在宅看護研究センター実践部隊。人のいのちと暮らしがある限り、看護は在り続けます。コロナ禍でも、看護の真のあるべき姿を追い、働き方・新体制をめざしつつ・・新たな取り組みに関心のある同志、常勤・非常勤を募集。📞またはメールを!

Urahyoushi_20211001061901

蘇る 日本在宅看護システム

共に歩む若き同志、常勤・非常勤(1日からでも)募集中 

本来の活動内容は☞こちら

 

お問合せは👇 

📞03-3362-3193 または system@e-nurse.ne.jp へ

1986年3月24日、開業ナース集団の在宅看護研究センターは誕生しました。組織替えにより、その収益事業部門として1992年に設立したのが日本在宅看護システム在宅看護は今の時代に合わせて進化させなければいけません。看護の本質にこだわりつつ、本来あるべき看護、今の時代に看護師としてやるべきことを様々な形で追求・追究しています1999年には在宅看護研究センター付属訪問看護ステーション(現・管理者:川口奏子、共同管理者:奥山直美) を設置。

【看護は実践なくして語れません。 看護は実践なくして評価されません】 私たちは、実践・教育・研究を軸に誕生した在宅看護研究センターの理念を基に活動しています。

            活動報告「システムのスタッフは、今」

Img_623420201030fullsize_5947

お問い合わせ:℡03-3362-3193(担当:川口)

Photo_7

村松静子・50年間の看護道、集大成の1冊

『「自主逝」のすすめ ―あなたの最期はあなたが決める』(海竜社) 購入予約できます。  詳細は☞ こちら

「おひとりさまの大往生ガイドBOOK」「家族を家で看取る本」「11人の看護師が伝えるおだやかに逝くヒント」 村松静子・監修(主婦の友社)

『メッセンジャーナース 看護の本質に迫る』 (看護の科学社)      注文は、看護コンサルタント 

*「看護実践の科学 9月号」(看護の科学社) [特集]メッセンジャーナースが伝える看護師の主体性

*中央公論9月号(8月10日発売) 特集:対談「父・永六輔は家族に囲まれて旅立ちました」

開業ナースのエッセンス 「暮らし」に伴走する看護のすすめ(心の科学:日本評論社)・Ⅱ.ともに創りあげる看護・・・加齢とともに輝いて生き抜くには、今、何が足りないかー実証研究への取り組み(奥山直美)

*婦人公論2015.1.22号「ルポルタージュ 時代を創る女たち 開業ナースは心を聴く」⇒「20150122.pdf」をダウンロード

日経新聞夕刊『人間発見』2012年4月16-20日掲載「開業ナース、患者を自宅へ」⇒     

ライフアシスト第82013巻頭インタビューいまを生きる「その時は家で」 

特集「今求められるコミュニケーションスキル」看護の科学社 9月号 VOL39 NO.10

医療心理学 第1章第4節ターミナルケアにおける心理学的支援(2013年3月 おうふう)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

【システムのスタッフは、今】年末年始がみえてくると、やってくるのが「新春シンポジウム」でーす!2023年1月28日(土)開催。シンポジウムの後は新年会も予定していますよ~☺

冬らしい気候になってきましたね
年末年始がみえてくると、やってくるのが「新春シンポジウム」でーす!

今回は
2023年1月28日(土)開催としたいと思います
シンポジウムの後は新年会も予定していますよ~☺

詳細はまた追ってお知らせしますね
どうぞよろしくお願いいたします!

(川口)

 

|

看護師が看護を語り合うと、そこに多くの閃きと勇気が沸く。【新企画】メッセンジャーナースの認定前&フォローアップ研修:ざっくばらんな集い「語ろうよ! もっと、看護を」その1.子どもの在宅看護、12月10日開催 

Photo_20221203161701

|

【システムのスタッフは、今】グッと冷え込んできました。今週末は第1回目の「ざっくばらんの会」が開催されます。気楽に、思っている事を様々話し合う中で今後のヒントが見つかると良いですね。

こんにちは。
グッと冷え込んできましたね。

今週末は第1回目の「ざっくばらんの会」が開催されます。
気楽に、思っている事を様々話し合う中で今後のヒントが見つかると良いですね。

今週も体調に気をつけつつ
皆さん宜しくお願い致します。

(奥山)      

