« 私が焼いたケーキです。 | トップページ | 皆さんにとって,今年はどんな年でしたか? »

コラム「起業家のつぶやき」 Vol.46 「医療再生」に「看護の力」を! その1   

これまでのコラムはこちら  

25年にわたって、在宅で多くの方たちの最期を看取ってきた看護師として切望していることは、条件付きで、看護師の「一人開業」を認めてもらうことである。鍼・灸・マッサージ・指圧・柔道整復師のように営業権をもち、一人ででも自由開業でき保険が適用されること。医師に診てもらうほどではないが、健康や介護に不安がある、ちょっと話を聴いてもらいたいという人が増えている。看護師事務所に立ち寄って気兼ねなく相談したい。ニーズによっては訪問相談、必要ならその場で看護の手を差し伸べる。そんな一人開業の看護師を選ぶ人がさらに増えそうだが、現時点では一人開業には保険が適用されない。療養者本人あるいはその家族、訪問看護師やヘルパー、医師等の要請に応えて、精神心理領域や床ずれ等の得意領域をもつ看護師が相談に乗ったり駆けつけたりすることは安心につながる。ちなみに、フランスではコ・メディカルの開業が広く認められている。   続きは「seiko_1.pdf」をダウンロード

|

« 私が焼いたケーキです。 | トップページ | 皆さんにとって,今年はどんな年でしたか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コラム「起業家のつぶやき」 Vol.46 「医療再生」に「看護の力」を! その1   :

« 私が焼いたケーキです。 | トップページ | 皆さんにとって,今年はどんな年でしたか? »