« メッセンジャーナースのメッセンジャー力と「フット・プラネタリウム」のコラボレーション、メンタルヘルス向上をめざす試行センターの設置構想が本格的に。疲労を和らげ、介護離職や介護の悩みにも対応。各地域に1か所はほしい。そんな思いを、在宅看護研究センターLLPは、研修プランを作成して後押ししていきます。 | トップページ | 第84回 円覚寺夏期講座(6月1日ー6月4日)のお知らせが届きました。このたびは、在宅看護研究センター代表の村松静子も語らせていただきます。・・「自主逝」の心~自分の最期は自分が決める »

2019年4月19日 (金)

【ラジオ第二放送:初回放送:2018年2月25日】宗教の時間・アンコール「最期のときの思いをつなぐ」再放送1回目:4月21日(日)午前8:30~9:00、再放送2回目:4月28日(日)午後6:30~7:00です。

NHKホームページより☞「村松静子さんは、訪問看護制度がまだなかった昭和61年、勤めていた病院を辞め、自宅で最期を迎えたい人のために在宅看護研究センターを設立。訪問看護師のパイオニアとして活動を続けてきた。これまでに最期を看取った人は3000人以上にのぼる。幸せな死とはどんな死なのか。半世紀にわたる経験からさまざまなケースをご紹介いただき、その人らしく最期を迎える知恵についてお聞きする。」 在宅看護研究センター代表…村松静子

|

« メッセンジャーナースのメッセンジャー力と「フット・プラネタリウム」のコラボレーション、メンタルヘルス向上をめざす試行センターの設置構想が本格的に。疲労を和らげ、介護離職や介護の悩みにも対応。各地域に1か所はほしい。そんな思いを、在宅看護研究センターLLPは、研修プランを作成して後押ししていきます。 | トップページ | 第84回 円覚寺夏期講座(6月1日ー6月4日)のお知らせが届きました。このたびは、在宅看護研究センター代表の村松静子も語らせていただきます。・・「自主逝」の心~自分の最期は自分が決める »

8)ニュース」カテゴリの記事