« NHKEテレこころの時代のアンコール放送は9月7日午後1時からです【メッセンジャーナース通信 2019.09.05 No.141】今、医療者と患者の懸け橋になるメッセンジャーナースが求められています。支援の一環として、メールマガジン「メッセンジャーナース通信」を発行しています. | トップページ | 在宅看護研究センターLLPは、昭和から平成、そして令和へ。青森県にメッセンジャーナースが誕生、滋賀県からも手が・・不在県は、7県に。伝えよう“メッセンジャーナースの活動”を!「自主逝の心」を高めよう!自分らしを失わず、生き抜こう! »

2019年9月14日 (土)

【蘇り】「開業ナース集団の活動があったから」 私が、在宅看護研究センターの活動を知ったのは、「元婦長ら4人でセンター設立」の新聞記事を読み、センターが企画するセミナーに参加したのがきっかけでした。(細井恵子)

詳細は☞ こちら
Ⅰ なぜ、訪問看護をボランティアで・・・ 
Ⅱ 何もない。自分達で作るしかなかった。~ナース手作りの会社の誕生~
Ⅲ 活動を続けるための苦悩と決断 シルバー産業の嵐の中で・・・
Ⅳ ジャーナリストからいただいた「開業ナース」の命名  
Ⅴ 開業ナース 村松静子
Ⅵ 村松静子を支えた3人の男たち

 

|

« NHKEテレこころの時代のアンコール放送は9月7日午後1時からです【メッセンジャーナース通信 2019.09.05 No.141】今、医療者と患者の懸け橋になるメッセンジャーナースが求められています。支援の一環として、メールマガジン「メッセンジャーナース通信」を発行しています. | トップページ | 在宅看護研究センターLLPは、昭和から平成、そして令和へ。青森県にメッセンジャーナースが誕生、滋賀県からも手が・・不在県は、7県に。伝えよう“メッセンジャーナースの活動”を!「自主逝の心」を高めよう!自分らしを失わず、生き抜こう! »