在宅看護研究センターLLP/日本在宅看護システムは、メッセンジャーナースによる電話相談を始めました。コロナ禍の中でも「今必要なこと・できることを精一杯、スタッフが一丸となってやろう!」そんな思いで、非常勤・常勤も募集

 2020Photo_20201215134501

1986年3月24日、開業ナース集団の在宅看護研究センターは誕生しました。組織替えにより、その収益事業部門として1992年に設立したのが日本在宅看護システム在宅看護は今の時代に合わせて進化させなければいけません。看護の本質にこだわりつつ、本来あるべき看護、今の時代に看護師としてやるべきことを様々な形で追求・追究しています1999年には在宅看護研究センター付属訪問看護ステーション を設置。

【看護は実践なくして語れません。 看護は実践なくして評価されません】 私たちは、実践・教育・研究を軸に誕生した在宅看護研究センターの理念を基に活動しています。

            活動報告「システムのスタッフは、今」

190512_143822

お問い合わせ:℡03-3362-3193(担当:川口)

Photo_7

村松静子・50年間の看護道、集大成の1冊

『「自主逝」のすすめ ―あなたの最期はあなたが決める』(海竜社) 購入予約できます。  詳細は☞ こちら

「おひとりさまの大往生ガイドBOOK」「家族を家で看取る本」「11人の看護師が伝えるおだやかに逝くヒント」 村松静子・監修(主婦の友社)

『メッセンジャーナース 看護の本質に迫る』 (看護の科学社)      注文は、看護コンサルタント 

*「看護実践の科学 9月号」(看護の科学社) [特集]メッセンジャーナースが伝える看護師の主体性

*中央公論9月号(8月10日発売) 特集:対談「父・永六輔は家族に囲まれて旅立ちました」

開業ナースのエッセンス 「暮らし」に伴走する看護のすすめ(心の科学:日本評論社)・Ⅱ.ともに創りあげる看護・・・加齢とともに輝いて生き抜くには、今、何が足りないかー実証研究への取り組み(奥山直美)

*婦人公論2015.1.22号「ルポルタージュ 時代を創る女たち 開業ナースは心を聴く」⇒「20150122.pdf」をダウンロード

日経新聞夕刊『人間発見』2012年4月16-20日掲載「開業ナース、患者を自宅へ」⇒     

ライフアシスト第82013巻頭インタビューいまを生きる「その時」は家で WEB

特集「今求められるコミュニケーションスキル」看護の科学社 9月号 VOL39 NO.10

医療心理学 第1章第4節ターミナルケアにおける心理学的支援(2013年3月 おうふう)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

【システムのスタッフは、今】みなさま、本年もどうぞ宜しくお願い致します。・・いつ感染するかもわからないことや、それに伴う影響などが頭を駆け巡ることもありますが…自分を心身共に休ませることも自分にしかできません。 気分転換と休息を意識的に取り入れていきたいところです。

全国的な寒波と感染症の蔓延で新たな1年がスタートしました。
年末年始、ステーションでは利用者さんの体調変化もなく、静かな年末年始でした。
ただ、利用者さんの体調管理だけではなく我々スタッフも気を付けていきたいところです。事務所も常に換気をしておりますので、換気充分で今度は風邪にも注意が必要です。
いつ感染するかもわからないことや、それに伴う影響などが頭を駆け巡ることもありますが…自分を心身共に休ませることも自分にしかできません。 気分転換と休息を意識的に取り入れていきたいところです。
今年も感染症に振り回されずに、皆で前を向いて進んで参りましょう。

ちなみに、わたくし年女🐄でございます。
小さい頃は、丑年生まれというのがあまり好きではありませんでしたが、年々愛着がわきます。
(かわぐち)

|

【私のメディア・リテラシー】第8回 コロナ禍で求められる「もっと全体を見る」ということ  尾崎 雄 Ozaki Takeshi(「老・病・死を考える会プラス」世話人 、元日本経済新聞編集委員)

第8回 コロナ禍で求められる「もっと全体を見る」ということ  2020-12-30

 『週刊 金曜日』の2020年12月25日/2021年1月1日合併号を読んだ。訪問診療医・
小堀鷗一郎氏のインタビューが載っていたからである。死亡者3200人を超えた2020年のコロナ禍について小堀医師は次のように語っている。
「大腸がんで亡くなる人は年間約5万人です。コロナで死ななきゃ大丈夫と思っているかのような態勢、ここが大きな問題ですね。胃がんの検診なども数がうんと減っていると思いますよ。おかげで、早期発見できるものができない。病院も検診をやめちゃうし、患者も(検診に)行かないしでね。商売がうまくいかなくなって鬱になるとか、自殺するとか、そういう報道ばかりで、こういうのは統計に表れないけど、確実に増えています。要は何を怖がるか。もっと全体を見ないといけませんね」。

