2)お知らせ

2020年4月 1日 (水)

今の時代の看護はどうあるべきかを求め続けて34年。ワンルーム・2.5人で開業できる訪問看護ステーションのモデルとされた在宅看護研究センターは、起業したが続かないと悩める開業ナースの力になります。第5回看護ネット・ラーニングは4月1日から・・一丸となればできる方法がある。

Photo_20200303125001 在宅看護研究センターの歩み 在宅看護研究センターLLPの全体像「llp.pdf」をダウンロード 訪問看護ステーション・出生秘話 

NHKEテレ「こころの時代」・・最期まで生き抜くための在宅看護を・・☞こちら

『ラーニングスタッフ制』:日本在宅看護システム社及び看護コンサルタント社において、学びながら勤務し、勤務しながら学びたい、そんなあなたたちをラーニングスタッフの一員として迎えます。ひとりひとりの思いを汲んで、コーチングをメインにフォローするのは、在宅看護研究センター代表の村松静子です。詳細は☞こちら zaitakuLLP@e-nurse.ne.jp (件名に、ラーニングスタッフの件と記すこと)へお問合せください。

*「こんな看護をしたい」そんな思いで訪問看護ステーションを開業したのに、突然退職者が出て・・休止状態に追い込まれて悩んでいる。そんなあなたの力になります。もちろん、同志としてです。休止・廃止の前に一声かけて・・一緒に思いを語り合えば、必ず方法が見つかります。そんなあなたは、在宅看護研究センターの村松静子に一声かけて!☞zaitakuLLP@e-nurse.ne.jpまたは、03-5386-2427の村松宛てに

Photo

村松静子・50年間の看護道、集大成の1冊 『「自主逝」のすすめ ―あなたの最期はあなたが決める』(海竜社) 

詳細は☞ こちら  

在宅看護研究センターは、198326から3年1ヶ月、日赤医療センター看護師有志11人で始めた訪問看護のボランティアチーム「在宅ケア保障会」が残した「心」と十数万円を引き継いで発展してきました。140920_121638_3今は亡き作家・遠藤周作氏「ボランティアでは無理。これからはもっと必要になる」の後押しを受け、訪問看護制度がない時代の1986324、赤十字出身の看護師2.5人で創設。1992には研究事業部門を任意組織とし、収益事業部門として「日本在宅看護システム社」を設立。1995年には「看護コンサルタント社」を設立。 1999年、民間でも可能になった制度枠の訪問看護を担うべく、それまで実施してきた自費の在宅看護事業に加えて、「在宅看護研究センター付属訪問看護ステーション」を設置。20069には新会社法を導入、「在宅看護研究センターLLP」を設立。 

丸30年を迎えた在宅看護研究センターは、改めてその出会いに感謝し、遠藤ボランティアの顧問として、未だ、熱いメッセージを送り続けている原山建郎さんのご許可を頂き、原山建郎のコラム欄を設けて、遠藤ボランティア『語り部通信「からだ」番記者レポートを連載。Photo_6

 

【お知らせ】

メッセンジャーナース不在の県は、石川、福井、山梨、滋賀、三重、和歌山、香川、徳島です。あなたもメッセンジャーナースに! 2名の方の推薦で、S認定も全国連携プロジェクトを構築中 

第23回メッセンジャーナース研鑽セミナー(岡山・大阪・姫路)☞ ダウンロード - 23kai.pdf

第24回メッセンジャーナース研鑽セミナー(東京)のご案内☞ ダウンロード - 24kai.pdf

Mn_a4_tth1_010528

 

「看護実践の科学 9月号」(看護の科学社) [特集]メッセンジャーナースが伝える看護師の主体性

中央公論9月号(8月10日発売) 特集:対談「父・永六輔は家族に囲まれて旅立ちました」

_20171228_5

43回フローレンス・ナイチンゲール記章受章を機に出版された村松静子の『心と絆といのち-私の看護実践論』(看護の科学社) メッセンジャーナース認定協会Facebookで朗読バトンリレーを聴くことができます。

