在宅看護研究センターLLP/日本在宅看護システムは、看護の本質を大切に、先を幅広く見据えながら・・・在宅看護に少しだけでも足を踏み入れたい。でも、卒業したばかり・未経験、そんなあなたを歓迎します。一緒に一歩前へ ☞常勤・非常勤募集

Photo_7

1986年3月24日、開業ナース集団の在宅看護研究センターは誕生しました。組織替えにより、その収益事業部門として1992年に設立したのが日本在宅看護システム在宅看護は今の時代に合わせて進化させなければいけません。看護の本質にこだわりつつ、本来あるべき看護、今の時代に看護師としてやるべきことを様々な形で追求・追究しています1999年には在宅看護研究センター付属訪問看護ステーション を設置。

・勉強会を開催するなかで、全スタッフが今求められている看護を提供し、1つの方向に向かって行動する。今の時代に即した新しい日本在宅看護システムの構築が進んでいます。 

【看護は実践なくして語れません。 看護は実践なくして評価されません】 私たちは、実践・教育・研究を軸に誕生した在宅看護研究センターの理念を基に活動しています。

            活動報告「システムのスタッフは、今」

令和元年5月12日・全大会のテーマは「私ってどんな人? こんな人! こう在りたい!」でした。

『ラーニングスタッフ制』詳細は☞ こちら zaitakuLLP@e-nurse.ne.jp(件名:ラーニングスタッフの件と記載のこと)

190512_143822

お問い合わせ:℡03-3362-3193(担当:川口)

村松静子・50年間の看護道、集大成の1冊

『「自主逝」のすすめ ―あなたの最期はあなたが決める』(海竜社) 購入予約できます。  詳細は☞ こちら

「おひとりさまの大往生ガイドBOOK」「家族を家で看取る本」「11人の看護師が伝えるおだやかに逝くヒント」 村松静子・監修(主婦の友社)

『メッセンジャーナース 看護の本質に迫る』 (看護の科学社)      注文は、看護コンサルタント 

*「看護実践の科学 9月号」(看護の科学社) [特集]メッセンジャーナースが伝える看護師の主体性

*中央公論9月号(8月10日発売) 特集:対談「父・永六輔は家族に囲まれて旅立ちました」

開業ナースのエッセンス 「暮らし」に伴走する看護のすすめ(心の科学:日本評論社)・Ⅱ.ともに創りあげる看護・・・加齢とともに輝いて生き抜くには、今、何が足りないかー実証研究への取り組み(奥山直美)

*婦人公論2015.1.22号「ルポルタージュ 時代を創る女たち 開業ナースは心を聴く」⇒「20150122.pdf」をダウンロード

日経新聞夕刊『人間発見』2012年4月16-20日掲載「開業ナース、患者を自宅へ」⇒     

ライフアシスト第82013巻頭インタビューいまを生きる「その時」は家で WEB

特集「今求められるコミュニケーションスキル」看護の科学社 9月号 VOL39 NO.10

医療心理学 第1章第4節ターミナルケアにおける心理学的支援(2013年3月 おうふう)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

コロナウイルスで世の中が混沌としていますが、そんな中で4月1日は日本在宅看護システムの設立記念日です。1992年4月1日から数えて28年目です。

コロナウイルスで世の中が混沌としていますが、そんな中で4月1日は日本在宅看護システムの設立記念日です。1992年4月1日から数えて28年目です。昨日、細井さんが再度確認してくださいました。
今年は、このような状況ですので、集まることは辞めにしようと内部で話しました。それぞれが設立の変遷、今までのさまざまな出来事などを思い起こすことが沢山あると思います。また、教えてくださると嬉しいです。

ステーションでは、ご利用者さんやスタッフで感染者が出た場合についての説明と対応について、また、今回を期に訪問回数や時間など見直せる方については検討、障害児・者レスパイトについては自粛の方向等、さまざま検討しております。

先が見通せない中での日々の動きです。なんとか皆で乗り越えていきたいです。(川口)

