在宅看護研究センターLLP/日本在宅看護システムは、メンタル不調者の心を救う小型軽量化フット・プラネタリウムと看護の手を融合。メッセンジャーナースによる電話相談も受付けております。在宅看護に関心のある看護師を募集中

Photo_20201215134501Mini2_20210701143001Mini8

1986年3月24日、開業ナース集団の在宅看護研究センターは誕生しました。組織替えにより、その収益事業部門として1992年に設立したのが日本在宅看護システム在宅看護は今の時代に合わせて進化させなければいけません。看護の本質にこだわりつつ、本来あるべき看護、今の時代に看護師としてやるべきことを様々な形で追求・追究しています1999年には在宅看護研究センター付属訪問看護ステーション を設置。

【看護は実践なくして語れません。 看護は実践なくして評価されません】 私たちは、実践・教育・研究を軸に誕生した在宅看護研究センターの理念を基に活動しています。

            活動報告「システムのスタッフは、今」

Img_6234

お問い合わせ:℡03-3362-3193(担当:川口)

Photo_7

村松静子・50年間の看護道、集大成の1冊

『「自主逝」のすすめ ―あなたの最期はあなたが決める』(海竜社) 購入予約できます。  詳細は☞ こちら

「おひとりさまの大往生ガイドBOOK」「家族を家で看取る本」「11人の看護師が伝えるおだやかに逝くヒント」 村松静子・監修(主婦の友社)

『メッセンジャーナース 看護の本質に迫る』 (看護の科学社)      注文は、看護コンサルタント 

*「看護実践の科学 9月号」(看護の科学社) [特集]メッセンジャーナースが伝える看護師の主体性

*中央公論9月号(8月10日発売) 特集:対談「父・永六輔は家族に囲まれて旅立ちました」

開業ナースのエッセンス 「暮らし」に伴走する看護のすすめ(心の科学:日本評論社)・Ⅱ.ともに創りあげる看護・・・加齢とともに輝いて生き抜くには、今、何が足りないかー実証研究への取り組み(奥山直美)

*婦人公論2015.1.22号「ルポルタージュ 時代を創る女たち 開業ナースは心を聴く」⇒「20150122.pdf」をダウンロード

日経新聞夕刊『人間発見』2012年4月16-20日掲載「開業ナース、患者を自宅へ」⇒     

ライフアシスト第82013巻頭インタビューいまを生きる「その時」は家で WEB

特集「今求められるコミュニケーションスキル」看護の科学社 9月号 VOL39 NO.10

医療心理学 第1章第4節ターミナルケアにおける心理学的支援(2013年3月 おうふう)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

【システムのスタッフは、今】2年ぶりに開催された全大会、それぞれの語りが深まり、感慨深いものがありました。

看護師としての立場を通して、多くの方に出会いたくさんのことを学ばせていただいています。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
Img_6236Img_6231

短い時間の中での全体会でしたが皆様の気持ち、想いが分かり実りの多い会だと毎回思います。
自分の考えもまとまりますし…ただ色々な事を同時並行には出来ませんが😓
もう少し前を向いて頑張らなければ…とも思います。
今後とも宜しくお願い致します。

 

全体会ではおつかれさまでした!

久しぶりに顔を合わせて開催できたこと、本当にうれしく思います。

次は10月30日の35周年&10周年行事に向けてまた皆で頑張って参りましょう! 
夏休みシーズンです。順番に・・(川口)

|

【システムのスタッフは、今】延期していた全体会の日程が決定。7月14日(水)15:00~ 詳細が決まり次第順次お伝えします。

延期していた全体会ですが日程が決まりました。
7月14日(水)15:00~となりました。

 

今年も平日の午後の開催となります。皆さんの可能な限りの参加をお待ちしております!
詳細は未定ですが、決まり次第順次お伝えしますね。

 

(川口)

 

|

【システムのスタッフは、今】職域接種も開始され、接種者が増えていくことを望みます。

スタッフのワクチン接種が終了し、少しホッとしました。しかし、新規感染者は下げ止まり、まだ安心はできない状況ですね。利用者さんの接種も進んでいます。職域接種も開始され、接種者が増えていくことを望みます。
(川口)

|

【システムのスタッフは、今】マスクも少し息苦しく感じるようになりました。来週から、2回目接種始まります!

今日は昨日より暑いですね。
マスクも少し息苦しく感じるようになりました。

来週から、2回目接種始まります!
どんな症状が出るかわからないので、まずは備えましょう。

(川口)

|

第22回日本赤十字看護学会学術集会についてのご案内が届きました。 当在宅看護研究センター附属訪問看護ステーションでは、在宅看護事業部長が代表して「亡くなる瞬間まで生きて逝ったAちゃんからの教え-あたりまえの日常を生きようとする5歳児の姿と家族のこころから学んだこと-」を発表させていただきます。オンラインで、多くの皆様と出会えますことを楽しみに!

第22回日本赤十字看護学会学術集会についてご案内いたします。
新型コロナウイルス感染症の蔓延に応じ、オンライン開催に切り替えて準備を進めております。
このたび、一般演題含めて全プログラムが確定致しました。

大変魅力的なプログラムになっております。
下記のプログラムサイトをご覧いただき、どうぞ参加登録を進めていただきますようお願い致します。
https://www.cs-oto.com/jrcsn22/program.html


参加登録は、下記サイトからとなります。
学会員の皆様のご参加はもとより、会員・非会員にかかわらず同僚やご友人の皆さまにもお声がけいただき、多くの方のご参加をいただけますよう、ご協力お願い致します。
https://www.cs-oto.com/jrcsn22/registration.html
※ライブ配信プログラムの視聴は6月23日までの登録が必要です。

オンライン開催ではありますが、本学術集会を通して皆さまと繋がれることを、大会事務局一同、楽しみにしております。

第22回日本赤十字看護学会学術集会
学術集会長 鎌倉やよい
大会事務局長 山田聡子
https://www.cs-oto.com/jrcsn22/index.html

|

【システムのスタッフは、今】梅雨のような雨が続いて、体調のちょっとした変化が起きやすいですね。昨日までに1回目の接種が全員終わって副反応はまちまち。2回目はスケジュールの調整等、もう少し準備できると良いなと・・。

せっかくの気持ちが良い季節ですが、梅雨のような雨が続きました。
体調のちょっとした変化が起きやすいですね。

ステーションでも昨日までに1回目の接種が全員終わりました。
副反応がまちまちだったようですが、2回目はスケジュールの調整等、もう少し準備できると良いなと思っています。

(川口)

 

|

【システムのスタッフは、今】ワクチン接種が始まります。スケジュールの調整、変更の可能性を・・・、お願いをしながら接種できると良いかなと思ってます。

該当する方へは連絡いたしましたが、ワクチン接種が始まります。
該当する方で、希望日をお返事いただいた方々、承りました。

スケジュールの調整、変更の可能性をお願いできる利用者さんへは、お願いをしながら接種できると良いかなと思ってます。
(かわぐち)

|

«【システムのスタッフは、今】天候が変化しやすい春の空、ワクチン予約進みませんね!まだ見通しが立たず少しもどかしいです。