« 「看護婦」から「看護師」に向けて 大分県立看護科学大・大学院が日本初のNP養成コース | トップページ | 手術は無事終わった・・信じています。 »

ねんきん特別便

医師として、武士として     安藤 武士 Andou takeshi

1941年、新潟県生まれ。1967年、新潟大学医学部卒業後、医師登録と同時に外科研修を開始。72年、呼吸器・心臓血管外科を専攻後、80年よ り、心臓血管外科部長として日本赤十字社医療センターに勤務。2001年より職域診療所所長として活躍中。労働衛生コンサルタント・スポーツドクター(日 体協)・健康スポーツドクター(日医)・認定産業医(日医)の資格を持ち、これらの5つの顔を絶妙な味で使いわける医学博士である。身体の大きさと、豪快 な笑い・笑顔には、その人柄と存在感をより強くアピールする何ものかが潜んでいる。やはり'武士'にして"武士"ここにあり。

>>>>バックナンバー(Vol32以降) 

>>>>バックナンバー(Vol31まで)

Vol.35 ねんきん特別便 2008-7-6

 年金問題で世間が騒がしい。今年5月、社会保険庁より話題の「ねんきん特別便」が郵送されてきた。年金加入歴を各自で確認し誤りがあれば通知せよというものである。適齢の方はご存知のことと思う。

 遡って60歳の定年まえ、社会保険庁より「年金保険加入期間調査依頼書」が来た。年金の仕組みの知識は全く無かったが、年金保険料が給与から”天引き”されていることは知っていたので、勤務歴の照合調査から開始した。当時の医師の勤務形態は複雑である。ともかく、昭和43年5月から55年10月まで出身大学の付属病院に属していたと記憶していたので、大學(付属病院)に勤務歴を問い合わせた。人事台帳の写しが送られてきた。

 昭和43年7月1日臨床研究生、45年4月1日医員(日給1、260円)、46年4月1日副手、同年10月11日医員(日給2、400円)、48年9月1日厚生技官(国立療養所病院)、同年11月16日文部教官教育職(助手)、51年10月1日県・技術吏員(県立がんセンター病院、母子衛生院兼務)、52年10月1日文部教官教育職(助手)、55年9月30日辞職と記載されていた。大學を離れ病院の勤務医になるまでの記録である。全ての期間、大學に在籍していることが確認できた。しかし、その間、いくつかの病院に出張という形で勤務したことも事実である。出張病院に問い合わせた。

 昭和43年11月18日外科医として最初の出張先となったN赤十字病院、次の県立病院、A赤十字病院、市立病院、県立がんセンター病院、厚生連病院、医療法人病院、48年9月11日国家公務員となった国立療養所病院に勤務していたことが確認できた。しかし、県立がんセンター病院以外は、人事台帳に名前がない。年金に加入していないのではないかとう回答であった。どのように「年金保険加入期間調査依頼書」を完成させたらよいかわからなかった。「年金」にそれほど関心がなかったこともあり、”そんなものか”と思い年金保険加入の有無には触れず勤務実績だけを回答した。数年後、僅かであるが年金の支給が開始された。

 「年金」には、年金の受給者が掛け金や保険料を負担しない年金制度(無拠出制年金)と保険の仕組みを取る年金制度(年金保険、拠出制年金)があるという。無拠出制年金制度では、財源は国庫から賄われる。現在の年金制度は被保険者が掛け金や保険料を負担(拠出)し、年金財政はこの収入によって賄われる保険制度をとっている。1961年(昭和36年)4月から国民年金法の適用(保険料の徴収)が開始され国民皆年金制度が確立された。さらに、1985年(昭和60年)の大改正により、基礎年金制度が導入され現在の年金制度の骨格が出来たと関係書に記されている。なお、1942年(昭和17年)、民間労働者の年金である労働者年金保険(2年後、厚生年金保険と改称)が制定され、この年金保険をもって日本の国民皆年金制度が始まったと解説されているが、今日の年金制度との関係について知る由もない。

 本邦の年金制度は3階建てになっている。1、2階部分を公的年金、3階部分を私的年金と呼ぶ。まず、1階部分である。20歳から60歳未満の日本に居住する全ての国民に国民年金への加入を義務付けている。受給資格である保険料(定額)を25年以上支払った人が65歳になったときに国民年金として満額受給できる。受給時には名称が変わり国民年金から「老齢基礎年金」となり、資格を満たしている全ての国民に最低限の保障が行われる仕組みになっている。

 2階部分は厚生年金(受給時の正式名称は「老齢厚生年金」)および共済年金(国家・地方公務員、私立学校教職員)である。保険料は収入の一定の割合で、受給年金額は現役時代の収入に比例し決まる。3階部分は、私的な企業年金である。

 公的年金加入者は、第1号、2号、3号被保険者から構成される。1号は自営業者・無業者・パートなど(構成数:2300万人)、2号は厚生年金・各種共済年金加入者(3800万人)、3号は2号の被扶養配偶者(1100万人)からなる。公的年金加入者数は7200万人となる。 これまでの知識は全てインターネットのウィキペディアから得たものである。

 いずれにせよ本邦の現在の年金制度は、支給される年金の財源は加入者の拠出金(保険料)でから成立している。従って、加入していなければ受給の資格はない。過年と同様、勤務歴、年金加入歴の照合を始めた。5月に送付されてきた「ねんきん特別便」を見て驚いた。大學を離れ勤務医となった12年と2ヶ月の年金加入歴は虫食い状態となっているばかりか、出張で大學に不在の時も大學に勤務し年金に加入していることになっている。

 勤務実態と加入歴が全く合わないのである。誰が作文したのであろうか。照合先のどの病院も極めて親切に対応してくれた。その都度、出張先の病院の思い出に耽りあっという間に時間が過ぎてしまう。

 今日も、「思い出」のどのページが捲られるのか楽しみにしなが「ねんきん問題」に取り組んでいる。

|

« 「看護婦」から「看護師」に向けて 大分県立看護科学大・大学院が日本初のNP養成コース | トップページ | 手術は無事終わった・・信じています。 »

コラム 安藤 武士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ねんきん特別便:

« 「看護婦」から「看護師」に向けて 大分県立看護科学大・大学院が日本初のNP養成コース | トップページ | 手術は無事終わった・・信じています。 »