« 日本在宅看護システム | トップページ | 日韓交流セミナー ともに創る幸せ ~今、韓国は・・・~ »

イギリス体験第三段!

 イギリスでの体験の話を書かせてもらって3回目ではあるが、あまりイギリスの話はしていないように思える。イギリスというと、多くの発祥の地であることはいうまでもない。鉄道・郵便システムなどだけでなく、スポーツも多くある。サッカー・ラクビー・テニス。多くのことが誕生している。

 私は、それほどたくさんの国にいっていないが、その中でもイギリスが好きである。少しだけ日本と同じにおいがする感じがする。(これはあくまでも私の勝手な主観であるが。)でも島国であるところなど、ちょっと似ている部分もあるのだと思う。そして少し人見知りで、その分親しくなるととても優しく親身になってくれる。そういうところも、日本人と似ていると感じるのかもしれない。イギリスの風景もイングリッシュガーデンも大好きだけれど、一つだけどうしても日本のほうがいいなと恋しくなったものがある。食事である。これは観光本だけでなく一般的にも有名な話ではあるが、本当に困った。

 私は、最初から衝撃的な体験となった。初めての昼食で、まだ英語もわからない私にクラスの友達が肉?魚?どっちと聞いてきた。よく考えるひまもなく魚と答えた。「こっちだよ」と青い目のとてもステキなかわいい男の子や大きな男の子についていってねと言われた。何のことか理解もできないままついていくとフィッシュ&チップスであった。これが実に油っぽくそして量が真剣に多い。英語もよく分からない私に皆、優しさゆえにと思うが話しかけてきて、食べるどころではなく半分以上残した。実際は申し訳なかったが残していきたかった。しかし時間がなくて食べれなかったと思ってくれた優しい彼らは、店のオジサンに、包んであげてと頼んでくれた。大丈夫と言ったが、遠慮しないでいいからと店のおじさんは包んでくれた。その後はいろいろ皆に教えてもらったりして乗り切ってきたが、結構食べる私であっても全体に量は多かった。緊張していたのか合わなかったのか、日本の友人たちが太っていく中、なぜか痩せていった私であった。帰る頃には元に戻りつつあったから慣れてきたのだと思う。

 食事はあまりおいしくなかったが、パブで皆とたった一杯のビールで話したり踊ったり楽しかった。そんな雰囲気が好きだった。そんな気さくなパブとは一変して、アフタヌーンテイーも一度だけ体験した。量は確かに多かったが、なんとも優雅な気分になった。日本に帰ってきて喫茶店で同じように食べてみたが、やはりロンドンで感じた味わいはなかった。イギリスは、昔多くのことを発祥してきた国だけに昔は良かったのにと言われることもあるようだが、私はそんな古きよきものを大事にするイギリスが好きである。建物を見てもその空間にいると歴史を感じられる。日本でも古いお寺や神社や建物になんとも言えない空気を感じて安心する。もちろん近代的な建物も私は好きであるが。ロンドンはちょうどどちらも大事にしようとしている町であるように思う。

 人もであるが、変わるのは大変である。変わっていくことも大事であるが大切なものは残していくことも大事である。イギリスの話からそれてしまったが、是非一度足を運んでほしい。そしてその国の文化と空気を感じて楽しんで欲しいと思う。

 >>>>バックナンバー

|

« 日本在宅看護システム | トップページ | 日韓交流セミナー ともに創る幸せ ~今、韓国は・・・~ »

虹色救急箱」カテゴリの記事

コメント

イギリス…懐かしいです。今から16年前に、友人と二人で旅行しました。友人は英語が出来るのに、何かちょっとトラブるとパニックを起こし訳がわからなくなり、片や私は英語はわからずとも勘で動いたり匂い(ってまるで動物のようですね!)で見当をつけているような二人の珍道中でした。アメリカのご飯も味がうすくて、美味しいと思えるものは少なかったのですが、イギリスでは更に凌駕するものに遭遇…それはカレーライスです!ロンドンから電車に乗り美しい風景画のような車窓を眺めつつ、ウェールズ地方カーディフに。とあるお店で「カリー&ライス」を見つけ注文。しかし運ばれて来たのは、茹でた米(炊いてない)に具のないスーブのようなカレー…それでも口の中に入れると…。???なんて言うのでしょうか、スパイスの辛さだけで味が全くなく、テーブルの塩をほぼ一瓶かけても味がしな〜い(T_T)イギリスは食事がまずいとは聞いてましたが、いや〜、あれには参りました!それでも、街の喫茶店の中では美味しいキッシュなんかにも出会えたりして、今でも時々思い出してはキッシュを焼いたりしてます。

投稿: レッドの黒豹 | 2008年4月 7日 (月) 15時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イギリス体験第三段!:

« 日本在宅看護システム | トップページ | 日韓交流セミナー ともに創る幸せ ~今、韓国は・・・~ »