« コラム「医師として、武士として」  Vol.89 「デジタル」と「アナログ」(その2)     安藤 武士 Andou takeshi | トップページ | 在宅看護研究センターLLP/日本在宅看護システムは、 「自分らしく生き抜く」を重視・・全員メッセンジャーナース、多形態の看護・相談体系、看護力向上支援を検討・推進中  同志の看護師募集 »

連載コラム「医師として、武士として」  Vol.90 「デジタル」と「アナログ」(その3)     安藤 武士 Andou takeshi

Vol.90 2017.11.6 「デジタル」と「アナログ」(その3)

 「ヒト」は 「アナログ:連続的」で生きている。わかりやすく言えば、生きている限り「生物」としての連続性がある。しかし、実生活ではなんらかの「括り」で生活を送っている。最も身近なことで分かり易いのは「男女」の「括り」である。「ヒト」は、「デジタル:離散的」で実生活を送っている。

四半世紀ほど前のことである。ある土曜日の午後、久しぶりに明るいうちに帰宅した。小生宅の玄関先が、野良ネコのエサの食い散らかしで汚れていた。帰るなり、居間にいた家人にその旨を告げた。そこにいた娘が、「気が付いたなら自分で掃除すれば!」と冷たく言った。家人は、目をつぶりだんまりしていた。何か異様な雰囲気であったので、玄関先を掃除し、小生は自室に引き込んだ。

それまで、何十年とあらゆることを家人が行っていた。脱いだ洋服、下着のかたづけ、郵送、銀行の支払い、種々の手続き、掃除、ゴミ捨てなどなど、小生ができることも家人が行っていた。それまでは、何の疑問を持たずにいた。「亭主関白」の生活を送っていた訳である。あなた「作る人」、わたし「食べる人」である。

真剣に考えた。まず、家人は専業主婦である。家庭という小さな社会でも、「役割り分担」がある。小生の仕事上、そうした生活しかない。決して「亭主関白」ではない。男女には、役割があるはずである。小生は「食べる人」なのであると。

畏まって言えば、「ジエンダー論」になる。実生活では、「生物学的に男女にふさわしいと思われる思考・行動・表象の違いからくる役割がある」という考えである。男性にとっては「男らしさ」であり、女性にとっては「女らしさ」である。現在の「性」は、社会的、文化的に作られた「性」であり、生物本来の「性」ではないと言われているが、いつかは小生の言い分が通る「理論」を見つけようと、日々、思いを巡らしていた。

先に述べた2004年開催の第一回ジェンダー法学会会場には、法曹界で活躍していると思われる黒いスーツ姿の30代の女性が席を占めていた。男性は、小生を含め5,6人であった。

設立主旨が披露された。詳細は忘れたが、「法律」は男性が作り、「法曹」に携わるための教育も男性が行っている。「憲法」では男女平等となっているが、法曹界では男性が支配している。これを糺そう言う学会であった。社会的に最も「男女平等」はずの法曹界での実情を知りどこの世界も同じようことがあるのであることを知った。

性差医療・医学研究会 第一回学術総会(現在は学会)での小生にとって驚きの講演、貴邑富久子博士の『脳の性、セックスとジェンダー』によると、体系はデジタル的に「男性」「女性」に括られるが、体内機能の「性」は「男性」から「女性」まで連続的に変化するという。従って、生物学的には明解に「男女」とは括れない。しかし、社会では「ヒト」をまず体型で「男女」と括る。従って、社会的男女は、作られた「性」ということが明確に理解できた。

 約25年前の出来事以来色々なことを学んだ。生物学的に「性」は明確に2分できない。実生活の男女の役割は社会の約束ごとである。他の生物でも同様かもしれないが、「ヒト」は「男女」という言葉で一括りできない「生き物」であることを理解した。「ヒト」は、「ヒト」の括りで良い、男女の固定した役割はないと思うようになった。

 小生の完敗である。しかし、現在、玄関の掃除は免除されている。(完)

|

« コラム「医師として、武士として」  Vol.89 「デジタル」と「アナログ」(その2)     安藤 武士 Andou takeshi | トップページ | 在宅看護研究センターLLP/日本在宅看護システムは、 「自分らしく生き抜く」を重視・・全員メッセンジャーナース、多形態の看護・相談体系、看護力向上支援を検討・推進中  同志の看護師募集 »

コラム 安藤 武士」カテゴリの記事