« 2019年1月 | トップページ

2019年2月

コラム「医師として、武士として」  Vol.108 「お風呂」    安藤 武士 Andou takeshi

Vol.108 2019. 2.9  お風呂

一般大衆新聞の一面に「コラム」が必ずある。朝日新聞は「天声人語」、毎日新聞は「余禄」、産経新聞は「産経抄」、読売新聞は「編集手帳」が代表的である、他の新聞にもある。

 小生は、朝日新聞の「天声人語」に朝食の時に目を通す。それから一日が始まる。休日は、家の近くに新聞販売店があり「毎日」、「産経」が手に入るので両紙にも目を通す。無論、「コラム」を楽しむ為である。各紙には特徴がある。詳細は省く。

 「天声人語」は、1960年ごろ、菊池鑑賞受賞の荒垣秀雄氏の「コラム」が、超有名大学の入試問題に出題されてから、高校生の必読の「コラム」となった。「天声人語」は、明治37年1月5日、大阪朝日新聞に掲載されてから今日まで続いている。歴史がある。その執筆者も当代一流の人物で、西村典天因、内藤湖南、鳥居素川、長谷川如是閑、大山郁夫、永井釈瓢斎が担当した。その記事のコピーを、過年、知人より頂いた。第1回の「コラム」は、日露戦争前であったため、きわめて好戦的な文章である。

 本題にはいる。1月30日の「天声人語」で、親と子の関係を記した内容のものである。

一部を紹介する。▼「親子で話そう」をテーマに文部科学省が募った3行詩から始まっている。中学2年生の詩である。<風呂の時、僕と父は友達になる。怒られた時、上司と部下になる。ご飯のとき、僕と父は家族になる>。小学1年生の詩。<おふろだと、いっぱいはなせる はだかんぼなきのち>▼幼いときは、おもちゃを浮かべて遊ぶところ。少し大きくなると、いろいろと話ができる空間にもなる。それがお風呂。決して親からせっかんされたり・・・・・・、と続き、現在報道されている痛ましい事件について語っている。

 事件は極めて悲しむべきものであるが、冒頭の文章が、小生の子供たちを入浴させている風景を思いださせた。記憶に残っているのは、家の近くに海があり、プールもあったので季節になると海で泳ぎ,遊び、プールでは競泳を学ばせた。スタートはお風呂で水に慣れさせることから始めた。

子供は顔を水につけるのを嫌がるし怖がる。それを慣れさせるとこから始めた。湯船の底におもちゃを沈めて、2人の子供たちにそれを拾い上げる競争をさせた。拾いあげるには、潜らなければならいので水に対する恐怖がなくなった。プールで本格的に泳げるようになった。お風呂に入ると、”ひねると、ジャー”、”おすとあんでる、食うとうまい”と、なぞなぞを楽しんみながら、宝さがしをさせた(回答は水道と饅頭)。このことが現在、どのよう子供の人生に影響しているか知る由もない。「天声人語」を目にし、その光景を思い出し懐かしんでいる。

無論、「コラム」に掲載されている事件はやるせない気持ちでいるが。

 小生の知人に、娘さんが高校生になっても一緒にお風呂に入っているという父親がいた。娘さんたちは嫌がらない?、どおしてと質問したら、娘はいずれ結婚して家をでる。実家のことを忘れないように肌で教育しているとの返事が返ってきた。先日、久しぶりに、その知人にお会いした。お嬢さんたちはどうていると尋ねたら、”矢張りうちが良い”と二人とも帰ってきた。孫の世話で一日が終える。忙しい毎日を送っているとのことであった。

 どんな家庭でも、家庭生活の初めは雑駁にいえば同じ風景である。20年、30年もたつと家族の誰もが予想だにしなかった状況になる。人生は、予想もしなかったことが起こるから、面白のである。

 人生の終末期を迎え、いろいろなことを思い出している。(完)

|

「看護と介護は一直線上にあり、連動・連鎖する」。1993年以来続いている新春シンポジウム、今年のテーマは「私の死生観」、スタッフ一同で身近な体験から語り合いました。34歳の管理者が率いる在宅看護チーム、常勤・非常勤の同志を募集 