『おひとりさまの大往生ガイドBOOK』「家族を家で看取る本」「おだやかに逝くヒント」(主婦の友社):村松静子の監修です。

「自分の家で死にたい 死に逝く人、看取る人の幸せな終末期の考え方」(海竜社) 

<関連記事>人でも多くの人が自宅で最善のケアを受けるために    http://www.csr-magazine.com/archives/repo_d/rep08_03.html

が在宅看護を阻むのか・・看護は何のためにあるの 特集「今求められるコミュニケーションスキル」(看護の科学社 9月号 VOL39 NO.10)  婦人公論平成27年1月22日号「ルポルタージュ 時代を創る女たち 村松静子 ~開業ナースは心を聴く」 → 「20150122.pdf」をダウンロード  『開業ナースのエッセンス「暮らし」に伴走する看護のすすめ』(こころの科学:日本評論社)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2020年3月 6日 (金)

愛知県にA認定メッセンジャーナースが誕生【メッセンジャーナース通信 2020.03.06 No.148】 医療者と患者の懸け橋になるメッセンジャーナースが繋がって各地で活動中。支援の一環として、メールマガジン「メッセンジャーナース通信」を発行しています.

メッセンジャーナース認定協会は、「メッセンジャーナース」の称号取得・登録・活動を支援する民間団体です。
メールマガジンのご登録はこちらからどうぞ ⇒ http://www.mag2.com/m/0001196132.html

メッセンジャー通信はNo.148号は、認定者誕生のお知らせを筆頭に発信です。
第9回メッセンジャーナースの会・総会は神奈川県に決定しました。
今号では、第5回看護ネット・ラーニング4月1日開講の件やおすすめの本、東京での研鑽セミナーの急遽延期、「ナースが見つける古き良き日本の心と絆といのち」第三弾は in 北海道、第8回総会会長を務めた石川ひろみさんの活動地・紋別の様子等々お知らせが盛りだくさんです。
☆フェイスブックでも情報を発信しています。https://www.facebook.com/nursejapanNET/?ref=bookmarks
◆ 「メッセンジャーナースたちによる「心と絆といのち」朗読バトンリレー、次々にアップされています。ぜひお聞きください。https://www.facebook.com/pg/nursejapanNET/videos/
─────────────────────────────
□ 一般社団法人よりどころ〔メッセンジャーナース認定協会〕
ホームページ運営・メールマガジン発行:瀬川護(開業ナース応援隊)
───────────────────────────────

当協会へのお問い合わせは、messenger.ns@e-nurse.ne.jp までお願いします。

|

2020年2月20日 (木)

在宅看護研究センターおおさかの演習室に、フット・プラネタリウムが設置されました。おおさか代表でメッセンジャーナースの中村さんの構想は大きく拡がっています。まもなく35周年を迎える在宅看護研究センターは、また新たな動きに・・。

200219_135402200219_073654 200219_113639 200219_125045200219_135154 

|

2020年2月 5日 (水)

「おめでとう 原田さん!」【メッセンジャーナース通信 2020.02.05 No.147】 医療者と患者の懸け橋になるメッセンジャーナースが繋がって各地で活動中。支援の一環として、メールマガジン「メッセンジャーナース通信」を発行しています.

メッセンジャーナース認定協会は、「メッセンジャーナース」の称号取得・登録・活動を支援する民間団体です。
メールマガジンのご登録はこちらからどうぞ ⇒ http://www.mag2.com/m/0001196132.html

 

