« メッセンジャーナース研鑽セミナーは凝縮改訂・オンラインで再開【メッセンジャーナース通信 2020.08.07 No.150】 支援の一環として、メッセンジャーナース認定協会では、メールマガジン「メッセンジャーナース通信」を発行しています. | トップページ | 第24回メッセンジャーナース研鑽セミナーⅢ「必要な医療 医療不信はなぜ起こる?」は9月26日(土)13時半ー. ゲスト出演はS認定の大阪メッセンジャーナース。 Ⅳ「終末期医療 治療のやり過ぎはなぜ起こる?」は9月27日(日)13時半ー. ゲスト出演はSA認定の北海道メッセンジャーナース »

2020年8月24日 (月)

第24回メッセンジャーナース研鑽セミナーⅠ&Ⅱ、熱く熱く交流、終了しました。セミナーⅡは9月26日、Ⅲは9月27日です。

*リモートは初めてでしたが、良かったです。
初めて参加した彼女は明日仕事で参加できないのですが、ためになる話ばかりでもっと話が聞きたくなったと、メールが来ました。私の考えに影響を受けグリーフケアの資格を取るために京都まで1年間夜行バスで通った彼女です。
スクリーンの代わりにホワイトボードに映して皆で見てましたが、全然問題なかったです。あるもので工夫するとどうにかなるものですね(笑)

Photo0822

*日本の各地と結べる、繫がる、つむげるって凄いですね。
来月もよろしくお願い致します。(山口・原田)

*お疲れさまでした。東京に行ってやっていた研鑽セミナーとはまた違った感じで、良い余韻が残りました。
発表する人の話し、代表の話など今回のほうが集中してしっかり聞けたような気がします。
大したことしませんでしたがいい感じに疲労感が出てます。今、ホットした時間を過ごしてます(笑)
来月が楽しみです。私には、毎月仕事とは違う緊張感を持つ時間が必要のような気がしてます。(新潟・小田)

*この二日間、ありがとうございました。
鹿児島会場での研修の開催を目指しておりましたので、心から感謝もうしあげます。
鹿児島会場は二人の参加でしたが、志のある仲間を見つけることができそうです。
二人とも、メセンジャーナースになれること、このように看護を語り合えたことに喜びを感じておりました。
会場はソーシャルディスタンスを取りながら、いい環境で対応できました。
ありがとうございました。感謝して!!(鹿児島・田畑)

*勉強になりました。
受講した一井さんも、看護について語り考える時間に感激しておりました。
お礼を申し上げます。(愛媛・渡邉)

*感染対策上の問題で、重要な意思決定に病院の中に外部から入りにくい状況になり、面談場面に立ち会えずもどかしい思いをすることが多くなっていることに葛藤もありつつ、自宅や電話でしっかり意識的に話をするようにしています。 こんな時だからこそ、改めてメッセンジャーナースの心がひろがっていくように、歩みをとめてはいけないのだと、いつもながら村松先生の行動化の早さに敬服しています。(岡山・赤瀬)

|

« メッセンジャーナース研鑽セミナーは凝縮改訂・オンラインで再開【メッセンジャーナース通信 2020.08.07 No.150】 支援の一環として、メッセンジャーナース認定協会では、メールマガジン「メッセンジャーナース通信」を発行しています. | トップページ | 第24回メッセンジャーナース研鑽セミナーⅢ「必要な医療 医療不信はなぜ起こる?」は9月26日(土)13時半ー. ゲスト出演はS認定の大阪メッセンジャーナース。 Ⅳ「終末期医療 治療のやり過ぎはなぜ起こる?」は9月27日(日)13時半ー. ゲスト出演はSA認定の北海道メッセンジャーナース »