなことは聞いてはくれない。替えがない状態を我慢して過ごしている。必死で周りの人を護っている『NPOそーる』へ支援策の検討のために、様々な団体からの電話・訪問が絶えず、代表者自らも生活破綻しており葛藤・・・。←(岡山のメッセンジャーナース) »

2018年7月19日 (木)

各地のメッセンジャーナースが独自に活動しながら連携プロジェクトとして動く。病院―施設―在宅と看護師同士の連携もよりスムーズに・・・医療の担い手と受け手の懸け橋に留まらず、地域づくりや教育の向上にも繋がっています。(メッセンジャーナース認定協会)

リーの立場で、主体的医療を支える看護独自の機能を発揮しようというメッセンジャーナース、また大学学長・教授・副院長・看護部長・看護師長・施設長・在宅事業経営者等の肩書を持ちながらのメッセンジャーナース、看護の本来あるべき姿を追い、看護の自律という同じ方向に向かっています。さらに、それぞれのもつ得意分野(認知症、癌、化学療法、緩和ケア、フットケア、リンパマッサージ、感染症、床ずれ等)の知識を互いに共有できるシステムづくりをめざしているのがメッセンジャーナースです。

187_3

介護離職の危機、メッセンジャーナースによるアドバイスやサービスによって仕事の継続が可能になると考えられます。

|

« 【続報】メッセンジャーナースからの義援金問い合わせについて 「そーる訪問看護ステーション」のホームページで寄付に関する案内「いぐすべ南三陸」の寄付口座があります。物資は、岡山近郊の方、訪問看護活動を再開できるような物なんでもOK。←(岡山のメッセンジャーナース) | トップページ | 【続報】「下着の替えはありますか?」いろいろな人が視察にくるけど、そんなことは聞いてはくれない。替えがない状態を我慢して過ごしている。必死で周りの人を護っている『NPOそーる』へ支援策の検討のために、様々な団体からの電話・訪問が絶えず、代表者自らも生活破綻しており葛藤・・・。←(岡山のメッセンジャーナース) »

7)今月のひとこと」カテゴリの記事