« 一緒に行動を起こして・・ | トップページ | 虹色救急箱 Vol.26 »

一人でも多くの人が自宅で最善の看護を受けられるために

看護と介護が一つの輪を作る、連携ではなく“連動”することが理想です。  詳細はこちら

|

« 一緒に行動を起こして・・ | トップページ | 虹色救急箱 Vol.26 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一人でも多くの人が自宅で最善の看護を受けられるために:

« 一緒に行動を起こして・・ | トップページ | 虹色救急箱 Vol.26 »