 

|

【システムのスタッフは、今】先日の「皆既月食」約400年前にも同じ月を見ていたとは…神秘的です。

こんにちは。今日は爽やかな日ですね。

先日の「皆既月食」見られましたか?
約400年前にも同じ月を見ていたとは…神秘的です。

今週も宜しくお願い致します。
(奥山)

 

|

【システムのスタッフは、今】コロナの感染者数もじわりじわりと増えてきています。一人一人の感染対策の徹底ですね。

今日は肌寒さが身に染みます。秋の心地よさがなく暑かったり、寒かったり…
体調には気を付けて行きましょう。

コロナの感染者数もじわりじわりと増えてきています。
ニュースでも全国で先週より感染者が増えているとの事。
一人一人の感染対策の徹底ですね。

(奥山)

|

【システムのスタッフは、今】吹く風も肌身に染みるようになってきました。でも今日の陽射しはポカポカと気持ちが良いですね。

今週よりスケジュールの作成を担当させて頂きます。
間違えの無い様に気を付けますがお気づきの点がありましたらお知らせください。
各自ご確認の程宜しくお願い致します。

(奥山)

|

 e-nurse「がん共存療法」反響        【私のメディア・リテラシー】第19回<「がんを悪化させない試み」その後> 尾﨑 雄 Ozaki Takeshi(「老・病・死を考える会プラス」世話人 、元日経ウーマン編集長

 今年、読んで感銘を受けた本は3冊。J-S-ミルの『自由論』(岩波文庫)、山崎章郎著『ステージ4の緩和ケア医が実践する がんを悪化させない試み』(新潮選書)と小川英爾編著『小川なぎさの最期 10か月の記録 先に行って待っているから、ゆっくり来てね』(非売品)である。6月発刊の新刊書は終末期のがん患者にとって「自由」とはなにかを問う必読書だ。

<無視された「がん共存療法」>
 『がんを悪化させない試み…』は大腸がんが肺に転移した医師が、自分自身を実験台にして編み出した「がん共存療法」を淡々と描く。がん細胞の増殖に必要な栄養源である糖質を制限する食事と少量の抗がん剤などの併用などによって固形がんの増大・悪化を抑える独特の医療である。狙いは、過酷な副作用を強いる抗がん剤治療を行わずにQOLを維持・改善して、その人らしい人生を全うすること。著者の山崎医師にとって、それはライフワークである在宅ホスピスを最期まで続けながら、「がん共存療法」を社会に広げるという社会責任を果たすことである。
刮目すべき試みであるにもかかわらず新聞は、この本を無視した。私が知る限り、書評欄にも健康・医療のページにも紹介されていない。ある全国紙の医療担当者は「取り扱いが難しい本」だと漏らす。がん治療に関わってきた市民の一人は、山崎章郎氏のような影響力を持つ医師が一部の怪しげな代替療法や民間療法を容認するかのような本を出すことは歓迎できない、と語った。医師の多くは、いわゆる「エビデンスがない」という理由で本書に触れたがらない。

<医師の目線よりも患者の目線で>
 むろん本書の真価を見抜く人もいる。公益財団法人医療科学研究所の江利川毅理事長はそのひとり。「限られた時間を生きる末期がん患者にとって最善とはなにか、そのことを、医師の目線ではなく、患者の目線や心を大切にしている。このような療法に取り組むがん患者を医療保険でもっと支えられるのではないか」(『社会保険旬報』8月1日号)と指摘。さりげなく標準治療のありかたについて問題提起をした。
 がんは日本人の2人に1人がかかり、死因の3分の1はがんだ。江利川氏の主張は専門誌にとどめず、一般市民が読む新聞で広く紹介すべきだろう。「がん共存療法」の臨床試験はまもなく始まるが、その結果が出るまで本書を棚上げして置くのか。『先に行って待っているから、ゆっくり来てね』を出版した小川英爾さんは、過酷な抗がん剤治療を中止して穏やかな死を選んだ妻を自宅で看取った。末期がんの患者にとっての最善とは何かをトコトン考えた末である。 

 『自由論』によれば、「自由」とは他人の利益を損なわずに自らの幸福を追求することである。一部医師のパターナリズムや医薬品業界の思惑を忖度するような事なかれ主義がジャーナリズムにも及んでいるとすれば、それは医療を受ける市民の自由をないがしろにするように思えてならない。

|

«【システムのスタッフは、今】今月末はメッセンジャーナースの総会です