« コラム「医師として、武士として」  Vol.48 看護・介護:その2  安藤 武士 Andou takeshi | トップページ | 世代交代の兆しがみえる新生在宅看護システムが主体的医療をめざして動き出している。一人一人が秘めている力を出し合い、認め合い、一丸となって。看護コンサルタントとのコラボ事業も本格化し、今年は明らかに変わる! 9月からはママナースも一緒に! 明るく元気なナースをさらに募集!!  »

コラム「医師として、武士として」  Vol.49 看護・介護:その3  安藤 武士 Andou takeshi

Vol.49 2014.8.30  「看護」と「介護」:その3

国は、急性期医療制度の整備、超高齢化社会の到来など「健康ワールド」の変化に応えるにため各部門の専門職の養成を図っている。専門職はより高度な専門知識・技術の習得は無論のこと、「健康ワールド」の一般知識をも幅広く持ち合わせなければならない。

ここ数年の医師、保健師、看護師、介護福祉士の国家試験問題を下記に示した。設問が何の専門職の試験に出題されたのかお分かりになるでしょうか。

設問A:生理的欲求に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。

1、 経験や学習から獲得される欲求のことである。

2、 他者からの承認などの欲求である。

3、 ホメオスタシス(homeostasis)の働きによって抑制される。

4、 マズロー(Maslow, A.H.)の欲求階段層設では上位に位置する。

5、 社会的・情緒的満足との関係が深い。

設問BAさんは、午前0時ごろ覚醒し、ベッドサイドでため息をついている。

Aさんへの対応で最も適切なのはどれか。

1、 就寝時間を遅くするように言う。

2、 眠れなくとも横になっているよう話す。

3、 医師に確認し睡眠剤の服用を促す。

4、 ベッドを離れるように誘い。しばらく話をする。

設問C:在宅医療について正しいのはどれか。

 1、薬剤師は訪問服薬活動を行うことができる。

 2、家族は酸素吸入量を調整することができない。

3、介護者への精神的支援は在宅医療の対象でない。

4、プライバシー保護のため患者の生活に立ち入らない。

5、医師は訪問診療を行う事を都道府県へ届ける必要がある。

設問D:個人情報保護に関する法律で正しいものはどれか。

1、 死亡した個人も対象になる。

2、 本人からのデータの修正依頼には応じる要はない。

3、 診療報酬請求書(レセプト)の内容は個人情報に該当しない。

4、 災害障害見舞金についての被災者への助言。

専門職に必要な常識問題を示した。読者の皆様はお分かりになると思います。

|

« コラム「医師として、武士として」  Vol.48 看護・介護:その2  安藤 武士 Andou takeshi | トップページ | 世代交代の兆しがみえる新生在宅看護システムが主体的医療をめざして動き出している。一人一人が秘めている力を出し合い、認め合い、一丸となって。看護コンサルタントとのコラボ事業も本格化し、今年は明らかに変わる! 9月からはママナースも一緒に! 明るく元気なナースをさらに募集!!  »

コラム 安藤 武士」カテゴリの記事