在宅看護研究センター実戦部隊。人のいのちと暮らしがある限り、看護は在り続けます。コロナ禍でも、看護の真のあるべき姿を追い、働き方・新体制をめざしつつ・・新たな取り組みに関心のある同志、常勤・非常勤を募集。📞またはメールを!

Urahyoushi_20211001061901

 

共に歩む若き同志、常勤・非常勤(1日からでも)募集中 

本来の活動内容は☞こちら

 

お問合せは👇 

📞03-3362-3193 または system@e-nurse.ne.jp へ

1986年3月24日、開業ナース集団の在宅看護研究センターは誕生しました。組織替えにより、その収益事業部門として1992年に設立したのが日本在宅看護システム在宅看護は今の時代に合わせて進化させなければいけません。看護の本質にこだわりつつ、本来あるべき看護、今の時代に看護師としてやるべきことを様々な形で追求・追究しています1999年には在宅看護研究センター付属訪問看護ステーション を設置。

【看護は実践なくして語れません。 看護は実践なくして評価されません】 私たちは、実践・教育・研究を軸に誕生した在宅看護研究センターの理念を基に活動しています。

            活動報告「システムのスタッフは、今」

Img_623420201030fullsize_5947

お問い合わせ:℡03-3362-3193(担当:川口)

Photo_7

村松静子・50年間の看護道、集大成の1冊

『「自主逝」のすすめ ―あなたの最期はあなたが決める』(海竜社) 購入予約できます。  詳細は☞ こちら

「おひとりさまの大往生ガイドBOOK」「家族を家で看取る本」「11人の看護師が伝えるおだやかに逝くヒント」 村松静子・監修(主婦の友社)

『メッセンジャーナース 看護の本質に迫る』 (看護の科学社)      注文は、看護コンサルタント 

*「看護実践の科学 9月号」(看護の科学社) [特集]メッセンジャーナースが伝える看護師の主体性

*中央公論9月号(8月10日発売) 特集:対談「父・永六輔は家族に囲まれて旅立ちました」

開業ナースのエッセンス 「暮らし」に伴走する看護のすすめ(心の科学:日本評論社)・Ⅱ.ともに創りあげる看護・・・加齢とともに輝いて生き抜くには、今、何が足りないかー実証研究への取り組み(奥山直美)

*婦人公論2015.1.22号「ルポルタージュ 時代を創る女たち 開業ナースは心を聴く」⇒「20150122.pdf」をダウンロード

日経新聞夕刊『人間発見』2012年4月16-20日掲載「開業ナース、患者を自宅へ」⇒     

ライフアシスト第82013巻頭インタビューいまを生きる「その時」は家で WEB

特集「今求められるコミュニケーションスキル」看護の科学社 9月号 VOL39 NO.10

医療心理学 第1章第4節ターミナルケアにおける心理学的支援(2013年3月 おうふう)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

【システムのスタッフは、今】全体会は、35周年&10周年記念の会をおこなった会場で開催予定。いまのところ全員出席で、1日開催を考えております。当日のプログラムは構想中、お楽しみに!

先週は突然体調不良でお休みをいただき、本当にありがとうございました。突然のことにも対応してくださり、とても心強かったです!おかげさまで、今日から復活です☺

そして、全体会も近づいてまいりました。
今回は、事務所を離れて西新宿(35周年&10周年記念の会をおこなった会場)で開催したいと考えています。いまのところ全員出席で、1日開催を考えておりますので、広さに余裕のある会場を仲野さんが選んでくださいました。

日時:5月28日(土)10:00~16:30(予定)

当日のプログラムも構想中です、お楽しみに!
(川口)

 

|

【システムのスタッフは、今】今年のGWは雨で始まりました。ここ最近は、訪問が必要な方が多く、連日動いています。

スタッフのみなさま、本当にいつもありがとうございます!
皆が考える看護の必要性、スタッフ間の信頼と連携の重要性、それぞれのこだわり(笑)、いつも感じています。

引き続き、よろしくお願いいたします。

(川口)

 

|

【私のメディア・リテラシー】第17回 <「神風」だった16兆円のコロナ対策費>  尾﨑 雄 Ozaki Takeshi(「老・病・死を考える会プラス」世話人 、元日経ウーマン編集長

「コロナは神風だった!」 

ある公的病院のトップはこう漏らす。コロナ患者の治療にどれだけ尽力したかどうかはさておき、似た思いの病院長は少なくないだろう。「幽霊病床」によって潤った病院も。新型コロナウイルスの蔓延によってコロナ病床確保を申し出た病院には多額な補助金や診療報酬に対する特別加算金などが与えられ、さまざまな理由で窮地に陥っていた病院経営のカンフル剤になった。だが、それだけでは安心していられない。医療界には取り組むべき問題が山積している。