 

|

3月24日は在宅看護研究センターの創立記念日です。あれから34年、日赤医療センターのスタッフ11人で課外のボランティアとして始動したのが始まりでした。

3月24日は在宅看護研究センターの創立記念日です。
また新しく1年が始まりますね。
今年度の1年、来年度の1年、皆さんはどう発展させていきますか?
わたしはまだ考え中です☺(川口)

 

|

新コラム【私のメディア・リテラシー】 第1回「新型コロナウイルス感染症報道とメディア・リテラシー」 尾崎 雄 Ozaki Takeshi(「老・病・死を考える会プラス」世話人 、元日本経済新聞編集委員)

1942 生まれ。65年早稲田大学卒。日本経済新聞社入社、「日経WOMAN」編集長、編集委員、仙台白百合女子大学教授などを経て、現在は在宅ホスピスを経営する認定NPO法人コミュニティケアリンク東京副理事長など医療・介護福祉団体の経営に関わっている。4月に2040年問題、2060年問題を40歳代以下の世代と考える勉強会「AIDプラス」を立ち上げる。

第1回「新型コロナウイルス感染症報道とメディア・リテラシー」 2020-3-22 
 1929年の10月のことである。ニューヨークの株式市場が大暴落した。それがきっかけで世界大恐慌が勃発し、世界は第二次世界大戦という人類史的な悲劇に巻きまれた。それは、いま生きている人にとっては教科書でしか知らない過去の出来事である。だが、 地球規模で起きた新型コロナウイルス感染症のパンデミックは「オンリー・イエスタデイ」の悪夢をよみがえさせる。
そこで、メディアの功罪を考えてみたい。
テレビ、新聞、インターネットなどのメディアからフェイクニュース、誤報、意図したあるいは意図せざるデマ、ノイズすなわち無視すべき雑情報がばら撒かれ、見えるウイルスとして私たちの暮しを脅かしている。それらを鵜呑みにすれば、パニックになる。情報過剰時代は、下手をすると、取り返しのつかない本当の危機をもたらし、自分が困るだけでなく、他人や社会全体に迷惑をかけ、無辜の人々の命を奪うことにもなりかねない。関東大震災におけるおぞましい「朝鮮人虐殺事件」のように。こうした混乱を暗い目的のために利用しようとする輩は昔も今も、洋の東西を問わず、虎視眈々とチャンスを狙っているのだ。

自らの身を護り、世間や世界が凄惨な愚行を繰り返さないようにするにはどうすべきか?
メディア・リテラシーを身につけることだ。自分自身の責任で世間や世界を認識し、判断すること。それしかない。問題はそれが難しいことである。官・民を問わず、指示を待って動くという「指示待ち人間」の習性に浸ってきたからである。責任ある立場の人たちでさえ結果責任を負おうとしないからでもある。
やっと、その殻を破る人物が登場した。北海道の鈴木直道知事である。彼は2月28日、「緊急事態宣言」を出し、週末の外出自粛や休校などを道民に求めた。
そのニュースが全国に流れたあと、政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議は3月19日、現状を「爆発的な感染拡大の可能性がある」と発表した。その記者会見で北海道の「非常事態宣言」について「一定の効果があった」(尾身茂副座長)と評価した。
国会が緊急事態宣言の発令を可能にする改正新型インフルエンザ対策特別措置法を可決したのは3月13日。鈴木知事の決断はそれに2週間も先立つ英断だった。
大阪府の吉村洋文知事は19日、大阪府と兵庫県との往来を20日〜22日の3連休中は自粛するよう府民に求めた。それと呼応する格好で、兵庫県の井戸敏三知事も同日の記者会見で、大阪など他の地域との間で不要不急の往来を自粛するよう県民に求めた。
国の特別措置法の発令を待たず首長が為すべきことを判断し、権限を行使したである。北海道知事の判断を見習った行動変容である。ところが、吉村、井戸知事の決断について、20日のテレビ朝日の「羽鳥モーニングショー」は両知事の事前打ち合わせがなかったことを批判した。22日付け朝日新聞も「法の枠外で住民に大きな制約を課すことになりかねない判断」だ、と指摘した。それは、一つの見解ではある。

