« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月20日 (木)

在宅看護研究センターおおさかの演習室に、フット・プラネタリウムが設置されました。おおさか代表でメッセンジャーナースの中村さんの構想は大きく拡がっています。まもなく35周年を迎える在宅看護研究センターは、また新たな動きに・・。

200219_135402200219_073654 200219_113639 200219_125045200219_135154 

|

2020年2月12日 (水)

【健康ジャーナリスト・原山建郎のコラム】 中村哲医師、〈いのち〉のことばー100の診療所より1本の用水路。日本のカルカッタがあるはず! マザー・テレサ〈いのち〉のことば 連載「つたえること・つたわるもの」77-③

連載「つたえること・つたわるもの」77-③ 2020.2.12 (ゴム連載 NEXT「つたえること・つたわるもの」80より)

たとえば、国連WFP(食糧計画)は、アフリカの飢餓を救うために航空機による援助物資(食糧)の空中投下を行っている。これには地上でのアクセス(食糧輸送)が困難という理由もある。しかし、これはあくまでもひとつの譬えだが、食糧が投下された所にひとつの村ができ、その食糧を食べつくすころに、次の食糧投下地点に村ごと移動する。そして……という際限のない繰り返しからは、本質的なレベルでの「飢餓からの救済」は見えてこない。アフリカの人びとが自らの手で農地を耕し、家族の〈いのち〉をつなぐ日々の食糧を得るためには、中村さんがアフガニスタンの人びととともに汗を流して井戸を掘り、灌漑用の用水路を建設することを通じて、人々の〈いのち〉を支援する「一隅を照らす」ような支援が求められている。
また、たとえばユニセフ(国連児童基金)のホームページには、「あなたのご支援でできること」として、寄付金の金額別支援内容が示されている。
☆3000円のご支援が重度の栄養不良に陥った子どもを回復させる治療ミルク236杯に変わります。/☆5000円のご支援が、3つの感染症(破傷風、百日咳、ジフテリア)の混合ワクチン448回分に変わります。(中略)/☆50000円のご支援で、予防接種や母乳育児の大切さなど、命の守り方を広める地域保健員50人を養成できます。

もちろん、このようなユニセフの支援活動による、世界の飢餓に苦しむ子どもたちへの寄付は重要な活動である。しかし、2008年の国会(外交防衛委員会)に参考人として招致された中村さん(ペシャワール会現地代表)の発言は、もっと深い〈いのち〉のことば、である。
○参考人(中村哲君) 衣食足って礼節を知るといいますけれども、まずみんなが食えることが大切だということで、私たちはこのことを、水それから食物の自給こそアフガニスタンの生命を握る問題だということで、過去、ペシャワール会は干ばつ対策に全力取り組んできました。私たちは医療団体ではありますけれども、医療をしていてこれは非常にむなしい。水と清潔な飲料水と十分な食べ物さえあれば恐らく八割、九割の人は命を落とさずに済んだという苦い体験から、医療団体でありながら干ばつ対策に取り組んでおります。

