« 第7回メッセンジャーナース研鑽セミナーⅡ「受ける医療 認識のギャップはなぜ起こる? 」は、3月15・16日です。 | トップページ | システムのスタッフは、今。40代・20代が中心の新体制へ。各世代が入り混じってさらなる第一歩を。本物の在宅看護の姿を求めて今年は何かが変わる、何かが起こる、そんな予感!・・・看護の力を秘めた看護師、4月、新規募集 »

やってみたいと思ったら、とことんやってみればいい。今しかできないことがあるはず。今だからできることがあるはず。

今日、片岡さんからシンポジウムの案内をいただきました。
私、とっても興味あります。その日は訪問があり、少し遅れますが、間でぜひ行きます!

私、この方は最期は病院だと思っていたんですね、最初に会った時にそう仰っていましたから。でもこの前、私に「最期まで家にいたい」って仰ったんですよ、何があってそう考えられるようになったのかな~って。私まとめてみたいんです。代表が仰るような研究には程遠いですけど、やってみたいんです。ずっと気になっていたことで、ぜひ深めたいと思ってたんですが、研究対象としては一件だし、現在の在宅の実態として訴えていけるような内容では無いと思っていたので、迷っていましたがやってみます! また、研究手法や進め方などについても相談させていただきたいので、代表、どうぞよろしくお願いします! もちろん気分転換もしっかりやりながら取り組みます!

ここは夕方サッと帰って、それも良いけれど・・病院だったら研修や委員会活動など色々ありますよね、ここは何もない。それで何かに特化するわけではないどんなケースも受けるというのは、もっと知識がないと駄目なんじゃないかと思いますよ。末期の在宅を支えるというのも難しいですよ。自分に何ができるかと思うんですよね。だから私、研修を担当します。

|

« 第7回メッセンジャーナース研鑽セミナーⅡ「受ける医療 認識のギャップはなぜ起こる? 」は、3月15・16日です。 | トップページ | システムのスタッフは、今。40代・20代が中心の新体制へ。各世代が入り混じってさらなる第一歩を。本物の在宅看護の姿を求めて今年は何かが変わる、何かが起こる、そんな予感!・・・看護の力を秘めた看護師、4月、新規募集 »

活動報告(システムのスタッフは、今)」カテゴリの記事