Photo_7 1986年3月24日、開業ナース集団の在宅看護研究センターは誕生しました。組織替えにより、その収益事業部門として1992年に設立したのが日本在宅看護システム在宅看護は今の時代に合わせて進化させなければいけません。看護の本質にこだわりつつ、本来あるべき看護、今の時代に看護師としてやるべきことを様々な形で追求・追究しています1999年には在宅看護研究センター付属訪問看護ステーション を設置。
 

・勉強会を開催するなかで、全スタッフが今求められている看護を提供し、1つの方向に向かって行動する。今の時代に即した新しい日本在宅看護システムの構築が進んでいます。 

【看護は実践なくして語れません。 看護は実践なくして評価されません】 私たちは、実践・教育・研究を軸に誕生した在宅看護研究センターの理念を基に活動しています。

            活動報告「システムのスタッフは、今」

今年のテーマは、「私の死生観~自分が大切にしていること、個としての価値観、尊重して欲しいこと等に目を向けて~」 190202_144753_2

 『死』とは決して特別なものではなく、生あるものは必ずおとずれるもの。死に方は生き様と言われるようにどの様に生き、どの様に果てていくか、自分はどうしたいか、どうなりたいか…。十人十色と言われるほど様々な思いがあるかと思います。その思いを肯定してくれる人、その背中を押してくれる人、人として看護として何ができるのでしょうか…。スタッフ皆が普段感じていること、思いを語り合いました。

在宅看護研究センター設立34年目、めざすは、システム発足当時の看護と介護の連鎖・連動。メッセンジャーナースと共に歩む仲間、「私はこんなことで取り組みたい」という意志をお持ちのあなたをお待ちしています。常勤・非常勤、どちらでも。

お問い合わせ:℡03-3362-3193(担当:片岡・川口)

村松静子・50年間の看護道、集大成の1冊

『「自主逝」のすすめ ―あなたの最期はあなたが決める』(海竜社) 購入予約できます。  詳細は☞ こちら

*「家族を家で看取る本」 村松静子・監修(主婦の友社)

『メッセンジャーナース 看護の本質に迫る』 (看護の科学社)      注文は、看護コンサルタント 

*「看護実践の科学 9月号」(看護の科学社) [特集]メッセンジャーナースが伝える看護師の主体性

*中央公論9月号(8月10日発売) 特集:対談「父・永六輔は家族に囲まれて旅立ちました」

開業ナースのエッセンス 「暮らし」に伴走する看護のすすめ(心の科学:日本評論社)・Ⅱ.ともに創りあげる看護・・・加齢とともに輝いて生き抜くには、今、何が足りないかー実証研究への取り組み(奥山直美)

*婦人公論2015.1.22号「ルポルタージュ 時代を創る女たち 開業ナースは心を聴く」⇒「20150122.pdf」をダウンロード

日経新聞夕刊『人間発見』2012年4月16-20日掲載「開業ナース、患者を自宅へ」⇒     

ライフアシスト第82013巻頭インタビューいまを生きる「その時」は家で WEB

特集「今求められるコミュニケーションスキル」看護の科学社 9月号 VOL39 NO.10

医療心理学 第1章第4節ターミナルケアにおける心理学的支援(2013年3月 おうふう)

| | コメント (13) | トラックバック (0)

コラム「医師として、武士として」  Vol.107「か ぜ」    安藤 武士 Andou takeshi

Vol.107 2019. 2.1   

 日本人は、年に5、6回は「かぜ」に罹ると言われている。患者さんが、「”かぜ”です。薬をください。」と受診に来た場合、医師は「そうですね。どんな症状ですか?」ときいて、薬をだす場合が多い。今では少なくなったというが、「抗生物質」が処方しないとないと“ダメ医者”と言われる事がある。医学的には、細菌感染が無い場合は耐性菌を作らないため抗生物質(抗菌剤)は処方しない事になっているが、そこは医療も商売の要素を含んでいるため患者さんの要望に応え抗生物質を処方する。「むやみに抗生物質を処方すると、耐性菌ができるので・・・・。」というクリニックは評判が落ちる。「保険医療」の為、患者もクリニックも少々の費用は気にならない。大抵の場合、数日で治る。