ただ、今は平常時ではない。首長には非常時ならでは行動変容があってもいい。

それはコトの本質を見落とす枝葉末節の議論ではないか。両知事の決断は、地方分権の本質を自覚した首長としての責任行使であり、評価こそすれ、批判すべきことではないだろう。我が国は中国のような一党独裁の中央集権国家ではないからである。鈴木、吉村の両知事は38歳と44歳。若い地方政治家が中央と地方の行政のありかたを目に見える形で示してくれた意義は大きい。一般市民は会社や家族の日常に追われ、膨大な社会情報を綿密に分析して付きあう余裕はない。従って新聞などが、一般市民に代わって情報を選んで咀嚼し、適切な判断を行うための材料を提供することを行う――アメリカのジャーナリスト、W・リップマンは名著『幻の公衆』(1925年)でそのように指摘した。

昨今、インターネット・メディアのプラス面を手放しで持ち上げる傾向がある。それを危惧するのはわたしのような旧い世代だけだろうか。
今度のような有事にこそ、従来のメディアは改めて適切な報道と解説に努めることが求められている。誤報、ノイズ(雑音的なジャンク情報)や情動に訴えるフェイク・ニュースなどがゴチャマゼになった押し寄せる情報環境において、一般市民に代わって情報の質の見分け方を市民に提供すること。それがあるべきメディアの果たすべき役割である。
むろん、情報の受け手である市民も確かなメディアを選択する分別・見識すなわちメデア・リテラシーを身に着けるべきだ。そのための情報と解説(モノの見方)の提供すること。それこそ確かなメディアの使命ではないか。日々、垂れ流されている玉石混淆の膨大な情報のなかからコトの本質を見分けるためのヒントをもたらす言説を拾い出し、自分なりに世間と世界の真実を読み解いていきたい。

|

コラム【市民の眼】 Vol.51 映画「人生をしまう時間」 <“死に際の医療”に打ち込む森鴎外の孫>  尾崎 雄 Ozaki Takeshi 

Vol.51 映画「人生をしまう時間」 <“死に際の医療”に打ち込む森鴎外の孫>2019-9-16
 このところ、明治の文豪、森鴎外の孫にはまっている。先日、鴎外の孫が在宅医療に打ち込む姿を克明に記録したドキュメンタリー映画を見た。「鴎外の孫」とは、森鴎外の次女、小堀杏奴の長男、小堀鴎一郎氏(81歳)である。
東大附属病院や国立国際医療センターでメスを揮った外科医。定年退職を機にメスを捨て、地方病院の訪問診療医に転じて在宅医療ひとすじ13年という、華麗なる転身を遂げた人物だ。映画のタイトルは「人生をしまう時間(とき)」(NHKエンタープライズ制作)。試写会で配られた資料によると「患者と家族と向かい合い、最後の日々を過ごす――小堀鴎一郎医師と在宅医療チームに密着した200日」の記録である。
日本医学ジャーナリスト協会賞大賞を受けたテレビドキュメント「在宅死 “死に際の医療”200日」がベースとなっている。テレビに集録できなかった部分や新たな映像を加えた上映時間110分の劇場版。テレビ番組の焼き直しだろう、と、たかをくくっていたが、そうではなかった。やや中だるみ感があるものの、「みんな違ってみんないい」。在宅死のシーンを一つ一つ見つめていると、真の医療とはなにかを考えるヒントを幾つも拾うことができた。