また、民主党所属の参議院議員、犬塚直史氏の「アフガニスタンにおけるPRT=地方復興チームの活動」に関する質問に対して、中村医師はこう答えている。
○犬塚直史君 そうした困難な状況の中、二十五年余にわたって、まさに現地化というよりも土着化して、これは中村先生がおっしゃったことですが、土着化して頑張っている活動に心から敬意を表したいと思います。
その上で、私は最近、現地でヨーロッパのPRT(※Provincial Reconstruction Team:地方復興チーム=大規模な戦闘終結後の治安の悪い地域での復興を助けるための国外勢力による組織)と民軍が一緒になっている活動の実態を聞き取り調査をした際に、何が何でも応援はするが、モスクだけは再建することはできないというようなお話があったのが非常に印象に残りました。
そこで、中村医師の報告の中で、「誤解される「マドラサ」」と、マドラサ(イスラム世界の高等教育機関で、モスクと併設されることが多い)というのはイスラム神学校と訳されているわけですけれども、これについての御報告がありました。ちょっと引用させていただきます。マドラサは通常イスラム神学校と訳され、タリバーンの温床として理解されているが、実態は少し違います。マドラサは地域共同体の中心と言えるもので、これなしにイスラム社会は成り立ちません。イスラム僧を育成するだけではなく、図書館や寮を備え、恵まれない孤児や貧困家庭の子供に教育の機会を与えると。そのマドラサを水路と一緒に再建の協力をさせたという、その体験を少しお話しいただけますか。
○参考人(中村哲君) まず、PRTについて言いますと、ほかの地域は知りませんけれども、ジャララバード(アフガニスタン東部ナンガルハル州の州都)を中心に、東部、南部、北部で、北部というか北東部で行われておるPRTの実態というのは、実は軍事活動の一環としてとらえてまず間違いない。
例えば医療関係でいいますと、突然米軍の装甲車がやってきて薬を配らせてくれと言う、診療所で。で、とんでもない、なめちゃいけないよ、我々は医者だぞ、正しい診断なしに兵隊が薬を配れるかと言って私たちは断りましたけれども、ほかのNGOはそうはいかない。反対するとやられるかもしれないという恐れでもってそれを受け入れる。副作用も分からない、何も分からないということで、薬をばらまいて一日で過ぎ去ってしまう。これはごく一例でありますけれども、明らかにこれはPRTの、いいPRTもあるんでしょうけれども、私が目撃したPRTというのは、ほぼ米軍の活動を円滑にするための宣撫活動に本質的に近いものだというふうに考えて間違いないと思います。
だから、私たちがヘリコプター、米軍から襲撃を受けたときも、PRTと密接な関係を持ってというふうに言いましたけれども、PRTと接触すること自体が危険を招くということで、一切ペシャワール会としてはPRTとの接触を断っております。もちろん敵対するつもりはありませんけれども、巻き込まれるつもりもありません。
(参議院会議録情報 第170回国会 外交防衛委員会第4号)

キリスト教(プロテスタント)作家の三浦綾子さんが、『道ありき』(主婦の友社、1989年)に残した、〈いのち〉のことば。

ほんとうに人を愛するということは、
その人が一人でいても、生きていけるようにしてあげることだ。

☆上医は国をいやす
西暦454年から473年にかけて書かれた、中国の陳延之の著書『小品方』に「上医医国、中医医民、下医医病(上医は国をいやし、中医は民をいやし、下医は病をいやす)」と書かれている。
この言葉は、もともと中国春秋時代を扱った歴史書『国語』晋語八の「上医医国、其次医人」に由来するもので、この「上医は国を医す」という言葉は、すぐれた医者は、国の疾病である戦乱や弊風などを救うのが仕事であって、個人の病気を治すのはその次である、というほどの意味らしい。

しかし、中村哲医師が今回、アフガニスタン東部で行った「井戸の掘削、用水路の延伸、取水堰の設置」という〈医療〉行為は、中医(民をいやす)のレベルをはるかに超えて、上医(国をいやす)に価するレベルの〈医療〉ムーブメントであったのではないだろうか。

|

2020年2月 6日 (木)

【健康ジャーナリスト・原山建郎のコラム】 中村哲医師、〈いのち〉のことばー100の診療所より1本の用水路。 日本のカルカッタがあるはず! マザー・テレサ〈いのち〉のことば 連載「つたえること・つたわるもの」77-②

連載「つたえること・つたわるもの」77-② 2020.2.6 (ゴム連載 NEXT「つたえること・つたわるもの」80より)

中村さんの訃報が届いた翌12月5日、講談社の漫画配信アプリウェブサービス『コミックDAYS』のサイトで、『アフガニスタンで起こったこと~不屈の医師 中村哲物語~ 前編』(作者は三枝義浩、2003年)が公開されていた。https://comic-days.com/blog/entry/2019/12/05/175700にアクセスすると、誰でも63ページにおよぶ、詳しいストーリーが描かれた「中村哲物語」を無料で閲覧することができる。

