« コラム「医師として、武士として」 Vol.81 「メタボ」から「フレイル」へ。      安藤 武士 Andou takeshi | トップページ | コラム「医師として、武士として」 Vol.83 “かわいそう”  安藤 武士 Andou takeshi »

コラム「医師として、武士として」 Vol.82 「メタボ」から「フレイル」へ。(2)      安藤 武士 Andou takeshi

Vol.82 2017.5.1 「メタボ」から「フレイル」へ。(2)

2015年の日本人の平均寿命は男性が80.75歳、女性は86.99歳と報告されている。1990年は、75.92歳、81.90歳であったので、四半世紀で平均寿命は5歳延びたのである。2016年の75歳以上の後期高齢者は、1、637万人、100歳以上のお年寄りは、65万692人と報告されているが、厚生労働省の試算では、2065年の65歳以上の高齢者は38.4%と達するとされている。近いうちに80歳、90歳台の超高齢者の健康確保・身体機能の向上対策が必須になるのではないか。今日の死亡原因の第2位、4位の動脈硬化性疾患は、生活習慣病対策が徹底されるにつれさらに罹患率が減少、寝たきり高齢者も減り、車椅子のいらない「高齢者」の健康向上対策が必要になる。

人は、おしなべて60歳ごろから程度の差があるものの、猫背、“べた足”歩行、膝も曲がり歩幅も狭くなる。立ち姿、歩く姿も“老人”と呼ばれるようになる。よろけたり、つまずいたり、こけたりすることが多くなる。身体機能の低下は、“お年頃の人”は頷くはずである。

折角、生活習慣病に患わずに済んだものも、人生の終末期に快適な生活が送れない状態になる。身体機能だけでなく認知機能、精神機能、心理的にも“老い“が来る。「年」をとった人を見て、ご自分でも身体機能に”老い“が来るのは当たり前と思っているのが現状である。TVでは、健康寿命を伸ばすため色々な健康食品が宣伝されている。すべて中年以上を対象にしている。

このような状態、高齢化に伴う身体運動・認知・精神・心理的な機能低下を「虚弱:Frailty」ということが、欧米では20年ほど前から提唱されている。本邦では、2014年5月、日本老年医学会は、その病態を「フレイル」と命名しその予防に取り組むことを呼びかけている。フレイルは、筋量低下・筋肉機能に着目した「サルコぺニア」、移動能力の低下に主眼とした「ロコモティブ(運動性)症候群」などを包括した病態を指している。身体運動機能・認知・精神・心理的問題の低下、虚弱:フレイルという。オーラル(口腔)フレイルも提唱されている。

「フレイル」の診断基準は、一般的にFriedの提唱した基準が採用されているが、詳細は略す。筋力低下、体重減少など身体的な側面だけではなく、精神的な活力も基準に入っている。このフレイル状態に対して適切に対処できれば要介護状態を低減できるようになる。詳しく診断基準を解説されているが、その基準を知る必要もない。高齢者、ご本人が「老い」を痛切に感じているとはずである。

小生のことである。中学から中年まで激しい運動をしてたので、強靭な身体機能を誇っていた。しかし、小生にも“老い”は確実に忍び寄ってきた。

50歳の半ば動態視力が低下、心臓外科医として第1線から身を引いた。追いかけるように社会保険庁より年金支給開始のための調査、定年になり病院を退職し、企業の診療所に勤務。歓迎会で「この度、定年で退職され縁あって・・・。」と紹介されたときは、「定年」という言葉にがっくりした。更にご存じの「ねんきん」騒ぎの渦中、「ねんきん特別便」がきた。肉体的にも精神的にも、“老人”にさせられた。

過日、さるパーティーでのスナップ写真をみた。小生らしい老人が写っていた。小生であった。愕然とした。まさに、老人の姿であった。以後、地下鉄の窓に映る姿を見てばかりいるようになった。

意を決して近くのトレーニングジムの門を叩いた。トレナーに、何を目的にしているのか尋ねられた。「立ち姿、歩き姿」を若々しくして欲しい旨伝えた。早速、トレーニングが始まった。週、1回、30分余の運動である。開始してから1年半経つが、確実に身体機能は向上している。1年余を経たころ、体脂肪率、筋組織量率の変化の検査を受けた。体脂肪率は4%減、筋組織量率は0.3%増とのことであった。筋組織量の微増で効果があったと判定された。姿勢、歩き姿も若々しくなり、フレイル状態の進行を食い止めることに成功したと思っている。トレナーに、いつまでやればいのかと愚問をぶつけた。「やめると、もとに戻ります。続けることです。」という返事が返ってきた。現在、ジム通いは、生活の一部になっている。

「ジム」では、小生が最高年齢とのことである、月謝が下がった。「客寄せパンダ」にしたいのではないかと勝手に思っている。(完)

|

« コラム「医師として、武士として」 Vol.81 「メタボ」から「フレイル」へ。      安藤 武士 Andou takeshi | トップページ | コラム「医師として、武士として」 Vol.83 “かわいそう”  安藤 武士 Andou takeshi »

コラム 安藤 武士」カテゴリの記事