« 2017年1月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

在宅看護研究センターLLP/日本在宅看護システムは、 「自分らしく生き抜く主体的医療」を重視・・めざすは「看護と介護の連鎖・連動」、メッセンジャー力を出し合って新体制を模索 ステーションの管理者は最若手、新年度に向けて同志の看護師を募集

1986年3月24日、開業ナース集団の在宅看護研究センターは誕生しました。組織替えにより、その収益事業部門として1992年に設立したのが日本在宅看護システム在宅看護は今の時代に合わせて進化させなければいけません。看護の本質にこだわりつつ、本来あるべき看護、今の時代に看護師としてやるべきことを様々な形で追求・追究しています1999年には在宅看護研究センター付属訪問看護ステーション を設置。
 

・勉強会を開催するなかで、全スタッフが今求められている看護を提供し、1つの方向に向かって行動する。今の時代に即した新しい日本在宅看護システムの構築が進んでいます。 

【看護は実践なくして語れません。 看護は実践なくして評価されません】 私たちは、実践・教育・研究を軸に誕生した在宅看護研究センターの理念を基に活動しています。

            活動報告「システムのスタッフは、今」  Photo_5

 「ボスは、これからの看護師は自身で何が強みか、何ができるのか、どこで勝負できる看護師なのか言える看護師じゃないと淘汰されていくって言ってましたよ。2025年が来るからといって、ただ看護師というだけではクビになりますって言ってました!

すごいハッキリしたでした」(2017.1.22川口)

在宅看護研究センター設立31年目、めざすは、システム発足当時の看護と介護の連鎖・連動。メッセンジャーナースと共に歩む仲間、「私はこんなことで取り組みたい」という意志をお持ちのあなたをお待ちしています。

お問い合わせ:℡03-3362-3193(担当:片岡・奥山)

『メッセンジャーナース 看護の本質に迫る』 (看護の科学社)      注文は、看護コンサルタント 

*「看護実践の科学 9月号」(看護の科学社) [特集]メッセンジャーナースが伝える看護師の主体性

*中央公論9月号(8月10日発売) 特集:対談「父・永六輔は家族に囲まれて旅立ちました」

開業ナースのエッセンス 「暮らし」に伴走する看護のすすめ(心の科学:日本評論社)・Ⅱ.ともに創りあげる看護・・・加齢とともに輝いて生き抜くには、今、何が足りないかー実証研究への取り組み(奥山直美)

*婦人公論2015.1.22号「ルポルタージュ 時代を創る女たち 開業ナースは心を聴く」⇒「20150122.pdf」をダウンロード

日経新聞夕刊『人間発見』2012年4月16-20日掲載「開業ナース、患者を自宅へ」⇒     

ライフアシスト第82013巻頭インタビューいまを生きる「その時」は家で WEB

特集「今求められるコミュニケーションスキル」看護の科学社 9月号 VOL39 NO.10

医療心理学 第1章第4節ターミナルケアにおける心理学的支援(2013年3月 おうふう)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

コラム「医師として、武士として」 Vol.79 “呑んべい”の言い訳 安藤 武士 Andou takeshi

1941年、新潟県生まれ。1967年、新潟大学医学部卒業後、医師登録と同時に外科研修を開始。72年、呼吸器・心臓血管外科を専攻後、80年より、心臓血管外科部長として日本赤十字社医療センターに勤務。87年より職域病院部長、2001年より職域診療所所長、2010年より佐野市民病院健康管理センター所長、そして 現在は、医療法人社団東華会・介護老人保健施設たかつ施設長として活躍。労働衛生コンサルタント・スポーツドクター(日体協)・健康スポーツドクター(日医)・認定産業医(日医)の資格を持ち、これらの5つの顔を絶妙な味で使いわける医学博士である。身体の大きさと、豪快な笑い・笑顔には、その人柄と存在感をより強くアピールする何ものかが潜んでいる。やはり'武士'にして"武士"ここにあり。

Vol.79 2017.3.7 “呑んべい”の言い訳」

直木賞作家の故・山口 瞳氏が昭和48年より、大衆夕刊紙に連載した「酒呑みの自己弁護」という酒飲みの心理を熟知したショートエッセイがある。単行本として上梓されている。

山口 瞳氏は、自身の酒癖の悪さをあげているが、有楽町の「ニュートーキョー」というビアホールで万引きをしたことを告白している。そのビアホールから、ゴブレットやジョッキを盗んだのである。(中略)私の場合は、巧妙であり、悪辣であった。私はそれほどほしくてたまらかった。「ニュートーキョーのグラス類は、安定がよく、テーブルに置いたときに、ぐらぐらせずに、ぴったりと吸いつくようになっているのがいい感じだった。」という理由からである。万引きの方法も詳細に記している。さらに、「私の犯罪はスーパーマーケットで万引きするよりはいくらかマシだったと思う。」とも記している。まさに「酒飲みの自己弁護」である。

故・山口 瞳氏が通った「ビアガーデン」に40数年経た現在、小生も学生時代の仲間と、同じ「ビアホール」で定例懇親会を持っており、ビアホール名物の“カミカツ”を肴に瀬戸物ジョッキで飲む旨さは何とも言えない。しかし、小生はどんな酔っても瀬戸物ジョッキを無断で持ち出すという気は起らないが、家にあっても悪くないとは思っている。酒飲みは、なにかに付け“グダグダ”という言い訳をするが、それを代弁していただいているので非難はしない。

さて、山口 瞳氏の「酒呑みの自己弁護」を、小生は「“呑んべい”の言い訳」といったほうが“呑んべい”にはよりぴったり嵌ると思っている。小生が山口 瞳氏の言う「酒呑み」の範疇に入るかどうかわわからないが、そろそろ「やめよう」と思っている。ここ数ヶ月、何とか飲まずにいたが、ついに呑まざるをえない事態が起こり飲酒を再開した。

先日、友人と高速バスで遠出をした。帰路の終点は、JR東京駅日本橋口であった。高速バスを降り地下鉄利用のため北地下十通路に“旨い処”が並んでいる、所謂、「黒塀横丁」を歩いていたが二人と小生も用を足したくなった。トイレを探したが、見つからず焦った。うろうろ探し回っていると、トイレマークが目に入った。飛び込もうとすると有料トイレで、入るには100円硬貨かメダルが必要と表示されていた。小生は500円玉、友人は50円玉しか持ち合わせがなかったので焦った。恥を忍んで近くの居酒屋の前に立っていたレジ嬢に事情を説明し両替を頼んだ。店員さんは笑いながら、“これを使ってください”とメダルを差し出した。お金はいりませんといわれ、急を要していたので礼もそこそこに、メダルでドアーを開け飛び込んだ。

 快適な気分になりトイレに別れを告げ、メダル嬢に礼を言いに行った。言葉だけでは足りないと思い2人でジョッキを傾けることになった。紳士の礼儀を果たしたのである。現在、家人に「また始めたの~!」と言われても礼を言い続けている。これは“呑んべい”の言い訳“ではない。紳士なら当然のことをしていると思っている。逼迫した事態を救ってくれたレジ嬢に深く感謝をし続けているのである。(完)

|

【システムのスタッフは、今】大阪で、乳がん患者のコミュニティ・サポート団体「らふ」の交流会。当事者主体の会は、医療者が主催する会とまた雰囲気が違って、活気と温かさ・親しみやすさを強く感じ、これも素晴らしい会だと感じました。

先日は、大阪で「らふ」の交流会に参加しました。

当事者主体の会は、医療者が主催する会とまた雰囲気が違って、活気と温かさ・親しみやすさを強く感じ、これも素晴らしい会だと感じました。

「らふ」は乳がん患者のコミュニティ・サポート団体ですが、ご本人だけではなく、男性も参加していたことも印象的です。

遠方でなくとも近隣で催されるさまざまな勉強会や交流会に皆で参加し、共有出来たらなと思っております。

(川口)

|

« 2017年1月 | トップページ | 2017年4月 »