« 「ビデオのメッセンジャーになりたい」暮らしの映像社の鈴木浩社長の心が嬉しくて・・メッセンジャーナースたちの素敵な姿がDVDに。その裏話が少しずつ明らかに | トップページ | 在宅看護研究センターLLP/日本在宅看護システムは、 「自分らしく生き抜く主体的医療」を重視・・「看護師としてやるべきことがある」、7月1日、メッセンジャー力を出し合って新体制を発足 ステーションの管理者は最若手、6月から非常勤の同志が常勤に・・・さらに、同志の看護師を募集 »

コラム「医師として、武士として」 Vol.85 「冷やしそうめん」と「カレーライス」 安藤 武士 Andou takeshi

1941年、新潟県生まれ。1967年、新潟大学医学部卒業後、医師登録と同時に外科研修を開始。72年、呼吸器・心臓血管外科を専攻後、80年より、心臓血管外科部長として日本赤十字社医療センターに勤務。87年より職域病院部長、2001年より職域診療所所長、2010年より佐野市民病院健康管理センター所長、そして 現在は、医療法人社団東華会・介護老人保健施設たかつ施設長として活躍。労働衛生コンサルタント・スポーツドクター(日体協)・健康スポーツドクター(日医)・認定産業医(日医)の資格を持ち、これらの5つの顔を絶妙な味で使いわける医学博士である。身体の大きさと、豪快な笑い・笑顔には、その人柄と存在感をより強くアピールする何ものかが潜んでいる。やはり'武士'にして"武士"ここにあり。

Vol.85 2017.7.18 「冷やしそうめん」と「カレーライス」

小生の若いころ、特異な性格を有する友人が発した言葉と人生を紹介する。共に大学にいた頃の友人である。医師である友人は型にはまらない性格であるが、医療も研究も極めて真剣に取り組んでいた。当時、当たり前に行われている診療に対しても斜に構え評価し自分が納得した、また、自分が考えた医療を行っていた。しかし、所謂「リピーター医師」ではなかった。彼の母親は、シングルマザーで「クリニック」を経営し一人っ子の彼を育てた。彼は「育てられたのではなく、育った」という。幼少時から、何時も一人で行動していたようである。女医に対しては、「女医は女ではない」と厳しい見方をしていた。

その彼は、自由奔放な生活を送っている一方、寂しがり屋でもあった。少ない友と心を許しあうまでになると、急によそよそしくなる。いつぞや、「自由と孤独」、「幸福と束縛」が僕の人生観と小生に言った。幸福そうな家庭は、家族の誰かが潜在的に「自由」でありたいと思う気持ちを抑えているから成たっているという。かねがね、だから家庭を持つ積りはないと言っていた。以来、今日まで小生の頭の隅に彼が発した「フレーズ」は住みついている。その言葉は、両極端であるが説明しなくとも充分理解されると思う。彼は、何時も何かからも「自由」でありたいと思い生活を送っていた。

その彼から、30歳の半ば「結婚」したという知らせが届いた。あんなに、「自由」であることを、「誰からも束縛されない人生を送る」ことを望んでいたはずなのに、と驚いた。彼は二人の子供を持ち「幸福な家庭生活」を送っていたと聞く。その後、自宅から離れた片田舎に「クリニック」を開いた。彼は、「クリニック」に寝泊まりし週に1度、帰宅するというという家庭から離れた生活を続けた。

その特異の性格と医療に対する熱心さが地域住民から受け入れられ「赤ひげ先生」になった。彼が望んでいた自分の生活を取り戻したのである。彼の心の束縛から解放されたのである。しかし、自由になった交換に一人で生活する孤独な生活を送ることになった。30余年後、離婚したと風の便りで知った。

前置きが長くなった。彼の望んでいた「自由」を取り戻した人生を、若干、ためらいつつ人生の終末期に入った小生の感想を記す。「自由と孤独」、「幸福と束縛」。人生を両極端の言葉で括ると、人生は正に「ギャンブル」である。そうならない為には、「適当な自由」、「適当な幸福」を望むことが必要と思われる。それも、また難しい。

 そとは暑い。夕食は「冷やしそうめん」でもと思っていたが、「カレーライス」であった。“美味しかったよ。ご馳走さま”と言ってお風呂に入り床についた。あと何年、続くのかな。(完)

|

« 「ビデオのメッセンジャーになりたい」暮らしの映像社の鈴木浩社長の心が嬉しくて・・メッセンジャーナースたちの素敵な姿がDVDに。その裏話が少しずつ明らかに | トップページ | 在宅看護研究センターLLP/日本在宅看護システムは、 「自分らしく生き抜く主体的医療」を重視・・「看護師としてやるべきことがある」、7月1日、メッセンジャー力を出し合って新体制を発足 ステーションの管理者は最若手、6月から非常勤の同志が常勤に・・・さらに、同志の看護師を募集 »

コラム 安藤 武士」カテゴリの記事