これまで、中村さんはアフガニスタンでの用水路建設の合間を縫って、アフガニスタン支援を伝えるため、日本に度々里帰りしている。ことし9月には、沖縄県那覇市にある沖縄キリスト教平和総合研究所の開設10周年記念講演会で「アフガンに命の水を」と題する講演を行い、「薬では渇きや飢えは癒せない。必要なのは清潔な水だ。100の診療所より1本の用水路を!」と訴え、現地の人たちとともに1600本の井戸を掘り、全長約27kmの農業用水路と9ヶ所の取水堰の建設を成し遂げたことを報告している。
中村さんは中学時代に浸礼(バプテスマ)を受けたキリスト教徒(プロテスタント)だが、イスラム教国であるアフガニスタンでは「カカ・ムラド(ナカムラのおじさん)」と親しまれ、尊敬されていた。ご遺体が日本に帰国する日、同国のガニ大統領が先頭に立って、アフガニスタン国旗がかけられた棺を担ぐ姿がテレビで放映された。

中村さんは座右の銘である「照一隅(※一隅を照らす)」を著書にサインする。これは、比叡山を開いた天台宗の伝教大師・最澄が『天台法華三家学生式(てんだいほっけさんげがくしょうしき)』に書いた「国宝とは何物ぞ。宝とは道心(仏道を求める心)なり。道心ある人を名付けて国宝と為す。故に古人言ふ、径寸(金銀財宝)十枚、是れ国宝に非ず。一隅(ほんの片隅)を照らす、此れ則ち国宝なり」にある言葉である。
アフガニスタンという地球の「一隅」で、現地の人びとと手を携えて、1600本の井戸を掘り、全長約27kmの用水路を通し、9本の灌漑用の取水堰を設置し、砂漠化しつつあった1万6500ヘクタールの土地を潤し、その農地を耕して日々の食料を確保することを通じて、人びとの「いのち」を守り・育ててきた中村さんの30数年にわたる地道な活動を思うとき、日本とアフガニスタンの国境という垣根を越え、キリスト教とイスラム教という宗教の違いを超え、日本的仏教の素養も兼ね備えたひとりの日本人を、私たちは誇りに思う。

|

2020年2月 5日 (水)

「おめでとう 原田さん!」【メッセンジャーナース通信 2020.02.05 No.147】 医療者と患者の懸け橋になるメッセンジャーナースが繋がって各地で活動中。支援の一環として、メールマガジン「メッセンジャーナース通信」を発行しています.

メッセンジャーナース認定協会は、「メッセンジャーナース」の称号取得・登録・活動を支援する民間団体です。
メールマガジンのご登録はこちらからどうぞ ⇒ http://www.mag2.com/m/0001196132.html

 

本年初のメッセンジャー通信はNo.147号となりました。第9回メッセンジャーナースの会・総会は神奈川県に決定しました。
今号は、山口県の原田典子さんが読売新聞社主催の医療功労賞を受賞した慶びや「ナースが見つける古き良き日本の心と絆といのち」第三弾は in 北海道、第8回総会会長を務めた石川ひろみさんの活動地・紋別に決定し、募集開始をしたこと、メッセンジャーナース所属組織の活動のほかセミナーや看護ネット・ラーニングの募集等々のお知らせが盛りだくさんです。
☆フェイスブックでも情報を発信しています。https://www.facebook.com/nursejapanNET/?ref=bookmarks
◆ 「メッセンジャーナースたちによる「心と絆といのち」朗読バトンリレー、次々にアップされています。ぜひお聞きください。https://www.facebook.com/pg/nursejapanNET/videos/
─────────────────────────────
□ 一般社団法人よりどころ〔メッセンジャーナース認定協会〕
当協会における「プライバシーポリシー」について
* 当協会が個人情報を共有する際には、適正かつ公正な手段によって個人情報
を取得し、利用目的を「事例」に特定し、明確化しています。
*個人情報を認定協会の関係者間で共同利用する場合には、個人情報の適正な
利用を実現するための監督を行います。
*掲載事例の無断転載を禁じます。
─────────────────────────────
〒169-0073
東京都新宿区百人町1-17-10 STビル2F 
看護コンサルタント株式会社内
Tel03-5386-2427 Fax03-3310-7899
認定・審査 m-nintei@e-nurse.ne.jp
応援団   messenger.ns@e-nurse.ne.jp

 

|

2020年2月 3日 (月)

山口県の『コミュニティプレイス生きいき』率いるメッセンジャーナースの原田典子さんがこのたび読売新聞社主催の医療功労賞を受賞したとのお知らせが入りました。「おめでとう、原田さん! 嬉しいでーす💖」