本年初のメッセンジャー通信はNo.147号となりました。第9回メッセンジャーナースの会・総会は神奈川県に決定しました。
今号は、山口県の原田典子さんが読売新聞社主催の医療功労賞を受賞した慶びや「ナースが見つける古き良き日本の心と絆といのち」第三弾は in 北海道、第8回総会会長を務めた石川ひろみさんの活動地・紋別に決定し、募集開始をしたこと、メッセンジャーナース所属組織の活動のほかセミナーや看護ネット・ラーニングの募集等々のお知らせが盛りだくさんです。
☆フェイスブックでも情報を発信しています。https://www.facebook.com/nursejapanNET/?ref=bookmarks
◆ 「メッセンジャーナースたちによる「心と絆といのち」朗読バトンリレー、次々にアップされています。ぜひお聞きください。https://www.facebook.com/pg/nursejapanNET/videos/
─────────────────────────────
□ 一般社団法人よりどころ〔メッセンジャーナース認定協会〕
当協会における「プライバシーポリシー」について
* 当協会が個人情報を共有する際には、適正かつ公正な手段によって個人情報
を取得し、利用目的を「事例」に特定し、明確化しています。
*個人情報を認定協会の関係者間で共同利用する場合には、個人情報の適正な
利用を実現するための監督を行います。
*掲載事例の無断転載を禁じます。
─────────────────────────────
〒169-0073
東京都新宿区百人町1-17-10 STビル2F 
看護コンサルタント株式会社内
Tel03-5386-2427 Fax03-3310-7899
認定・審査 m-nintei@e-nurse.ne.jp
応援団   messenger.ns@e-nurse.ne.jp

 

|

2020年1月27日 (月)

第21回日本赤十字看護学会学術集会の交流セッション、採択通知が来ました!!! これで一安心です。全国のメッセンジャーナースの方、参加準備を!←(秋田のメッセンジャーナース)

この度は、第21回日本赤十字看護学会学術集会の交流セッションに演題をご登録頂き、誠にありがとうございます。
ご応募頂きました下記演題は採択されましたので、以下の通りご連絡させて頂きます。

登録番号:交流セッション4
交流セッション演題登録名: 『自主逝(ジシュセイ)』—自分の意志で逝きたい
             その人らしく生き抜くことを支えるメッセンジャーナースの活動

詳細は、後日HP『参加者・座長・演者へのご案内』ページにて公開いたします。

 

|

2020年1月14日 (火)

遠藤周作ボランティア主催の講座のお知らせです。1月18日(土)北沢タウンホールで13時30分ー 国立成育療養センターもみじの家 ハウスマネージャーの内多勝康さんの講演「医療的ケア児とその家族の現状について」 第二部パネルディスカッション「遠藤周作さんが、医療的ケア児の現状を知ったら何を思い、何をなさるか」

第一部 講演 元NHKアナウンサーで現在は国立成育療養センターもみじの家 ハウスマネージャーの内多勝康さん「医療的ケア児とその家族の現状について」
第二部 パネルディスカッション「遠藤周作さんが、医療的ケア児の現状を知ったら何を思い、何をなさるか」

詳細は ☞ こちら

入場料500円
貴重な講演ですのでぜひどうぞ。

|

2019年11月 9日 (土)

医療の懸け橋になりたいメッセンジャーナースたちによる第1回「メッセンジャーナース・カフェ」は、11月27日13時ー・東京都杉並区内での開催が決定! セミナー・個別相談の外、フット・プラネタリウムの無料体験予約券を配布。自ら感じて気づいて動く、そんな場をめざしています。

詳細は☞ こちら

|

2019年11月 8日 (金)

人間学を探究して四十一年の『致知出版社』、2019年11月1日 発行/ 12 月号の特集は〔精進する〕 村松静子は「看護の道を歩み続けて見えた世界」です。

詳細は☞ こちら

 

|

2019年11月 6日 (水)

北海道・秋田のコラボで開催された第8回メッセンジャーナースの会・総会は盛会のうちに終了しました。第9回総会は神奈川に決定!

191102_140714191102_130713191102_142530191102_182417-1191102_184843-1191101_162246  

|

2019年10月18日 (金)

11月2日、北海道・秋田メッセンジャーナースの主催による 第8回メッセンジャーナースの会・記念講演「メッセンジャーナースが紡ぐ看護の可能性」(開催場所:秋田赤十字看護大学)

Dai8_000001

|

より以前の記事一覧