本題から外れる。インフルエンザは、以前は「かぜ症候群」に含まれていたが、今は違う。2000年、死亡率が70%に達する東南アジヤで流行した「高病原性A型鳥インフルエンザ(H5N1)」が、「新型インフルエンザ」と命名され、危機管理の観点から世界を騒がせ伝染性疾患のスターになった。幸い今では、この「鳥インフルエンザ」は現在まで「ヒト-ヒト」感染が無いため、今日では話題になることはない。一時は、「危機管理対策」が国家レベルでとられ、「新型インフルエンザ」とIT検索すると危機管理指導を生業とする会社名が、三桁の数字で表示されていたのを記憶している。

2009年春から2010年3月にかけて、メキシコ発のインエンザが世界的に流行した。先に示した「A型鳥インフルエンザ(H5H1)」かーと騒がれたが、結局、「A型豚インフルエンザ(H1N1)」と判明し、「ホット」したことを覚えておられる方も多いと思う。現在では、メキシコ発のインフルエンザは季節性インフルエンザとされている。

日本では「豚インフルエンザ」と判明するまで大騒ぎをした。南米からの乗客は、成田空港に入国する際、厳しいケックを受け有熱者は成田空港近くのホテルに隔離された。過剰な対策と誹られたが、結果として我々の流行性疾患に対する予防意識が飛躍的に高まり、それと同時に「インフルエンザ」という病気の「格」があがった。

2009年春のメキシコ発「豚インフルエンザ」流行の際、日本では1400万人が罹患したと言われているが、通常の罹患者数は、年間、約1000万人と言われている。 

本題に戻る。「かぜ」である。以前はインフルエンザも「かぜ」の仲間であったが、現在は「格上げ」され、「かぜ」は「かぜ」として残された。「かぜ」は、我々に最も身近な疾患であるにも関わらず、医学的にも本格的に取り扱われていない。

今日まで、「かぜ」或いは「かぜ症候群」につて「講義」を受けたことはない。また、高質な「成書」にもなかった。先日、書店で「『風邪』の診かた」という医学書を手にし、斜め読みをしたところ、感心する内容であったので求めた。やはり、「かぜ」について学生時代から体系的に

”だーれも”教えてくれていないと筆者は書いている。”だーれも”というのは筆者1)の言葉である。筆者の「かぜ」の定義は、「自然寛解する”ウイルス性感染症”で、多くは咳、鼻汁、咽頭痛といった症状を呈するウイルス性上気道感染」としている。

筆者は、病原性微生物を明確に「ウイルス」としており、「細菌」による感染症を除いている。「かぜ」の診療で最も重要なことは、「細菌感染vsウイルス感染」の違いを明確にすることであるという。「ウイルス感染」は多臓器に及び、「細菌感染」は原則として単一臓器に一種類の細菌感染としている。細菌感染は「抗生物質(抗菌剤)」を必要とするので治療の違いが明確になる。

咳、鼻汁、咽頭痛(嚥下痛)の3つの症状がそろった場合、「かぜ」と診断するーとしているが、①3つの症状が同等、②咳、③鼻汁、④咽頭痛が主体の場合など、「かぜ」を症状により4分類している。

②咳のみの場合は「上気道感染症」、②鼻汁のみの場合は「鼻・副鼻腔炎」、③咽頭痛(嚥下痛)のみ場合は「咽・喉頭炎」と診断し、それぞれの治療をすべきであるという。「かぜ”」とは診断しない。

筆者が強調していることは、それぞれの症状のみの場合、背景に重篤な疾患が潜んでいる場合が多いということである。例えば、「咳」のみの場合、1)気管支炎後咳症候群、2)後鼻漏、3)結核、4)咳喘息、5)GERD(逆流性食道炎),6)百日咳、7)ACE阻害剤、8)肺がんなどの疾患を考えなくてはならないという。

3症状がそろった場合、「かぜ」と診断し対症療法のみで問題はないことを強調している。

”かぜ”の民間療法には、ネギ、ショウガ湯、ニラ、葛湯、卵酒、・・・・など色々な療法がある。卵酒は有名であるが、アルコールは実際には病状を悪化させるようであり、推奨はされないようであるが、小生は”ぞく”とすると、アルコール消毒を十分してお風呂に入り床に就くようにしている。何事も、個人差があるので心配はしていない。「家庭の医学」を終える。(完)

 

1)岸田直樹:誰も教えてくらなかった「風邪」の診かた、医学書院、2012.

|

« 2019年1月 | トップページ