地域住民が健康で安心して暮らせるようにと地域医療に貢献、未だ存在していなかった形の施設を設立し、真っ向から取り組んできた開業ナースの原田さんのこれまで、そして現在、これからの活動が高く評価されたものと確信します。
「いつも笑顔の原田さん、おめでとう💖」

|

2月最初の日、我が社恒例の新春シンポジウムが開催されました。今回のテーマは、「オリンピック・パラリンピック後の日本、そして令和の自分像」でした。普段中々聞けないそれぞれの考えを聞けるので、とても有意義な半日です。

スタッフ全員が集まり、担当者の企画したテーマに基づき、持ち時間6分の中で自分の考えを述べ合います。
Img_5423 Img_5422

今回のテーマは、「オリンピック・パラリンピック後の日本、そして令和の自分像」でした。普段中々聞けないそれぞれの考えを聞けるので、とても有意義な半日です。自分自身の傾向も見えて自分を見つめる良い機会にもなります。さあ、今年一年また頑張ろう!

 

 

|

2020年2月 2日 (日)

【健康ジャーナリスト・原山建郎のコラム】 中村哲医師、〈いのち〉のことばー100の診療所より1本の用水路。 日本のカルカッタがあるはず! マザー・テレサ〈いのち〉のことば 連載「つたえること・つたわるもの」77-①

連載「つたえること・つたわるもの」77-① 2020.2.1 (ゴム連載 NEXT「つたえること・つたわるもの」80より)

去る12月4日、パキスタン北西部と国境を接するアフガニスタン東部のナンガラハル州を車で移動中、何者かに銃撃されて死亡した日本人医師、ペシャワール会現地代表でPMS(ピース・ジャパン・メディカル・サービス)総院長を務めていた中村哲さん(73歳)のニュースが一斉に報じられた。
1984年、パキスタン北西部のペシャワール・ミッション病院に赴任した中村さんは、自らハンセン病棟の担当を申し出る。州都ペシャワールにはたくさんの内科や外科の医師がいたが、ハンセン病担当医はわずか3名のみ。のちにペシャワール会(中村医師のパキスタンでの医療活動を支援する目的で結成された国際NGO・NPO団体)の「誰も行きたがらない所へ行け。誰もやりたがらないことを為せ」という合言葉(基本方針)となる行動の第一歩だった。当時、パキスタン全土に約2万人のハンセン病患者がいて、16床しかないこの病棟にも2400人の患者が押し寄せた。翌1985年、四畳ほどの手術室を造ったが、停電することが多く、懐中電灯を頼りに診療を行った。医療器具の消毒・洗浄だけでなく、患者の搬送も自分の背中に担いで行った。あまりの激務を見かねて自発的に手伝いを申し出たのは、ハンセン病の患者たちだったという。
1986年からは、医師がいないアフガニスタン東部の山岳地帯で、パキスタンだけでなくアフガニスタンの人たちへの医療支援活動を開始した。ところが、2000年にアフガニスタン全土を襲った大旱魃、2001年に起こったNY同時多発テロに対するアメリカと有志連合が行ったアフガニスタン報復攻撃、それらによって引き起こされた深刻な食糧難と水不足、極度に悪化した衛生状態……。診療所には長蛇の列。診察の順番を待つ間に亡くなる人もいる。そこで、中村さんは白衣を脱ぎ、ツルハシを手にして、ブルドーザーの操縦桿も握る、大地の医者となった。
16年前、『週刊現代』のインタビューに答えて、その後の支援活動を次のように述べている。(※)は筆者注。

