« コラム「医師として、武士として」  Vol.95 「命のトリアージ」    安藤 武士 Andou takeshi | トップページ | 在宅看護研究センターLLP/日本在宅看護システムは、 「自分らしく生き抜く」を重視・・メッセンジャー力を発揮。看護の本質にこだわり、突発的に必要となる付添型看護も一丸となって実施。看護の実践力の価値を追求し続けています.  常勤・非常勤、同志の看護師募集 »

医療処置が中心と、医療保険での訪問を勧めたものの、希望は、退院後の体制は決めずに一緒に組み立てていくこと。時には長時間付き添い滞在・外出付き添い、時には実家への帰郷も。有料ならでは・・同志募集

有料のケースの訪問も始まります。実は、このような形での有料の訪問、私は初めてです。

医療処置だけであるならば、医療保険での訪問をすすめようと思いましたが、安心できる体制を確実に保証しつつ、退院後の体制は決めずにご本人と一緒に組み立てていく。

まさに有料訪問のダイナミックさかなーと思ってます

必要あらば、長時間付き添い滞在にしたり外出付き添いしたり、実家への帰郷も考えたり。それは、まさに有料ならではかなと。来週から件数も多く、スケジュールの動きが大きくなってきます。まだ、有料の方の訪問に入れる方募集しております、どうぞよろしくお願い致します(^^)/ かわぐち

|

« コラム「医師として、武士として」  Vol.95 「命のトリアージ」    安藤 武士 Andou takeshi | トップページ | 在宅看護研究センターLLP/日本在宅看護システムは、 「自分らしく生き抜く」を重視・・メッセンジャー力を発揮。看護の本質にこだわり、突発的に必要となる付添型看護も一丸となって実施。看護の実践力の価値を追求し続けています.  常勤・非常勤、同志の看護師募集 »

活動報告(システムのスタッフは、今)」カテゴリの記事