« コラム「医師として、武士として」 Vol.83 “かわいそう”  安藤 武士 Andou takeshi | トップページ | 在宅看護研究センターLLP/日本在宅看護システムは、 「自分らしく生き抜く主体的医療」を重視・・「看護師としてやるべきことがある」、メッセンジャー力を出し合って新体制を整備 ステーションの管理者は最若手、同志の看護師を募集 »

コラム「医師として、武士として」 Vol.84 ねこの挨拶     安藤 武士 Andou takeshi

Vol.84 2017.5.5 ねこの挨拶

毎週、日曜日、夕飯を楽しみながらTVの“さざえさん”を見ている。1969年10月5日から続いているとのことで、日本一の長寿番組であろう。

いつ放映されたかわからないが、磯野家の庭に毎日遊びに来る野良ネコが、姿勢正しく両前脚をそろえ、きちっとした佇で、サザエさんに、“にゃーん”と一声なきしどこかに去った。それ以後、野良は姿を見せなくなった。数日後、さざえさんが、“どこにいったのかしら、”お別かれの挨拶“にきたのかしら”というという場面があった。

小生宅のことである。現在の住まいに居を構え四半世紀になる。小生宅前の6m幅の道に、10数匹の野良ネコがうろうろしていた。“野良ネコ通り”とも言われていた。

家人が世話をし始めた。朝夕、餌をやり、野良が餌を食べていう間、40メートルほどの間のトイレの始末、ご近所さんの玄関先を掃除するのが日課になった。数年も続くと、当初、冷やかだったご近所さんの家人に対する視線も変わった。ご近所さんと、挨拶だけでなく立話をするようになった。

野良は大抵、母親とその子と思われる一組で餌を食べに来る。当初は、スーパーで買ったお刺身のトレイなどを利用していたが、風で飛ばされるので瀬戸物になった。許されるかどうかは別にして、家人に手なずいたところで避妊手術を受けさせていた。自治体から補助が出るが、かなりの負担になったらしい。すべての野良に名をつけていた。マメ、クロ、ゾウキン、ゴン、タナ、チビ・・・、などである。ネコ仲間のご近所さんと、「クロが弱ってきた、食事もしないのでもうすぐお迎えが来るのではないか」など立ち話をすることが多くなった。数年前からは、玄関先に“ノラハウス”を置き弱ったノラを住まわせた。

2年前、クロがなくなりチビだけになった。冬になるとホカロンを1、2枚入れ、食事もルームサービスするようになった。エサは缶詰であったり、カリカリ(固形食品)であったり、贅沢させていた。チビは日中は、日向ぼっこ、夕は、エサを食べ終わると“ハウス”にもぐり込んだ。チビは冷たい水はのまず白湯だけを飲んだ。家人は、時間が来ると水差しとお湯の入ったポット、缶詰め、カリカリの食事セットを持って世話をした。

 今年の冬、チビは“ハウス“から出てくる回数も減り、食欲もなくなりそろそろお迎えが来るような状態になった。好天の時は、お向いさんの駐車場で日中を過ごし夕刻になる”ハウス“に戻る生活になった。白湯以外、なにも口にしない状態が3週間ほど続いた。“ハウス”でお漏らしをするようになった。紙おむつを敷き快適な環境にした。

 ある雨の降る早朝、玄関先で通行人の声がした。家人が出てみると、通行人の傘の下に、精一杯の力で姿勢をただし痩せこけた雨に濡れたチビがいた。家人は、すぐに食事セットを取りに行こうとしたら、チビは、“ニャー”と一鳴きし“ハウス”に戻った。通行人に礼を言った。

 日中、“ハウス”を覗くと息をしているチビがうずくまっていた。翌朝、チビは息を引き取った。

 小生も、“ハウス”を覗き死亡を確認した。玄関先の花を摘んでハウスに入れた。地元の保健所に連絡し遺体を引きとってもらった。ご近所さんも、亡骸の入った段ボールに花を入れ冥福を祈ってお別れをした。

 家人は、一日も欠かさず、朝夕、野良の世話を四半世紀続けた。その間、泊りがけ旅行は一度も出来なかった。小生との泊りがけの旅行は、無論、無かった。

家人は、一日、数時間の野良の世話がなくなったので、ホットしている。「でも、寂しいは。」と言っている。玄関先に、チビの写真付きの「訃報」の知らせと、お世話になった礼を記したチラシが掲示されている。享年18歳であった(ヒトでは88歳)。

 間もなく、小生の場合も世話がなくなってホットすることであろう。「でも、寂しいは。」という言葉が出てくるかどうかは、小生は確認できない。(完)

|

« コラム「医師として、武士として」 Vol.83 “かわいそう”  安藤 武士 Andou takeshi | トップページ | 在宅看護研究センターLLP/日本在宅看護システムは、 「自分らしく生き抜く主体的医療」を重視・・「看護師としてやるべきことがある」、メッセンジャー力を出し合って新体制を整備 ステーションの管理者は最若手、同志の看護師を募集 »

コラム 安藤 武士」カテゴリの記事