ソ連軍が撤退した1989年以降、欧米諸国からの支援が爆発的に増え、NGOが大挙してアフガンにやってきました。しかし、その多くが失敗に終わりました。彼らは現地の事情を理解せず、ただカネと食糧をばらまいていくだけ。せっかく集めた寄付も彼らの組織維持(※NGO職員の給与、事務所経費、パブリシティ費用などの必要経費)のために消えていく。そんな光景を数多く見てきました。結果、現地には何も根付かない。偽善以外の何物でもありません。
タリバン政権(※1996年~2001年11月ごろまで、イスラム主義組織のタリバンがアフガニスタン国土の大部分を実効支配していた)が崩壊した直後、200万人いた難民は一時、30万人にまで減りました。ところが今年(※2003年)の2月に発表された数字では、再び180万人にまで増えている。一度パキスタンから帰郷した難民が生活できず、難民キャンプに戻ってきてしまったんです。
故郷に帰っても、畑は干ばつで枯れてしまっている。それどころか、その日の飲み水にも事欠く状態です。仕方なく泥水を飲む。それが原因で病気にかかり、死んでいくのです。難民問題が一向に解決しない現実を前に、私たちは考えました。病気を治すのも大切だが、なによりもまず、水の確保こそが重要だと。医療活動に加えて、利水事業が始まったのです。
井戸を掘り、地下水路を整備する。砂漠化が進んでいた土地が、半年足らずで緑の大地に蘇るのです。故郷を捨てた難民たちが再び帰ってきました。井戸掘りの活動を始めてから3年がたち、完成した井戸は1000ヵ所を越えました。救った集落の数は60を超えています。今は用水路の建設に取り組んでいます。長さ16km、幅5mと大規模なもので、これが完成すれば十数万人が自給自足の生活を送れるだけの耕地が蘇ります。この工事の予算は2億円。現地の人間を使い、土地に伝わる伝統的な工法を行う。日本のODAに比べて10分の1、100分の1の金額でやれるんです。
(『週刊現代』2003年9月6日号)

2001年には、アフガニスタン各地で米軍による大規模な9・11(NY同時多発テロ)報復爆撃が頻繁にあり、用水路建設のために岩盤を工業用ダイナマイトで爆破する音が米軍ヘリへの攻撃とみなされ、上空の戦闘機から機銃掃射を受けたこともあったという。なぜ、そこまでしてパキスタンやアフガニスタンの人たちのために、日本人医師である中村さんが自らの身命を賭して、日々の診療活動の枠内にとどまることなく、用水路建設を手がけることを決意したのか。中村さんの死を報じた新聞記事の中から、いくつか選んだ〈いのち〉のことば、を紹介する。

☆みんなが泣いたり困ったりしているのを見れば、誰だって「どうしたんですか」って言いたくなる。そういう人情に近いもんです。
☆ちょっと悪いことをした人がいても、それを罰しては駄目。それを見逃して、信じる、罰する以外の解決方法があると考え抜いて、諦めないことが大切。決めつけない「素直な心」を持とう。
☆道路も通信網も、学校も女性の権利拡大も、大切な支援でしょう。でもその前に、まずは食うことです。彼らの唯一にして最大の望みは「故郷で家族と毎日、三度のメシを食べる」ことです。(※アフガニスタンでは)国民の8割が農民です。農業が復活すれば外国軍や武装勢力に兵士として雇われる必要もなく、平和が戻る。「衣食足りて礼節を知る」です。
☆自分のしていることは平和運動ではない。農業ができて家族が食べていければ、結果として平和になる……。平和は(※目的ではなく)結果でしかない。

|

2020年2月 1日 (土)

一般社団法人日本看護学校協議会共済会発刊の「Will News Vol27」に、特集:看護師だからできること 看護師だからやらなければいけないことの1つとして「日本初の開業ナースが在宅看護の道を拓く 追い求める看護の神髄ーメッセンジャーナースを育てる」が掲載されました。

  _20126

 

 

  在宅看護を起業する

  在宅ケアに求められる心とわざ

  メッセンジャーナース・プロジェクト開始

  私たちの取り組みーストレス社会のなかで

 

 

(病院や施設、在宅看護関係の看護師を含む医療従事者が加入できるのが「Willnext」、「Will」は看護を含む医療従事者を目指す学生用の保険です。)

 

|

在宅看護研究センター恒例の新春シンポジウムは2月1日(土)13~16時30分、テーマ:「オリンピック後の日本、そして令和の自分像」活発な意見交換を楽しみにしております!

来週土曜日はセンター恒例の新春シンポジウムです。
もう1度詳細のご確認を!
日時: 2020年2月1日(土)13~16時30分
場所: 百人町 事務所
テーマ:「オリンピック後の日本、そして令和の自分像」
持ち時間:6分

 

皆さんが考える2020年以降の時代を見据えた自分像、そして活発な意見交換を楽しみにしております!(川口)

 

|

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »