« 在宅看護研究センターLLP/日本在宅看護システムは、 「自分らしく生き抜く主体的医療」を重視・・めざすは「看護と介護の連鎖・連動」、合言葉は「自己対峙と団結」 全員メッセンジャーナースとして、各自“心とわざ”を磨き続けています | トップページ | コラム「医師として、武士として」 Vol.79 “呑んべい”の言い訳 安藤 武士 Andou takeshi »

【システムのスタッフは、今】大阪で、乳がん患者のコミュニティ・サポート団体「らふ」の交流会。当事者主体の会は、医療者が主催する会とまた雰囲気が違って、活気と温かさ・親しみやすさを強く感じ、これも素晴らしい会だと感じました。

先日は、大阪で「らふ」の交流会に参加しました。

当事者主体の会は、医療者が主催する会とまた雰囲気が違って、活気と温かさ・親しみやすさを強く感じ、これも素晴らしい会だと感じました。

「らふ」は乳がん患者のコミュニティ・サポート団体ですが、ご本人だけではなく、男性も参加していたことも印象的です。

遠方でなくとも近隣で催されるさまざまな勉強会や交流会に皆で参加し、共有出来たらなと思っております。

(川口)

|

« 在宅看護研究センターLLP/日本在宅看護システムは、 「自分らしく生き抜く主体的医療」を重視・・めざすは「看護と介護の連鎖・連動」、合言葉は「自己対峙と団結」 全員メッセンジャーナースとして、各自“心とわざ”を磨き続けています | トップページ | コラム「医師として、武士として」 Vol.79 “呑んべい”の言い訳 安藤 武士 Andou takeshi »

活動報告(システムのスタッフは、今)」カテゴリの記事