<誰が為に鐘は鳴る 「幽霊病床」に悪用も>

財務省が4月13日に公表した資料によると、新型コロナウイルスに対応するために投じられた国費は16兆円。うち8兆円が医療機関の支援に充てられた。その中身について各紙は厳しく報じた。「無駄排除へ」(4月14日付け日経)、「費用対効果、検証」(同読売)と。財務省は「病床確保料を受け取りながらも新型コロナ患者の受入れを伴わなかった病床(「幽霊病床」)の存在を明記した。
「新型コロナ対策」を錦の御旗に支給された“御下賜金”のお陰で病院経営は一息ついたのである。「全国140の病院を運営する国立病院機構の2020年度決算を見ると計576億円の経常黒字が計上」(読売)。地域医療機能推進機構(81病院)など公的病院の経営状態も好転し、民間の医療法人の経営実態もコロナ関連補助金を含めれば「堅調」だった。

<病院救済とコロナ対策がゴッチャに>

問題は“御下賜金”がなんのために使われたかだ。財務省は指摘する。「そもそも、医療機関の財政支援にあたって、減収補填など医療機関の経営支援と新型コロナ患者の受入れなどの医療機能の強化という2つの目的が混在してきたが、それぞれの目的ごとに効果的な政策手法を考えるべきである」
コロナ禍という「神風」のお陰で経営状態が持ち直したとすれば、医療界がすべきことは新型コロナの第7波、第8波に備えることだけではない。来たるべき新たな感染症パンデミックを想定した大改革の実施だ。言ってみれば医療構造のパラダイムシフトに取り組むことである。

<有事即応と経営の見える化を>

「平時の医療には、有事即応の機能と動員の仕組みをビルトインしておかねばならない」。災害医療の先駆者、山本保博日本医大名誉教授は医療行政と医療者の発想転換を促す。医療施設と医療者は、国公立か民間施設か、公務員か民間人かを問わず、国民のヘルスケアを護るための公共財である。そのマネジメントの担い手は、法人、個人を問わず公正・公平かつ適切な振る舞いを期待されている。医療機関に投じられたコロナ対策費16兆円の大半を占める公費の中身の「見える化」は当然だ。
「有事即応のビルトインと経営の見える化」はウィズ・コロナ体制づくりに向けた第一歩である。

|

5月になると当社は全体会の時期になります! 【システムのスタッフは、今】今年の全体会は、令和4年5月月28日(土) 10:00~16:30(予定)と、いたしました! プログラムはお楽しみに❣

ゴールデンウィークも目前ですが、5月になると当社は全体会の時期になります!

今年の全体会は
令和4年5月月28日(土) 10:00~16:30(予定)
と、いたしました!


みなさま、スケジュールの調整の程、よろしくお願いいたします☺
久しぶりの1日開催を予定しております、プログラムはお楽しみに❣

(かわぐち)

 

|

【システムのスタッフは、今】訪問が立て込んであわただしい日が続いています、体調管理に加えて、お互いに意識的なコミュニケーションをとってまいりましょう! 当社は、全員、メッセンジャーナース。今年のメッセンジャーナースの会・総会は、鹿児島だそうです。

こんにちは

先ほど、今年のメッセンジャーナースの会・総会のお知らせが届きましたね。
今年は鹿児島だそうです!
全国の皆さんと皆さんの活動に直に触れる機会です、ぜひ参加して英気を養いたいですね☺

訪問が立て込んであわただしい日が続いています、体調管理に加えて、お互いに意識的なコミュニケーションをとってまいりましょう!

(川口)

 

|

【システムのスタッフは、今】来週から4月になりますね。少し動きがあるスケジュールになっています。

新年度になります、センター内部・それぞれ個人での訪問・活動が広がる新年度になりますように!また皆で力を合わせてがんばってまいりましょう❣


(かわぐち)


 

|

【システムのスタッフは、今】3月24日は、在宅看護研究センターの創立記念日。センターは、1986年、いや、ボランティア時代の1983年から「在宅看護に関する相談業務」を掲げていました。ステーションの契約書のサービス内容の欄「説明を重視した看護対応」、これはセンターのこだわりだなあと・・・。

3月24日はセンターの創立記念日です🌸
在宅看護研究センターが有限会社として登記できたのは本当は28日ですが、最初に定款を提出した24日になったそうです。この間の4日間のドラマについてはご存じの方が多いと思いますが、詳しくは「在宅看護への道 起業家ナースの挑戦」をどうぞ☺

Photo_20220319204501 Maruyama

 現在、在宅医療・看護・介護に関する相談室は増えましたが、センターは最初から「在宅看護に関する相談業務」を掲げていたんですね、それはなんと昭和61年!実際はボランティアから実践が始まっていますので、さらに数年前にさかのぼります。
 ステーションの契約書のサービス内容の欄に書かれている「説明を重視した看護対応」、これはセンターのこだわりだなあと常々感じていましたが、センター開設当初から相談業務を掲げていたことを考えると、とても合点がいきました。
 また、創立記念日をきっかけに気持ち新たに実践を大事にしていきたいと思います。

(川口)

 

|

«【システムのスタッフは、今】とても暖かい日ですね。コロナ陽性者の健康観察、訪問は少し落ち着いてきましたが、新規の訪問が続いて少しあわただしくなっています。お互いに意識的にコミュニケーションをとりながら参りましょう!