2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

おすすめの本

無料ブログはココログ

« 【原山達郎の連載コラム】「つたえること・つたわるもの」№138(2022/06/14)声に出して伝える〈やまとことば〉、「ひらがな」のリズムが面白い | トップページ | 法の壁に甘んじることなく国民の負担を伴う独立事業として、看護は、家族一人ひとりの思いと向き合う。看護の神髄はどんな状況下でも変わらない。 »

【私のメディア・リテラシー】第18回 行き過ぎた「マスク依存」。高尾山で遭難も?  尾﨑 雄 Ozaki Takeshi(「老・病・死を考える会プラス」世話人 、元日経ウーマン編集長

「マスク依存」か「脱マスク」か? マスクはいつまで着けるべきか? 多くの人々が悩ましい決断を迫られるなさか、東京の名峰、高尾山に登った。医師に「コロナ鬱」だと診断され、「適度の運動」を勧められて。
自然豊かな山はウイークデイにもかかわらずにぎわっていた。山頂の一角に腰を下ろしていると、70代と思しき女性登山者がひとり、やってきた。と、地面に倒れた。すぐ横で休んでいた女性登山者が「大丈夫ですか!」と声をかけたが反応なし。鉛色の顔に汗が流れている。熱中症らしい。私は上半身を引き起こし、ミネラル・ウオーターを飲ませた。別の男性登山者は水に浸したハンカチを持って駆け付け、「首に巻きなさい」などと的確に指示する。“遭難者”はまもなく意識を取り戻し、世話になった登山客らへの礼もそこそこに下山していった。私が提供したミネラル・ウオーターのボトルを手に。

詳細は☞ こちら

« 【原山達郎の連載コラム】「つたえること・つたわるもの」№138(2022/06/14)声に出して伝える〈やまとことば〉、「ひらがな」のリズムが面白い | トップページ | 法の壁に甘んじることなく国民の負担を伴う独立事業として、看護は、家族一人ひとりの思いと向き合う。看護の神髄はどんな状況下でも変わらない。 »

e)コラム」カテゴリの記事

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック