« あなたも同志、一緒に・・ | トップページ | 医療改革と「男と女」の構図、土佐の国を訪ねて »

AABCセミナー

「老いを自宅で迎えるために」開催のお知らせが届きました。

日 時 平成21年3月7日(土) 13時30分~16時30分
場 所 福岡国際会議場 501会議室
定 員 先着200名
入場料 無料

|

« あなたも同志、一緒に・・ | トップページ | 医療改革と「男と女」の構図、土佐の国を訪ねて »

お知らせ」カテゴリの記事

コメント

今日100歳の方を自宅で見送りました。息子さんに「おなかがすいたからパン焼いて」と頼み、直後に意識消失しそのまま眠るように逝かれました。今朝まで、味噌汁を作ったりしておられたとのこと。急に倒れられ、電話があり「何か変なんだ」丁度事務所の近くの方で、すぐに自転車をかっ飛ばして行きました。すでに脈も触れず、下顎呼吸の状態。「もう呼吸が止まると思います、このままここで看とりますか?病院行きますか?」究極の選択でしたが、息子さんたちは「病院には行きません」と即答。その30分後に息を引き取られました。最後の最期迄自分らしく生きたOさん、最期の味噌汁はおいしそうに鍋に入っていました。100歳の人生を最期迄母として生き抜いた方でした。そして、先生が死亡確認し「ヘルパーさんもみんなも頑張ったね」と言われ、息子さんが「いい看護師さんに出会えたから」と言ってくれ・・・みんなで頑張ってきて良かったなと思いました。

投稿: ティアラ梅ママ | 2009年3月 4日 (水) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AABCセミナー:

« あなたも同志、一緒に・・ | トップページ | 医療改革と「男と女」の構図、土佐の国を訪ねて »