« 八十乙女のつぶやき  国分 アイ Kokubun Ai Vol.17 | トップページ | 「おはよう、朝早くからご苦労さん。この前お祭りを見たかい?」 百人町で訪問看護ステーションを開いて14年、ご近所さんとも顔なじみに »

八十乙女のつぶやき  国分 アイ Kokubun Ai Vol.18

恩師・国分アイ先生は、2004414日 昇天されましたが、福島県出身の先生のお心を思い起こし、継続して掲載させていただいております。>>>>>バックナンバー 

Vol.18 わが家のお客様 その2

いつも集合時間は午前11時頃。なぜか雨の日だった記憶がない。お客様同士、駅からわが家までの道を相前後して歩いてこられ、着いてからお互いに「あら、貴女でしたの」と驚きあっていたこともあった。その後も働きつづけ、仕事先も埼玉、名古屋と変わり、クラスメートが揃って訪ねてくださる機会はなくなった。ひととき、お隣の杉並区にお住まいの橋倉かの代さんが来てくださる時期があった。確か、お手作りの枝豆ごはんをお重に入れてお持ちくださった。お料理上手のお姑様のご指導だとか。

思えば50代で私も若くて元気だった。そんな集まりの1こま1こまが、ひたすら懐かしい。多発性骨髄腫という病が発見されたのは、名古屋の日赤短大の非常勤講師をしていたとき。診てくださったのは、名古屋赤十字病院の内科部長だった。講義が午後2時頃に終わると、輸血を受け、夕方の急行で東京に帰り、途中で夕食の駅弁を求めて家に帰る、という生活だった。

以来、クラスメートの訪問も少なくなった。昔のように自分でご馳走を作り、いきいきと食を楽しんでいた私はいない。去る者日々に疎し。友も老いたり、私も老いたりで、お互いさまである。ただ、私は多発性骨髄腫、要介護Ⅲ度、ヘルパーさんのおかげで生きている、否、生かしていただいている身である。

同情や義理で訪れてくださることを、私は好まない。時々遠方からお電話をくださる宗像さん。クラスメートではないが、ご一緒に病院船で勤務した平英子さん。杏林大学教務でご一緒した是松先生は、今私にとって良き友である。

思えばふるさとのわが家と群馬の姪の家以外、訪問して1,2泊したことがない。それほど、人を招くほうが好きだったに違いない。最近は、去る者は追わず、来るものは拒まず、である。昔のように、来て来てと、無理を言わない。

よく考えると、同級生を呼んだのは、私自身の満足感のためだったのではないか、と思うこの頃である。

|

« 八十乙女のつぶやき  国分 アイ Kokubun Ai Vol.17 | トップページ | 「おはよう、朝早くからご苦労さん。この前お祭りを見たかい?」 百人町で訪問看護ステーションを開いて14年、ご近所さんとも顔なじみに »

コラム 国分 アイ」カテゴリの記事