« コラム「医師として、武士として」  Vol.93 「スタパ」    安藤 武士 Andou takeshi | トップページ | 在宅看護研究センターLLP/日本在宅看護システムは、 「自分らしく生き抜く」を重視・・メッセンジャー力を発揮。看護の本質にこだわり、突発的に必要となる付添型看護も一丸となって実施。看護の実践力の価値を追求し続けています.  常勤・非常勤、同志の看護師募集 »

コラム「医師として、武士として」  Vol.94 「長時間労働」    安藤 武士 Andou takeshi

Vol.94 2018.2.17 長時間労働

今日も「スタバ」で、開店から抹茶フラペチーノを楽しんで「コラム」を書いている。題は決まっていなかったが、最近、新聞記事の一面に「医師の長時間労働」が話題になっていることもあり、「医師と労働」、「医師と労働時間」について、過去を振り返り、現在の思うところをコラムに寄せた。

1998年、関西の大学病院の研修医が自死するという悲しい事件があった。その前の月の残業が114時間であったことが判明し過労死と判定されたことに触れたコラム(Vol.37:2009年7月31日)を、掲載していただいた事を思いだす。

 医師自身は、長時間勤務は当然のことであり、長時間「労働」をしているとは思っていなかった。自身が携わっている仕事を「労働」と思っていなかったからである。長時間、患者に尽くすことは当たりまえでそれを誇りに思い、それを心の支えにしていた。それが、研修医の不幸な事件を契機に、医師は労働者と明確に定義され、医師の労働時間も労働規準法に従わなければないとされた。それでも医師は、労働問題は社会的問題であり、医師の仕事の実質は、担当の患者さんが快癒するまで、全責任をもって尽くすことが医師の任務であり、「医療」は「労働行為」ではなく、社会的規範から外れて存在するものと思っていた医師は多いはずである。

労働時間を管理するには、労働時間を把握しなければならない。小生が出退勤表に打刻するようになったのは臨床医をやめる数年前であるが、打刻するようになってから明らかに「心」に変化が起きた。当初は、労働者として労働時間を病院が管理するためやもうえないと考え夕刻になると出退勤カードに打刻していたが、日が経つにつれ打刻をした後の患者さんに対する思い、責任が薄れ始めてきた。極端にいえば、後は当直医の責任、病院の医療体制の問題と考えるようになってきたのに気が付いた。

現在も、大学病院でも、病院でも、所謂、長時間労働をしている最中、タイムカードに打刻をし、また医療活動に戻るという事があると聞いている。法的には、打刻をした後の業務は「サービス残業」ということになる。仮に事件性を帯びたことが起こると、「サービス残業」を病院が強いたと報じられる。病院の労務管理体制が問われる。

 医師にとって、自身が労働者としての職務と同じであり、社会的ルールに従はなければならないと思っていない医師は少なからずいると思っている。現況を変えるためには、医師の交代勤務など、本邦の病院の医療体制を抜本的に変えなければならないと思っている。しかし、変えた場合、果たして医師の「心」をどのように担保するかが大きな課題になると思っている。

過年、小生がある教職員組合の会合で労働衛生の講話をする機会があった。講話が終わって、管理者である司会者が会場の教職員に「なにか質問ある先生は?」と言ったら、すぐに、それなりに責任のあると思われる先生が、「過重労働が問題になっているが、職場にタイムカードを導入することについて意見は?。」という発言があった。

小生は、「当然、労務管理には労働時間を把握する一手段として、タイムカード制度は必要と思う。」と回答した。発言者は、司会者に「そらみろ。」という雰囲気で着席した。会場の先生もがやがやし始めた。

引き続き、過重労働対策として当然であるが、学校の「先生」は「聖職」と言われているように何時も何処にいても、担当の生徒のことを考えておられると思う。タイムカードを導入し労働時間を管理することは労務管理するうえでは当然であるが、導入により聖職者である先生方の「心も時間と共に変わる。」と、医師として経験したことを話したら会場は静まり返った。

このコラムは、医師、教職者の労務管理を抑制するために記したものではないとはご理解いただけると思う。

先日も若き研修医が、自分で命を絶った。医師は技術職に入るが、交代勤務を導入するようになるのではないかと思っている。今後、更に「医療の質」も変わると思う。どのようになるかは分からないが、少なくとも小生が医師になった時の「心」とは違う医師が誕生すると思っている。

人生の終末期に入ると、「くどくど」と自身の経験を述べることは人の習いと聞いている。我慢をして、目を通していただき感謝しております。(完)

|

« コラム「医師として、武士として」  Vol.93 「スタパ」    安藤 武士 Andou takeshi | トップページ | 在宅看護研究センターLLP/日本在宅看護システムは、 「自分らしく生き抜く」を重視・・メッセンジャー力を発揮。看護の本質にこだわり、突発的に必要となる付添型看護も一丸となって実施。看護の実践力の価値を追求し続けています.  常勤・非常勤、同志の看護師募集 »

コラム 安藤 武士」カテゴリの記事