« コラム「医師として、武士として」Vol.75 取りあえず人生  安藤 武士 Andou takeshi | トップページ | 在宅看護研究センターLLP/日本在宅看護システムは、これからも 「自分らしく生き抜く主体的医療」の視点での看護に取り組んでいきます.・・・さらに前へ。看護師の同志、随時募集! »

【システムのスタッフは、今】今年も様々な方々との出会いがあり別れもあり・・・その中でたくさんのことを学ばせて頂きました。

今年も残すところ後わずかになりました。
様々な方々との出会いがあり別れもありました。
今年は長年関わらせて頂いた方々との別れもありました。
まるで家族を亡くしたかのように、心にポッカリと大きな穴があいてしまいました。
その中で学ばせて頂いた事、忘れないようにして行きたいです。
 
そんなご家族から
「看護師さんは私のビタミン剤。来て下さって、話を『うん、うん』と聴いて下さる。
その事がどれだけありがたかったか。自分を分かってくれる人がいる、なんでも
話せる、本当に嬉しかったです。邪魔になるとは思いつつも一時間ずーっと付きっぱなしで
話すことで、また頑張ろう!という気持ちになれるのです。」と言われていました。
 
また、CMさんからも
「『医師と看護師の連携が上手く出来ていない。自分の状態も良くならないし・・・何とかして欲しい』
『看護師は医師の指示の元で動くんじゃないの?』
イライラ
しながらご本人から連絡を受けた。
その時に”あ―在宅さんだったらな・・・”と思ったのよ。また変化があったら連絡しますね。」
と、ありがたいです。
 
来年はさる年、木から落ちぬように気持ちを引き締めて行きたいです(O)。

|

« コラム「医師として、武士として」Vol.75 取りあえず人生  安藤 武士 Andou takeshi | トップページ | 在宅看護研究センターLLP/日本在宅看護システムは、これからも 「自分らしく生き抜く主体的医療」の視点での看護に取り組んでいきます.・・・さらに前へ。看護師の同志、随時募集! »

活動報告(システムのスタッフは、今)」カテゴリの記事