« コラム「医師として、武士として」 Vol.84 ねこの挨拶     安藤 武士 Andou takeshi | トップページ | 在宅看護研究センターLLP/日本在宅看護システムは、 「自分らしく生き抜く主体的医療」を重視・・「看護師としてやるべきことがある」、7月1日、メッセンジャー力を出し合って新体制を発足 ステーションの管理者は最若手、6月から非常勤の同志が常勤に・・・さらに、同志の看護師を募集 »

【システムのスタッフは、今…同志の連携で本来のシステムの看護が再び始まった】急遽の希望に応えて調整、東京から鹿児島へ

道中、息子さん、ご本人と地元の話で盛り上がりました。 

機内では痛みが出てしまいオキノームをのみお休みになられその間に到着できました。鹿児島の病院に着きご本人笑顔で顔色の悪さも改善してました。

機内のプレミアムシートも親切な方が席を交換してくださり隣同志に座れ、ほんと助かりました。 

あと、送り出した病院の相談室では同志の板垣さんと久しぶりに会い、変わらずの仕切りぶりに笑いそうになりました。

彼女らしいとつくづく感じた次第です。(おに)

|

« コラム「医師として、武士として」 Vol.84 ねこの挨拶     安藤 武士 Andou takeshi | トップページ | 在宅看護研究センターLLP/日本在宅看護システムは、 「自分らしく生き抜く主体的医療」を重視・・「看護師としてやるべきことがある」、7月1日、メッセンジャー力を出し合って新体制を発足 ステーションの管理者は最若手、6月から非常勤の同志が常勤に・・・さらに、同志の看護師を募集 »

活動報告(システムのスタッフは、今)」カテゴリの記事