« 【川嶋みどりの挑戦ー本当の看護を守り進化させるために】本当の看護とはどのようなものか? 看護を受けるとしたら、どのような看護を求めるか?──看護のあるべき姿を未だに追い続けている私が、この本を手にすると、不思議な現象が起こった。 | トップページ | 【私のメディア・リテラシー】第8回 コロナ禍で求められる「もっと全体を見る」ということ  尾崎 雄 Ozaki Takeshi(「老・病・死を考える会プラス」世話人 、元日本経済新聞編集委員) »

2020年12月 6日 (日)

【メール】どういうわけかご報告しないと気が収まらず・・・ベッドはレンタルでレンタル卸が決まらず苦戦しています。座れる、漏れない、浸みない、臭くない。自力、洗浄と商品には自信があるのですが・・。私も83才になりノウハウを後世に伝えなければ人生完結しないのです。

又変な物作りました。いい加減にトイレから抜け出たいのですが仕方ありません。いつも先生にはどういうわけかご報告しないと気が収まらずお目汚ししています。厚労省がやっとマットレスを購入品目に認可してくれましたが、ベッドはレンタルでレンタル卸が決まらず苦戦しています。座れる、漏れない、浸みない、臭くない。自力、洗浄と商品には自信があるものの悩みはつきません。

Photo_20201206141801

いよいよ夫を自分のベッドで介護する羽目になりました。
これから厚労省にこういうものを普及させてと要望書を出すところです。
何せ個人で一人でやっていますが私も83才になりノウハウを後世に伝えなければ人生完結しないのです。

|

« 【川嶋みどりの挑戦ー本当の看護を守り進化させるために】本当の看護とはどのようなものか? 看護を受けるとしたら、どのような看護を求めるか?──看護のあるべき姿を未だに追い続けている私が、この本を手にすると、不思議な現象が起こった。 | トップページ | 【私のメディア・リテラシー】第8回 コロナ禍で求められる「もっと全体を見る」ということ  尾崎 雄 Ozaki Takeshi(「老・病・死を考える会プラス」世話人 、元日本経済新聞編集委員) »

3)みんなの声 私の声」カテゴリの記事