« わが闘病の記―生と死へのアクセス | トップページ | 優先席 »

鹿児島大学で「Dr.コトー」に会う

市民の眼   尾崎 雄 Ozaki Takeshi 

1942 生まれ。65年早稲田大学卒業、日本経済新聞社入社。札幌支社報道課、流通経済部、婦人家庭部次長、企画調査部次長、「日経WOMAN」編集長、婦人家庭部編集委員などを経て、日経事業出版社取締役編集統括。高齢社会、地域福祉、終末ケア、NPO・NGO関連分野を担当。現在、フリージャーナリスト・仙台白百合女子大学総合福祉学科教授・AID(老・病・死を考える会)世話人・東京大学医療政策人材養成講座2期生。著書に「人間らしく死にたい」(日本経済新聞社)、「介護保険に賭ける男たち」(日経事業出版社)ほかがある。 市民の眼 医療福祉の断面やエピソードなどについて 医療職ではなく一市民として気づいたことが書かれています。 >>>>バックナンバー

vol.47  鹿児島大学で「Dr.コトー」に会う 2008-3-24  

  先週の土曜日、鹿児島大学で開かれた離島へき地医療人養成シンポジウムを聴きにいった。離島医療にこそ地域医療再生のヒントが隠れていると思ったからである。その収穫はあった。人気コミック『Dr.コトー診療所』のDr.コトーのモデルとされる薩摩川内市下甑手打診療所の所長、瀬戸上健二郎医師と親しくお会いできたからである。

 瀬戸上医師とはメーリングリスト「在宅ケアネットin鹿児島」でウエブ上の交流があり、同医師が離島の医療を担っていることは知っていたが、離島医療の人出不足とか辛さをこぼすようなメールは見たことがない。シンポジウムに先立って行なわれた瀬戸上医師の講演「現地指導医からの提言」にもそれは現れていた。 離島での医師研修の意義は「大学病院で欠けていることを提供すること」である。島に研修にくる研修医の中には血圧測定が出来ないものもいるという指摘がそれを雄弁に物語る。

 『Dr.コトー診療所』を読むと、Dr.コトーが島の診療所に赴任して最初の仕事は採血台を自分で作ることだった。 最大の仕事は島の人たちから信頼を勝ち取ること。コミック誌の主人公、「Dr.コトーは、ろくな医療機器もない島の診療所でありあわせの道具を活用して「ブラックジャック」並みの外科手術を次々とこなし、「今度の医者はホンモノ」という評判を取る。コミックだから誇張や脚色があるのだろうが、瀬戸上医師も外科手術には相当の自信があるから似たような “奇跡”をやって見せたに違いない。

 「農村医療の父」と呼ばれ、佐久総合病院を地域医療のメッカに仕立て上げた故若月俊一医師も、東京から当時「信州のシベリア」と言われた田舎病院に都落ちしたとき、外科手術の腕を駆使して村人の信頼を得た。 「風の人」である余所者が「土の人」である地元住民の信用を得なければ土地やムラを変えることは難しい。

 同志社大学・大学院の今里滋教授は、まちづくりNPOの理事長をしているが、「地元の人たちの信頼を得るためには酒席での放言は必ず守る」ことだと言い、それを実践してきた。 その点、医者は有利だ。人の命を助ける資格と術を身につけているとされている。「ロマンとヒロイズム」が、現在の日本に残っているとすれば、それは離島ヘき地医療に取り組む医師の職場ではないか。シンポジウムにはパネリストとして鹿児島大学医学部の女子学生が参加した。彼女は「離島へき地で実習すれば多くの学生がこういう仕事をしたいと思います。こういう働き方があるということを知らないのです」と語った。

 鹿児島大学医学部は、学生に離島実習を義務付けている。そこで学ぶべきことは「島の住民、患者やお年寄りと話を聴いて、学ぶ」(瀬戸上医師)ことである。このことの大事さは海外で働く日本人医師もわかっている。アメリカの有名なメイヨー・クリニックからも日本人医師が研修にきた。瀬戸上医師が下甑島の診療所にきて5月で30年になる。67歳だが、まだ辞める気持ちはなさそうだ。       

|

« わが闘病の記―生と死へのアクセス | トップページ | 優先席 »

コラム 尾﨑 雄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島大学で「Dr.コトー」に会う:

« わが闘病の記―生と死へのアクセス | トップページ | 優先席 »