« コラム「医師として、武士として」  Vol.71親 族:争いの遺伝子   安藤 武士 Andou takeshi | トップページ | コラム「医師として、武士として」  Vol.73クエーカー教 安藤 武士 Andou takeshi »

コラム「医師として、武士として」  Vol.72親 族:争いの遺伝子   安藤 武士 Andou takeshi

Vol.72 2015.8.29親 族:争いの遺伝子(3)

2万8千年ほど前、地球の孤児になった、我々、ホモ・サピエンスの歴史である。人類の歴史をおさらいしながら話を進める。 

500万年前、アフリカでゴリラ、チンパンジー、ピグミー、ボノポから別れ将来「ヒト」となる「猿人」が誕生した。その一部は、アフリカ大陸を南北に走る大地溝帯の西側の熱帯雨林帯に生息した。東側に残された「猿人」は、狩猟採集民として獲物を求めて草原を移動しながら狩猟・採集生活に有利な二足歩行を始め草原の暮らしに適応できる能力を身に着けた。初期人類は、生息に適した土地を求めてアフリカの北東部に移動した。更に、170万年前、「猿人」から進化した「原人」と言われるホモ・エレクトスや、20万年前出現した「旧人」ネアンデルタール人の一部は、北アフリカ、シナイ半島、南ヨーロッパ、西アジアに移動した。アフリカからの脱出したのである。 

アフリカの北東の片隅に残った我々の祖先集団は、5000人ほどの集団に減り他の集団と争いながら生息していた。最終氷河期にあたる5万年前、「新人」と言われる我々のご先祖様であるホモ・サピエンスの内、幼児を含めた150人がその生息地を抜け出し、シナイ半島を経由し、まず、東アジアを沿海ぞいに移動、次いで東南アジア諸島を経てオーストラリア大陸に渡った。アフリカからの二次脱出である。ホモ・サピエンスの生まれ故郷は、現在の所、アフリカの北東に位置する「エチオピア」が最有力候補である。 

更に、東に向かい氷河で埋め尽くされたベーリング海をわたり北アメリカ、南アメリカへと移動し全世界にホモ・サピエンスが拡散した。もともと、狩猟・採集人種であったが、各地で「定住人種」となった。180万~170万年前に東アフリカから脱出し、既に定着していた先住民のホモ・エレクトスと壮絶な戦いがあったことは容易に想像される。彼らは7万年前絶滅した。人類、最強と言われる兄弟・姉妹にあたる南欧のネアンデルター人と闘い28千年前、我々は勝ち残った。 

世界各地に進出したホモ・サピエンスは、各地で定住し新たな集団を作った。アフリカ、ヨーロッパ、東アジヤ、東南アジヤ、南北アメリカなどである。定住するにしたがい「家族」が社会集団の基本単位となった。その集団のなかに血縁関係、性、年齢を基に序列をつけ男性が政治的に支配するようになる。社会をまとめているのは血縁関係であり、身内だけに目をかけるようになる。定住により資源の奪い合いになる事は容易に想像がつく。生き残りをかけた「基本単位」の縄張り争いが一層激しくなった。 

猿人が、500万年前、2足歩行を始め狩猟・採取民になり、さらに「定住人種」となってから生き抜くために他の「人種」や「集団」と争い、今日の現世人類(ヒト)になったのであるから「力」による紛争の解決は「本能」になっていたのである。「争う遺伝子」が「ヒト」に刷り込まれたことになる。 

「遺伝子」は固定していない。「突然変異」、「自然選択」、「遺伝的浮遊」と言われる現象で常に変わる。「遺伝子」が変われば徐々にではあるが「ヒト」そのものも変わる。変化した「環境」に変化した「遺伝子」が適応したことを「進化」と定義されるので、「ヒト」の生き残りに絶対というものはない。「環境」と「遺伝子」のかね合いで生存できた「生物」が、現在の「ヒト」なのである。 

戦争による死亡者は、19世紀は1940万人、20世紀は1億8千万人と言われる。500万年前から、今日まで、「戦」で亡くなった人の数は分からないが、20世紀は決して少ない数ではない。 

北東アフリカから5万年まえに脱出した我々、ホモ・サピエンスは現代人の「遺伝子」を遡ると、Y遺伝子は唯一人の男性に、ミトコンドリアDNAは男女問わず一人の女性に集約されると言われている。現在、地球上には、5億1千Km2の世界に73億人が生息しているが、我々は「生物学的親族」なのである。「争う遺伝子」が、「平和の遺伝子」に代わるのは何時であろうか。(完) 

[参考資料]

1. ニコラス・ウェイド著 安田喜憲監修:5万年前:(株)イースト・プレスト、2008年

. 戦争の被害者 :http://matsusiti.tumblr.com/post/2149584056/ 

3.人類の進化:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E9%A1%9E%E3%81%AE%E9%80%

|

« コラム「医師として、武士として」  Vol.71親 族:争いの遺伝子   安藤 武士 Andou takeshi | トップページ | コラム「医師として、武士として」  Vol.73クエーカー教 安藤 武士 Andou takeshi »

コラム 安藤 武士」カテゴリの記事