在宅看護研究センターLLP/日本在宅看護システムは、メッセンジャーナースによる電話相談を始めました。コロナ禍の中でも「今必要なこと・できることを精一杯、スタッフが一丸となってやろう!」そんな思いで、非常勤・常勤も募集

Photo_20201215134501

1986年3月24日、開業ナース集団の在宅看護研究センターは誕生しました。組織替えにより、その収益事業部門として1992年に設立したのが日本在宅看護システム在宅看護は今の時代に合わせて進化させなければいけません。看護の本質にこだわりつつ、本来あるべき看護、今の時代に看護師としてやるべきことを様々な形で追求・追究しています1999年には在宅看護研究センター付属訪問看護ステーション を設置。

【看護は実践なくして語れません。 看護は実践なくして評価されません】 私たちは、実践・教育・研究を軸に誕生した在宅看護研究センターの理念を基に活動しています。

            活動報告「システムのスタッフは、今」

190512_143822

お問い合わせ:℡03-3362-3193(担当:川口)

Photo_7

村松静子・50年間の看護道、集大成の1冊

『「自主逝」のすすめ ―あなたの最期はあなたが決める』(海竜社) 購入予約できます。  詳細は☞ こちら

「おひとりさまの大往生ガイドBOOK」「家族を家で看取る本」「11人の看護師が伝えるおだやかに逝くヒント」 村松静子・監修(主婦の友社)

『メッセンジャーナース 看護の本質に迫る』 (看護の科学社)      注文は、看護コンサルタント 

*「看護実践の科学 9月号」(看護の科学社) [特集]メッセンジャーナースが伝える看護師の主体性

*中央公論9月号(8月10日発売) 特集:対談「父・永六輔は家族に囲まれて旅立ちました」

開業ナースのエッセンス 「暮らし」に伴走する看護のすすめ(心の科学:日本評論社)・Ⅱ.ともに創りあげる看護・・・加齢とともに輝いて生き抜くには、今、何が足りないかー実証研究への取り組み(奥山直美)

*婦人公論2015.1.22号「ルポルタージュ 時代を創る女たち 開業ナースは心を聴く」⇒「20150122.pdf」をダウンロード

日経新聞夕刊『人間発見』2012年4月16-20日掲載「開業ナース、患者を自宅へ」⇒     

ライフアシスト第82013巻頭インタビューいまを生きる「その時」は家で WEB

特集「今求められるコミュニケーションスキル」看護の科学社 9月号 VOL39 NO.10

医療心理学 第1章第4節ターミナルケアにおける心理学的支援(2013年3月 おうふう)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

【システムのスタッフは、今】ワクチン接種開始の情報と同時に第4波到来です。今一度、感染対策と体調管理に気を配って参りましょう!

ワクチンについて詳細が届きました。
連休明けからスタートのようですが、訪問スケジュールを調整しながら、なるべく接種するスタッフが重ならないように順次実施していけると良いかなと今の段階では考えております。
また皆で調整できたらと思います。

ワクチン接種開始の情報と同時に第4波到来です。今一度、感染対策と体調管理に気を配って参りましょう!
(かわぐち)

 

|

【システムのスタッフは、今】そろそろ全体会のことも頭にあるのですが、・・訪問も増え、余裕が無くなりがちな今だからこそ、互いにサポートし合いながら乗り越えたいところです。

4月からまた新年度が始まりました!
1日には今年度への気持ち新たに、オンラインも活用しながら、出席できる方で集まることが出来ました。

さて、連休が近づいてくると、そろそろ全体会のことも頭にあるのですが、ウイルスの第4波も懸念されています。

具合の悪い利用者の方が多く、訪問も増えています。余裕が無くなりがちな今だからこそ、訪問するスタッフしないスタッフに関わらず、お互いの心身を気遣ってサポートし合いながら乗り越えたいところです。

来週も宜しくお願い致します。
(かわぐち)

 

|

【システムのスタッフは、今】新規の訪問続きます、また退院後の頻回な訪問が必要な方も複数名いらっしゃいます、自律した体調管理で頑張って参りましょう!

コロナワクチン希望者の方へ問診票をお配りしています。
まだ、具体的な日時や場所のお知らせはありません、連絡があり次第、またお知らせいたします。

かわぐち

|

【システムのスタッフは、今】看護はやはり原点が求められているように感じます。色あせる事のない看護がその当時から続いている事、凄いことです。

4月1日はシステムの創立記念日になります。

35年前には考えられなかった? IT化AI化が進んできておりますが、看護はやはり原点が求められているように感じます。
色あせる事のない看護がその当時から続いている事、凄いことです。(すみませんうまく言葉が見つかりません)

Photo_20210328165101

写真の桜は神田川の桜です。満開🌸
(おくやま)

|

【システムのスタッフは、今】3月24日は在宅看護研究センター、4月1日は日本在宅看護システムの創立記念日。ここ最近のステーションは、忙しい状況が続き各々が懸命に動いております。真の在宅看護を展開できるステーションとして、これからも皆でがんばっていきます。

今週はセンター、来週はシステムの創立記念日を迎えます。

ここ最近のステーションは、忙しい状況が続いていますね。 具合が悪くなるご利用者さん、具合が悪い新規の利用者さんが続いています。 この忙しい状況でも、各々が懸命に動いており、スタッフの動きに日々感謝しています。
在宅看護を展開できるステーションとして、これからも皆でがんばっていきましょう!

(かわぐち)

|

【システムのスタッフは、今】この特別な時期、村松ボスのもと、訪問だけではなく、センターでのそれぞれ1人1人の良いところを活かした活動や動きにつながると良いですね。訪問だけではなくこのような事をやっていきたい!

3月も半ばです。ことしは桜の開花が例年より早いようです。

4月からの新たなシーズンが始まるまでのこの特別な時期、気温も上がり、少しウキウキした気持ちで毎年過ごしていた頃を思い出します。
さて、そのような時期に誕生した在宅看護研究センターが24日に創立記念日を迎えます。
村松ボスのもと、訪問だけではなく、センターでのそれぞれ1人1人の良いところを活かした活動や動きにつながると良いですね。既に動いていらっしゃる方もいますが、訪問だけではなくこのような事をやっていきたい!という発信がスタッフから出ると良いなと考えています。
(かわぐち)

 

|

【システムのスタッフは、今】去年の今頃はちょうどコロナウイルスの影響で色々なことが開催延期になり始めた頃でした。事態が良い方向に動くことを期待したいです。

もう3月になりますね。
メールを見返すと、去年の今頃はちょうどコロナウイルスの影響で色々なことが開催延期になり始めた頃でした。
もう1年経ちます、ワクチンがすべて解決するとは思いませんが、事態が良い方向に動くことを期待したいです。
(かわぐち)

|

«【システムのスタッフは、今】在宅看護研究センターLLP、今年の新春シンポジウムはオンラインで、2月20日に決定。テーマは、「川嶋先生の言葉と私の看護をつなぐ」~川嶋みどり 看護の羅針盤 366の言葉 が呼び起こす・照らす看護とは~ 今から楽しみです。