<「パンとサーカス」のたとえから不要不急を問う>
 一部マスコミが煽る「医療崩壊」を防ぐためには「もっと全体」を見て適切なトリアージを行い、医療資源の配分に心がけるべきだったということだろう。「コロナ」騒動があろうがなかろうが、緊急手術や手厚い治療を必要とする「コロナ」ではない患者がいるからだ。インフォデミック(情報洪水)に翻弄されず、医療提供体制を冷静に考える視点がもっとあっても良かったのではないか。医師で作家だった森鴎外は大正5年(1916年)に、命の意味を問う傑作「高瀬舟」を書いた。それから105年。鴎外の孫である小堀医師は82歳の今も訪問診療を続けながら、コロナ騒動を見つめている。
 佐伯啓思京大名誉教授は「パンとサーカス」のたとえを引き、2020年の日本社会を混乱させたキイワードのひとつ、「不要不急」の意味を問いかけた(2020年12月26日付け朝日新聞「異論のススメ」)。古代ローマの市民はパン(食糧=日常の必需品)とサーカス(娯楽=非日常の過剰なもの)の両方が揃っていてこそ生活に満足したとされる。当時のサーカスとは戦車競走や剣闘士の試合観戦だったが、現代も古代ローマと違ったかっこうのサーカス産業があって経済社会が回ってきた。旅行、宴会、スポーツ観戦、各種コンサート、芝居など、それが無くても生きていけるが、それなしは心が満たされないというモノやコトである。
 そこで注目したいことがある。健康保険組合連合会が2020年11月に行った「新型コロナウイルス感染症拡大期の受診意識調査」の結果だ。コロナによって通院や受診を抑制した人の多くは「体調不良を感じることなく生活することができた」というのだ。特に「医薬品の長期処方や電話・オンライン診療の活用、また市販薬の服用などで対応した」人たちにその傾向が強かった。知恵を働かせて「パン」と「サーカス」の使いわけをしたのではないか。

 

<大事なことは「真に正しい情報」と「急がば回れの教育」
 いっぽう、新型コロナウイルスの変異種は日本にも上陸したため、ワクチン開発への期待はいちだんと高まっている。ワクチンはパンデミック阻止の決め手になるのだろうか。ここでも全体を見ることが求められる。
 東大医科学研究所の石井健東大教授は2020年12月22日、日本記者クラブで「コロナ禍でのワクチン開発:その破壊的イノベーションの課題と展望」と題して講演した。そこで、石井教授は、いま、真に
必要なものは「知識のワクチン」だと語った。「真に正しい情報」ということである。学校、会社、病院等で交わされる世間話、電話、新聞、雑誌、本、ラジオ、テレビ、インターネット、友人、同僚等のSNSなどの情報源を使って、「だれから、いつ、どこで、何を、どのようにして正しい情報をを手にいれるか、ということが大切」なのだという。
 もうひとつは「急がば回れの教育」である。「人生のあらゆる局面において正しい情報を入手し、リスク対ベネフィットの比を自分自身で把握し、自己責任において判断して行動できる能力を幼少時から教育することが必要」だと。
 海外ではワクチン接種が始まった。予防効果は製薬会社の能書どおりなのか、副作用が出るのかどうか、出るとすればどの程度なのか、肝心なことはエビデンスやデータが出そろうまで誰にもわからない。コロナ禍のまっただなかで奮闘する医療・介護施設の専門職の方々には感謝してもしたりない。その恩恵を被っている市民にできることのひとつは「パン」と「サーカス」のほかにもある大事な何かに思いを寄せることではないか。

 

      (「老・病・死を考える会プラス世話人)

 

|

【システムのスタッフは、今】コロナ禍の中で、緊張感をもって且つ迅速に色々なことを決めながら進んで行くというのは大変なことで、思うようにいかなかったこともありました。それでも、無事に年末を迎えられたのは本当に1人1人の皆さんのお陰です。センター/システムは己と向き合い、自分を高めていける場であり続けたいなと感じています。 来年でセンターは設立35周年、相談室も着実に動いています。

