« コラム「医師として、武士として」 Vol.86 「“呑んべい”の言い訳」(2)     安藤 武士 Andou takeshi | トップページ | 在宅看護研究センターLLP/日本在宅看護システムは、 「自分らしく生き抜く」を重視・・全員メッセンジャーナース、多形態の看護・相談体系、看護力向上支援を検討・推進中 11月25日市民講座「私の看取りのシーンを考える」中野サンプラザ、常時、同志の看護師募集 »

コラム「医師として、武士として」  Vol.87 「紳士」     安藤 武士 Andou takeshi

Vol.87 2017.9.24 「紳士」 

「紳士」でありたいと思う男性は小生だけではないと思う。「紳士」でありたいと思っているからには、現在、自身は今だ「紳士」非ざると思っていることになる。

日本語の「紳士」は「縉紳の士」に由来するという。「縉紳」は、束帯を挿んだ高い官位を有する人物をさしており、江戸時代から用いられているという。

英語では”gentleman”と訳されていることはご存知と思う。明治の初期に英国で学んだ夏目漱石らが、英国で“gentleman”と呼ばれている人の立ち振る舞いが、江戸時代から用いられている「縉紳の士」にあたるとしたーと、ネット辞書に記されている。「縉紳」が「紳士」と記されることになった由来はわからなかった。

日常会話においては、礼儀マナーに長けているものを表現する際に紳士的と言うことがある。また、マナーに厳しく、教養があり経済的にも裕福な年配の男性というイメージを持たれることが多いと記されている。

小生はそれに憧れを持っていた。過去形であるからには、努力しても無理である条件があることによる。「紳士」になろうとしている努力の一端を記す。ドアが閉まりかけているエレベターに乗るため小走りし、エレベターに飛び込まない。チョット急げば入り込めたかもしれないが、入りこめなかったことを想定し閉まりかけているドアの前で悠然としている。歩道でも同じである。交差点で青信号が赤信号に代わるとき青信号が点滅するが、走れば間に合うのにあえて走らず「紳士」然とし次の青信号まで数分待つ。心の内では無念と思っていることが多いが、これが、「紳士」の基本の姿であるとし納得させている。電車、地下鉄もそうである。“きょろきょろ”と空席探しをしない。

過日、学会で名古屋詣でをした。何時も目的地に行く時は、座席指定券を購入し計画どおり目的地に着くようにしている。帰りは利用する新幹線の時間で行動を縛られないよう自由席券を購入しておく。過日の学会でも同じようにした。久しぶりに会う友人と学会終了後、時間の許す限り会食しながしら時間を過ごした。積る話をしているうちに、21時過ぎになったのでお開きとした。名古屋駅のホームに着くと、上りの「のぞみ」の発車ベルが鳴っていた。走れば間に合うが、「紳士」の条件に合わせ悠然と「のぞみ」を見送った。さて、次の新幹線は何時だろうと思い時刻表をみると、22時14分、「こだま」、静岡駅行となっている。見送った「のぞみ」が、上りの終電であった。

今更、じたばたしても仕方がないと思い「ホテル」を探した。土曜日とあって名古屋駅周辺の「ビジネスホテル」はどこも満室。「超高級ホテル」に泊まる羽目になった。

僅かな差で無駄な出費をしたことになるが、「紳士然」としたことに満足している。(完)

 

|

« コラム「医師として、武士として」 Vol.86 「“呑んべい”の言い訳」(2)     安藤 武士 Andou takeshi | トップページ | 在宅看護研究センターLLP/日本在宅看護システムは、 「自分らしく生き抜く」を重視・・全員メッセンジャーナース、多形態の看護・相談体系、看護力向上支援を検討・推進中 11月25日市民講座「私の看取りのシーンを考える」中野サンプラザ、常時、同志の看護師募集 »

コラム 安藤 武士」カテゴリの記事