『バラ色の在宅』とはほど遠い、在宅医療のリアル」
とかく美談やユートピア的に描かれがちな今までの在宅医療を紹介するありきたりの映像と違って、この作品は、教訓めいたナレーションや解説をいっさい流さず、訪問医療や在宅での看取りの姿を淡々と描く。自らカメラを回した下村幸子監督は「『バラ色の在宅』とはほど遠い、複雑な問題を抱えた医療現場のリアル」に「すっかり心を奪われた」という。
見落とせぬシーンをひとつ紹介しよう。ある患者が、いよいよ自宅で息を引き取るとき。小堀医師はいったん病床を離れて、患者の家を出る。庭で、そのときを待つのだ。カメラは家族等に囲まれた患者が永い生涯を閉じる瞬間を映し出し、すべてが終わったとき、小堀医師は、なくなった元患者の枕元に戻って、死亡診断書を書く。その数分間はこの映画のクライマックスだ。在宅医療に携わる医療職や介護職だけでなく、いや、病院勤務で「在宅」知らずの医師や看護師らにも見てほしい。そこに医師の本分と医の本質を汲み取ってほしいからだ。
幾多の曲折を重ねながら国の医療政策の軸足は、病院医療至上主義から在宅医療シフトに転じた。にもかかわらず、医師や看護師らは、その意味をどこまで認識しているか。極端な言い方をすれば、医療機関の多くは診療報酬など収入の源泉が「在宅の方がオトク」だからという経営上の理由から「在宅シフト」に転じている、といったら言い過ぎかもしれない。

 

祖父の「安楽死」、孫の「在宅看取り」
 医師でもあった森鴎外は安楽死をテーマにした小説「高瀬舟」とその解説「高瀬舟縁起」を書き、「安楽死」を考えるきっかけを後世に遺した。その孫である小堀鴎一郎医師は昨年、『死を生きた人びと――訪問診療医と355人の患者』(みすず書房)を出版し、今年の日本エッセイスト賞を受けた。そのなかで小堀医師は「病院死」が「病院以外の死」すなわち在宅で看取られる「理想的な死」に「世論がなだれをうって」いくことに懸念を表わしている(第3章「在宅死のアポリア」、第4章「見果てぬ夢」)。今度の映画は本書の映像版と言ってもいい。
アポリアという哲学用語は、一つの問題に対して矛盾する解決法が存在することを言う。日本の医療現場も医療政策もそんな状態にある。
(「人生をしまう時間(とき)」は9月21日より東京・渋谷 シアター・イメージフォーラムでロードショーほか全国順次公開)

 

|

今年度最後のカンファレンスは3月19日18:00-19:00に決定。引き続き、今年度通してのカンファレンスの振り返りの時間も・・。2月21日・28日の両日は、ラーニングナースの同行訪問の予定です。

今年度最後のカンファレンス日程が決まりました!
3月19日(木)18:00~19:00 担当は川口です。
内容はまだ未定ですが、有料のケースを考えています。
加えて、 19:00~19:30で今年度通してのカンファレンスの振り返りの時間も持ちたいなと思います。事前に用紙をメールで流しますので、記入の上ご参加くださいね。

もう1点お知らせです。
メッセンジャーナースの方がラーニングナースの研修を受けられます。それに伴って、2月21日・28日の両日はステーションの訪問同行の予定です。
スタッフの皆様、宜しくお願い致します。(川口)

|

昨日は有意義な時間を過ごす事ができました。夜は、自分の発表と皆さんの発表を振り返りながら、私自身のことですが自分像についての考察や、大切にしたいと言っていた「こころ」についての掘り下げが少なかったかなと少し反省・・・次は5月10日(日)の全体会です(川口)

昨日はお疲れ様でした。有意義な時間を過ごす事ができました。そして毎回なのですが、元気を頂戴できます。
200201_154522昨日の夜は、自分の発表と皆さんの発表を振り返りながら、私自身のことですが自分像についての考察や、大切にしたいと言っていた「こころ」についての掘り下げが少なかったかなと少し反省の川口です。

 

次は5月10日(日)の全体会です!!!

 

|

在宅看護研究センター恒例の新春シンポジウム、テーマ:「オリンピック後の日本、そして令和の自分像」一人ひとり、持ち時間6分間を十分使って、思いを語る。その語りには夢があり、その姿からは信念が伝わって・・私たちの活動は奥深く、確かな一歩を踏み出しました。

土曜日はセンター恒例の新春シンポジウムでした。

200201_160231

日時: 2020年2月1日(土)13~16時30分
場所: 百人町 事務所
テーマ:「オリンピック後の日本、そして令和の自分像」
持ち時間:6分

 

 

|

«在宅看護研究センターLLP/日本在宅看護システムの在宅看護事業部では、常勤または非常勤の同志を募集中です.