今年も残すところ数日です。
皆さん、来年の展望は見通していますか??
今年はコロナ禍で思うようにいかなかったこともあるでしょう。
来年でセンターは設立35周年、相談室も着実に動いています。
私も訪問ばかりではなく、動いていきたいと思っています。

今年もお陰さまで、1年を終えようとしています。
このコロナ禍の中、無事に年末を迎えられたのは本当に1人1人の皆さんのお陰です。
前例がない中で、緊張感をもって且つ迅速に色々なことを決めながら進んで行くというのは本当に大変なことでした。その中でも、センター/システムは己と向き合い、自分を高めていける場所であり続けたいなと感じています。

本当にありがとうございました。また来年も宜しくお願い致します。

(かわぐち)

|

【システムのスタッフは、今】オンラインでの忘年会、プレゼントに対面していない皆さま、お楽しみに―(^^♪ 今年も残るはあと2週、足取り確かに、しかし張りつめすぎず参りましょう!

先ほどはお疲れ様でした!

皆さんと乾杯楽しかったでーす🥂
プレゼントに対面していない皆さま、お楽しみに―(^^♪

今年も残るはあと2週、足取り確かに、しかし張りつめすぎず参りましょう
引き続き、宜しくお願い致します!(かわぐち)

|

【システムのスタッフは、今】家族内感染事例・・幸いにもご本人は陰性、自宅での生活を切り替えレスパイト入院。その後は順調で自宅へ。私たちも自分の体調にいつもより敏感になりながらも、ホッとする時間も大事にこの時期を乗り切りたい。ということで、オンラインで忘年会を。全員参加希望!来週末は🥂

コロナウイルス感染者の数が増えています。重症者の数も過去最多となった模様です。
当ステーションでも、先週から家族内感染事例がありました。療養者ご本人はケア度が非常に高く、罹患した場合はハイリスクという方だったのですが、幸いにもご本人は陰性、しかし自宅での生活継続が困難であったためにレスパイト入院をした、という事がありました。

当ステーションは、家族が感染したことが明らかになった後の訪問でしたので、準備をして訪問に入ることが出来ました。スタッフ1人1人のおかげで、調整等も非常にスムーズでした。

我々も自分の体調にいつもより敏感になりながらも、しかしホッとする時間も大事にこの時期を乗り切りたいです。

と、いうことで、来週末は忘年会でーす🥂

なんと全員参加!わたし、うれしいです。
ここ数年ではこんなに参加率が良いのは初めてかなーと思いました。オンラインの良いところですね自宅から参加できるのは。
奥山さん、さまざまな手配の方をありがとうございます☺
皆さんはいつも運営にご協力いただき有難うございます!

それではみなさんに会えることを楽しみにしていまーす(川口)

 

|

【システムのスタッフは、今】今日は雨、すっかり冷えています☂ 今年はオンラインで皆で🥂したいと思います! 年末を迎えられることに感謝し、来年に繋いでいきたいです。

今年ももう1か月を切りました。このような100年に1度のパンデミックの中、忘年会が出来ないのは少し寂しいということで、今年はオンラインで皆で乾杯したいと思います!
いまのところ、不参加のお返事は無いので全員出席で開催予定です・・🥂
詳しくはまたご連絡致します。ちなみにこの日は研鑽セミナーの日でもありますので、こちらもどうぞご参加くださいね✍

皆さんと年末を迎えられることに感謝し、来年に繋いでいきたいです。(かわぐち)

|

【システムのスタッフは、今】内部でもオンラインを進めて行きたいと・・・年末までに皆でオンラインでの楽しくなるようなイベントを企画いたします!♪お楽しみに

先週はオンラインでのメッセンジャーナースの総会に参加された皆様、お疲れ様でした。
鈴木さん含め、発表は本当に素晴らしかったです。機動力、スピード感、看護師としての高い能力や経験を、発表されたどの方からも強く感じました。

内部でもオンラインを進めて行きたいと考えております。(少し遅かったかな…)
ということで、年末までに皆でオンラインでの楽しくなるようなイベントを企画いたします!詳細は後程お伝えしまーす♪お楽しみに(かわぐち)

 

 

|

«【システムのスタッフは、今】メッセンジャーナースの総会がリモートで行われ、今だからこそ「繋がっている、独りではない」と思える関わりが大切なのだなぁ。と感じました。