2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

おすすめの本

無料ブログはココログ

« 【原山建郎の連載コラム】「つたえること・つたわるもの」№183 そのときは「家」で――〈なかよし〉時間、〈自然死〉ハイライト。 | トップページ | 【原山建郎の連載コラム】「つたえること・つたわるもの」№184 書き手も読み手も癒すメディア――ブック(書籍/雑誌)セラピー。今回のコラムに引用しなかった一文を加えて紹介します。 »

4月25日(木)にアップした、連載コラム「つたえること・つたわるもの」№183『そのときは「家」で――〈なかよし〉時間、〈自然死〉ハイライト。』、再度お届けします。

4月25日(木)にアップした、連載コラム「つたえること・つたわるもの」№183『そのときは「家」で――〈なかよし〉時間、〈自然死〉ハイライト。』https://oyajijyan.cocolog-nifty.com/enurse/2024/04/post-dba459.htmlをお届けします。
先週、野の花診療所(一階は一般診療外来、二階に19床のホスピスベッドがある)所長、徳永進さんが、2カ月前に上梓したばかりの最新刊『いのちのそばで』(朝日新聞出版、2024年2月28日第一刷)を読んでいたら、サブタイトルの「野の花診療所からの最終便」に驚いて、思わず筆を執りました。
同診療所のHPには、徳永さんのエッセイが何本か載っていますが、『野の花の人々』(全65話完結)、『野の花の一日』(全70話完結)、『野の花あったか話』(第297回「点滴」/2014年~2023年6月。※2019~2023年に発表したものを『いのちのそばで』に収載)、この3つの連載エッセイがすべて「完結」と書かれていました。医師免許を取得したのが26歳、その後は「故郷・鳥取」で、日赤鳥取病院内科→野の花診療所の臨床医として50年、そしていま、徳永さんは75歳を迎えました。

前回のコラム№182:「生」から「死」へ――自然体で旅立つ〈いのち〉の「間(あはひ)」。では、『在宅医療のリアル 改訂版』(幻冬舎、2019年)の著書がある、上田医院院長、上田聡さんが実践する「在宅医療(往診と訪問診療)のリアル(現状と課題)」をテーマにとり上げました。なかでもとくに、患者が臨終を迎えたとき医師が書く診断書は、単なる「死亡診断書」ではない、在宅主治医は「この世の卒業証書」「大往生という立派な卒業証書」を渡す役割を担っている、と胸を張ります。

今回のコラムでは、野の花診療所の「病院の日常」に、「患者の日常(心あたたかな風)」を吹き込みながら、つねに入院患者とその家族、在宅患者とその家族、そして医療チームひとり一人に穏やかなまなざしを向ける〈いのち〉の守り人・徳永進さんに焦点をあてながら、できることなら「最終便」「完結」ではなく、今日も明日も明後日も、〈いのち〉の守り人・アンコール、感謝の拍手を送りたいと思っています。

私はこれまで、文教大学オープン・ユニバーシティで「〈自分史〉ハイライト」講座を担当していましたが、今回の「〈自然死〉ハイライト」は、看取りの瞬間—―これは短くて長い「〈自分史〉ハイライト」――「自然死(ナチュラル・ダイイング)」の物語(プロセス)のことです。
愛する人が旅立つまでの大切な時間を、徳永さんは「なかよし時間」と呼んでいます。
コラムの最後を、次のことばで結びました。

家(いへ)という名の〈いのち〉の居場所で、たくさんの〈自然死〉ハイライトを見守る――〈いのち〉の守り人、〈いのち〉のメッセンジャーナース、〈いのち〉の番人、〈いのち〉のグッド・ドクターの皆さんに、心からの〈ありがとう〉を捧げたい。

お時間のあるときにお読みください。
本文は☞ 183.pdf

 

☆原山建郎☆
出版ジャーナリスト、健康ジャーナリスト、日本東方医学会学術委員、日本文藝家協会会員、武蔵野大学仏教文化研究所客員研究員、文教大学オープン・ユニバーシティ講師

« 【原山建郎の連載コラム】「つたえること・つたわるもの」№183 そのときは「家」で――〈なかよし〉時間、〈自然死〉ハイライト。 | トップページ | 【原山建郎の連載コラム】「つたえること・つたわるもの」№184 書き手も読み手も癒すメディア――ブック(書籍/雑誌)セラピー。今回のコラムに引用しなかった一文を加えて紹介します。 »

6)原山建郎のコラム」カテゴリの記事

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック