« 最後の時、娘さん達がご本人の想いを繋いで・・ | トップページ | あなたもメッセンジャーナースに!  »

昨日、8月7日、第44回「フローレンス・ナイチンゲール記章」授与式が催されました。受章者は、久常節子さんと、金愛子さんです。

FNNニュース⇒こちら

授与式は7日午前、東京・港区のホテルで行われ、日本赤十字社名誉総裁である皇后さまのほか、名誉副総裁の秋篠宮妃紀子さまなど、皇族方が出席された。
フローレンス・ナイチンゲール記章は、赤十字国際委員会が2年に一度、特に優れた功績のあった世界各国の看護師らに贈るもの。
今回、日本で受章したのは、東日本大震災の際、日本看護協会の会長として被災地支援にあたった、国際医療福祉大大学院の副大学院長・久常節子さん(68)と、夫を亡くしながらも病院を離れず救護活動に尽力した石巻赤十字病院の副院長・金 愛子さん(59)2人で、皇后さま自ら、受章者の胸元に記章をつけられた。

|

« 最後の時、娘さん達がご本人の想いを繋いで・・ | トップページ | あなたもメッセンジャーナースに!  »

お知らせ」カテゴリの記事